≫ 【2018年版】買ってよかったモノ20 選

GoProがほしいけど、どれがいい?初心者におすすめする最新機種はこれ!ゴープロの選び方を解説

GoPro購入ガイド

「GoProが欲しいけど、機種が多すぎて、どれを買えばいいかわからない!」って言う人、多いですよね。

GoProは、動画も静止画も撮影できるので、どの数値を見ればキレイに撮影できるの?って、少し理解しにくいんですよね。

そのため、いざGoProを買おうと思っても、どれが自分の使い方にあったカメラなのか、初心者ではなかなか選べません。

  • Amazon等では旧機種(型落ちモデル)も販売されているので、初心者は選ぶのがとても難しくなっています

そこで今日は、GoPro歴6年の僕が、自信をもっておすすめ出来るGoProを紹介していきます。

選び方もわかりやすく解説しますので、この記事を参考にすれば、失敗することなく自分にあったGoProを購入できますよ。

GoPro買うならどれがいい!2018年のおすすめ最新GoPro

ここからは2018年現在販売されているGoProの機種の中から、スペック、価格、使いやすさなどを徹底比較した「おすすめ機種」を紹介します。

第1位 HERO7 Black

GoProHERO7 Black

2018年9月に発売されたばかりの最新機種です。GoProが欲しいと思っている方は、これ一択と言ってもいいほど素晴らしい機種となっています。

特に動画では、HyperSmooth機能によりスタビライザー(ジンバル)がなくても非常に安定した滑らかな映像が撮影できるようになりました。

しかも4K 60fpsでもこの機能が対応しているので、プロが撮ったようなヌルヌルとした滑らかな映像が簡単に撮影できます。

GoProからKarmaというスタビライザーが発売されていますが、購入する必要のないほど安定感が増しましたね。

この機能は、SONY製のアクションカメラが群を抜いていたのですが、とうとうGoProが追いついたという感じです。

また静止画の方でも、スーパーフォト機能が進化し、初心者でも白飛びしなかったり、夜景なども簡単に撮影できるようになりました。

新発売でも価格が安いので、今すぐ買う価値あり

GoProの場合、発売してすぐは6万円近くすることが多かったのですが、今回からは発売されたばかりでも5万円弱で購入できます。

また、型落ちしたHERO6Blackと迷うことがあるかもしれませんが、価格差が5000円ほどなので、絶対にHERO7Blackにするべきです。

価格差以上の新機能がHERO7Blackには付いているので、迷わずこの機種一択で後悔することはないでしょう!

  • 4K撮影可能
  • HyperSmooth機能で滑らかな映像が撮影できる
  • タイムワープ撮影ができる
  • スーパフォト機能で初心者でも夜景撮影が簡単
  • ハウジングなしで10M防水
  • 風切り音軽減
  • Wi-Fi+Bluetooth付き
  • 音声コントロールあり
  • タッチディスプレイ

第2位 HERO5 Black

GoProHERO5Black

GoProを初めて買う人で予算を抑えたい人に超絶おすすめしたいモデルがHERO5Blackです。

4K撮影で映像もきれい、ボイスコントロール付きでタッチディスプレイで操作も簡単。しかも、ハウジングなしで10m防水機能つき。

標準でこの装備ですから、アクションカメラとしては文句のつけどころがありません。

「型落ちモデルだけど大丈夫なの?」と心配されるかもしれません。

たしかに、GoProの最上位モデルHERO7や6Blackに比べると、性能・スペックは少し劣ります。

しかしどちらも、値段が5万円弱するし、アクセサリー類をそろえるとなると、予算が最低でも6万円ほど必要です。

逆に、低スペックのHEROはとても安いですが、夜景撮影できるナイトフォトや4K撮影などの欲しい機能がありません。

その点、HERO5Blackは初心者にとっては扱いやすいく、値段も3万円台と手頃。ちょうどいい機能がたくさん詰まっていてコスパ最強なんです。

大幅割引でメリットが大きい

2018年に入り大幅に値下げされたことで、実はHERO5BlackはGoPro史上最高の名機となっているんです。

そのため、発売から2年以上経ちますが、いまだに売り上げ&人気No1のモデル。

初期投資が安く抑えられ、余った資金で自撮り棒などのアクセサリー類の購入資金に使うことができます。

予算を抑えたい人はHERO5Blackで決まりです!

