【レビュー】Astrum寝かしつけプロジェクターを買って後悔した?寝かしつけは実際にラクになる?悪い口コミをリアルに検証

Astrumプロジェクターについて

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

子供の寝かしつけグッズの中で、今もっとも話題となっているAstrum(アストラム)をレビューします。

寝かしつけ+知育効果の一石二鳥とあってSNSなどでも人気沸騰中です。

とはいえ、「SNSで人気がある」が必ずしも良いわけではありません。

買った後に後悔しないためにも実際に使ってる人の生の声を知っておくことはとても重要になります。

そこで、この記事ではastrumのおやすみプロジェクターを実際に使って寝かしつけをしている僕が、

  • Astrumの寝かしつけプロジェクターってどんなの?
  • リアルな口コミや、実際のデメリットが気になる
  • できるだけ安く買える方法を知りたい!

など、Astrumおやすみプロジェクターを購入しようとして慎重になっているあなたの疑問に答えます。

「子供がなかなか寝室に行ってくれない」「ベッドに入っても寝てくれない」とお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

今まで1〜2時間もかかってた寝かしつけから解放され、快適な生活が送れるようになりますよ!

MEMO

こちらはメーカー様より商品をご提供いただき作成しています(忖度せず正直に使った感想をレビューしています)

Astrum寝かしつけプロジェクターってどんなもの?

Astrum寝かしつけプロジェクターは、天井や壁に子供が喜ぶ電車や動物の映像を投影、さらにはゆっくりとした音楽とナレーションで、子どもの入眠をサポートする専用プロジェクターです。

kipkipおやすみプロジェクターの特徴
  • 子供が喜ぶ映像を天井に映し出すプロジェクター
  • 眩しくない光なので寝る前でも安心
  • ゆったりしたナレーションや音楽が流れ子供を入眠に導く
  • 映像には知育要素(英単語・数の数え方・動物の名前など)があり、ぼんやりと見るだけで自然と覚えるようになる
  • 普通のプロジェクターとしてYoutubeやアマプラ、ネットフリックスも鑑賞できる
  • 最大120インチ対応
  • 天井でも壁でも投影でき、台形補正もあり
イルカ
イルカ

2024年にRISU JAPANから発売されました!

発売元のRISU Japanとは?怪しい会社?

RISU Japanとは?

RISU Japanでは、「才能あふれる世界をつくる」理念を元に、技術と教育による新しいサービスを提供する会社です。

一人一人の学習レベルを分析して個別フォロしてくれるタブレット学習「RISU算数」や、姿勢が悪いと芯がが引っ込むことによる姿勢改善を促す「AI姿勢改善ペン」などがとても有名です

Astraum寝かしつけおやすみプロジェクターの主な仕様

セット内容
  • プロジェクター本体
  • リモコン
  • 電源ケーブル
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • USBメモリー

リモコンに使用する電池:単4×2個な別売り

本体はこんな感じです

本体は薄いクリーム色でとってもオシャレ!

台座も安価な中華製と違って安定しており、しっかり安全にも考慮されています。

付属のリモコンは、静かな操作音になっていたり、暗闇でも光るよう設計されているので寝かしつけしながら操作しやすい設計になっています。

Fire TV Stickを彷彿とさせるデザインなので操作はしやすいです。

Astrum寝かしつけプロジェクターの使い方

コンセントと本体を繋ぐ

電源ケーブルを本体の端子に繋ぎます

次にプラグをコンセントに差し込みます

リモコンに電池を入れ、電源を入れる

リモコンに電池を入れます。壊れやすそうな部分があるので慎重に。

電気を決してスイッチON

お部屋の電気を暗くして、リモコンで電源を入れましょう。

投影場所とピントを調整

本体を動かして投影したい場所を決めましょう。

本体上部にピントを合わせるダイヤルがついていますので、投影された映像を見ながら調整しましょう

映像をみる

電源を入れたら再生したいジャンルを選びましょう。

YoutubeやNETFLIXを見たい場合はAndroidモードの設定をしましょう(WiFiが必要)

≪≫ボタンで早送りや巻き戻し、◯ボタンで再生や一時停止ができます。

ボタン操作は直感的に扱えると思いますよ!

使ってわかったAstrum寝かしつけプロジェクターの良かったところ

ここからは、今まで使ってきたディズニーやドリームスイッチなどと比べて、Astrum寝かしつけプロジェクターの方が良かった特徴やおすすめポイントを紹介します。

メリット1:大画面で画質が綺麗

今ままでおもちゃのプロジェクターしか使ったことがなかったので、それらに比べて段違いに画質が綺麗です

ディズニーやドリームスイッチなどはやっぱりおもちゃですが、Astrumは本格的プロジェクターです。

最大120インチまで対応なので、天井や壁いっぱいに画面を広げてもまったくぼやけるようなことはありません。

イルカ
イルカ

自分の映画鑑賞用としても大活躍してます!

メリット2:学習コンテンツが多い

ディズニーやドリームスイッチなどは絵本や音楽コンテンツが多くても60くらいで、別途ディスクを追加購入する必要がありますが、Astrum寝かしつけプロジェクターは最初から100以上の学習コンテンツが付属しています。

後から追加購入しなくて済みますし、子供が飽きることがないのがありがたいです。

イルカ
イルカ

全部見終わるまでに1〜2ヶ月くらいかかります!

メリット3:YoutubeやAmzonPrimeが見れる

本体にはAndroidが搭載されており子供だけでなくYoutubeやAmmazonPrimeなどで大人も映画鑑賞やライブ鑑賞などができます。

そのため対象年齢はなく、一度購入すればずっと楽しむことができます。

イルカ
イルカ

むしろ、子供より大人の方が使ってる回数が多いかも!

メリット4:台形補正がある!

台形補正とは?

プロジェクターから投影される映像は基本的には長方形ですが、投影面に角度があると、必ず歪んだ台形で映し出されます。

この歪みを自動的に補正して綺麗な長方形にしてくれるのが、「台形補正機能」です。

プロジェクターを水平に設置できないときや、正面から投影できないときなどに便利な機能です。

おもちゃのプロジェクターだとほとんど機種で台形補正が付いていないため、置ける場所が限定されていたのですが、Astrum寝かしつけプロジェクターは台形補正があるため、場所を選ばず設置ができます。

イルカ
イルカ

台形補正が付いてないとベットの真ん中に置かないとつけないけど、台形補正あれば場所を選ばず設置できるよ!

Astrum寝かしつけプロジェクターの良かったところまとめ
  • 大画面でも画質が綺麗
  • 学習コンテンツが多い
  • キャラクターものではないので、子供が興奮しない
  • YoutubeやAmazonPrime、NETFLIXなど利用できる
  • 台形補正がついてるので設置場所に困らない
  • 子供の寝室に行く時間が短くなった
  • 寝かしつけが簡単になった(パパでも嫌がらない)
  • 知育にも効果抜群

Astrum寝かしつけプロジェクターの気になる悪い口コミ

デメリット1:値段が高い

Astrum寝かしつけプロジェクターは定価がなんと¥49,980です。(今だけ10000円割引あります)

類似品である「ディズニーおやすみシアター」と「KipKip」比べると2~3倍以上の値段がします。

もちろん値段相応の機能面での違いはあり、実際に使ってみてもそれなりの価値は感じますが、もう少し値段が安ければ買いやすいかなと思います。

イルカ
イルカ

今だけ、Amazonと楽天市場で10000円OFFのクーポンが発行されてます

期間限手になのでお早めに!

デメリット2:コンセント式なので屋外では使用できない

これはメリットでもありデメリットでもあると思うのですが、コンセントを繋いで使用のため場所によっては延長コードが必要になります。

キャンプなど屋外で使いたいって方はバッテリー内蔵のモバイルプロジェクターを購入する必要があります。

置き場所を自由に変更することができません

電池式であれば自由に移動させたりできますが、コードがついている分置き場所を選ぶ必要があります。

イルカ
イルカ

とはいえ、電池式は絶対やめたほうがいいよ!

デメリット3:電源オフのタイマー設定時間が短い

Astrum寝かしつけプロジェクターには自動で電源オフできるタイマー機能があるのですが、設定できるのが5分・10分・15分しかないんですね。

個人的には30分も欲しかった感じ。

特に使用し始めた時は15分で寝るか、寝ないかの時があったので。

イルカ
イルカ

慣れてくると15分あれば子供は眠ってくれるようになるんだけどね

デメリット4:連続使用ができない

長時間使用すると熱暴走が起きます。

本体が熱くなりすぎると自動で画面が表示されなくなります。

特に天井に向けて投影するとファンがどうしても床との隙間が少なくなるため、換気がうまくいかず熱くなりやすい気がします。

イルカ
イルカ

これは小型のプロジェクターには起きやすいことなんだけどね。

Astrumを他の類似商品と比較してみる

僕が今まで使ってきた他の寝かしつけプロジェクター「ディズニーおやすみプロジェクター」「KipKip」「ドリームスイッチ」と比較してみました。

AstrumディズニーKipKipドリームスイッチ
画質
コンテンツ100以上
(Youtube使えば無限)
31
(追加購入あり)
30
(別売り34)
50
WiFi⚪︎×××
リモコン⚪︎×⚪︎⚪︎
タイマー⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
台形補正⚪︎×××

画質の違いはAstrumが圧倒的に綺麗!

↓Astrum

↓ディズニーおやすみホームシアター

↓KipKip

↓ドリームスイッチ

イルカ
イルカ

画質に関しては圧倒的にAstrumが綺麗ですね!

今だけかも!Astrum寝かしつけプロジェクターを安く買う方法

現在は、Amazonと楽天市場で10000円オフのクーポンが発行されていますので、とてもお得になっています。

おそらく販売から時間が経つと、クーポンがなくなるので、購入をお考えの方はお早めに!

Astrum寝かしつけプロジェクターで1〜5歳児の寝かしつけが楽になれば、自分の時間が増えるぞ!

というわけで、Astrum寝かしつけプロジェクターを購入すれば、本当に子どもの寝かしつけが楽になる神アイテムです。

我が家は寝かしつけプロジェクターがない生活は考えられないほど助かっているので、子供が寝室に行かない!寝かしつけに何時間もかかる!でお悩みの方は買って正解だと思いますよ!

また、単に寝かすつけが楽になるだけでなく、子どもの快適な眠りをサポートし、知育や情操教育にも役立つ一石二鳥どころか三鳥にもなるアイテムなので、寝かしつけに苦労していない方でも購入はおすすめです。

関連記事おもちゃのサブスクおすすめランキング!月額制の知育玩具レンタル業者の価格や使いやすさを徹底比較した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)