  • 4K撮影可能
  • ハウジングなしで10M防水
  • 風切り音軽減
  • Wi-Fi+Bluetooth付き
  • 音声コントロールあり
  • タッチディスプレイ
  • 一番人気のモデル

GoProを安く購入したい方で、型落ちのHERO5にするか、HERO6にするかで迷われると思います。

下記記事では、その2つのモデルを徹底的に比較しました。読んでいただければ購入前の不安や疑問を解消できますよ。

関連記事GoPro初心者は「HERO6」と「HERO5」のどちらを買えばいい?比較しながら分かりやすく解説する

同じ価格帯でHERO7Silverがありますが、間違っても7SIlverだけは買うのはやめておきましょう。

7Silverはバッテリーの取り外しができないタイプなので、充電切れになっも予備バッテリーと交換することができません。

かなり使い勝手が悪いので、HERO7Silverを買おうとお考えの方は、絶対にHERO5にするべきです。

第3位 HERO5 Session

GoProHERO5Session

GoProの中でも、もっとも小さいモデルで、中級者~上級者モデルです。HERO5かHERO6を一台所有し、2台目のカメラとして購入される方が多いです。

2年前に発売された機種ですが、その小型なボディでいまだに人気があります。

バイカーやスノーボーダー、スケーターなど、ヘルメットなどに装着して撮影するのに便利です。とにかく小さく軽いので、ヘルメットに装着しても全く違和感はありません。我が家では1歳児が歩き始めた時でも、気にすることなく装着できました。

欠点は、バッテリー交換ができないこととバックモニターがないことです。

僕が普段使う場合だと、撮影できる連続時間は1時間程度です。スキューバダイビングなら1ダイブごとに充電できる環境でなければなりません。

バッテリーが切れたら本体ごと充電するかモバイルバッテリーに繋がなければいけません。(おすすめのモバイルバッテリーはこちら

バックモニターがないのは、スマホでも代用できますが、かなり手間になるので、GoProを使い慣れていない初心者には少し扱いにくいでしょう。

「HERO Session」と「HERO5 Session」どちらを購入するか迷うところですが、値段の差がなくなったので最新機種である「HERO5 Session」のほうがおすすめです。

  • 4K撮影可能
  • ハウジングなしでも10M防水
  • 風切り音軽減装置付き
  • Wi-Fi+Bluetooth付き
  • 音声コントロール
  • HERO5ブラックの2/3の重量(110g)
  • バッテリーが交換できない(撮影時間2時間弱)

第4位 HERO

GoProHERO

初心者だし、GoProを買ってもすぐ飽きるかもしれないって方におすすめする廉価版モデルです。

女子高生にも人気の機種です。

4Kは撮影できませんが、ハイビジョン映像で値段の割にはかなりきれいな映像が撮影できます。SNSへの投稿がメインの方なら十分すぎるくらい綺麗です。

ハウジングなしで10M防水も可能です。

ナイトモードがないので夜景の撮影には向いていません。(スマホ並みには夜景も撮影できます)

また、GPS機能もありません。

同レベルの機種で、HERO7Whiteというのがありますが、HERO7Whiteはバッテリー交換ができないので、どちらか迷うならHEROの購入をおすすめします。

  • 1440p撮影可能
  • ハウジングなしでも10M防水
  • 風切り音軽減装置付き
  • Wi-Fi+Bluetooth付き
  • 音声コントロール
  • ナイトモードなし
  • GPS機能なし

僕個人の意見としては、この廉価版を購入するなら画質は変わらず、値段も半額以下で購入できる中華系アクションカメラでもいいと思います。

中華アクションカメラのおすすめ機種を別記事で紹介していますので、こちらで確認ください。

関連記事「中華アクションカメラ」おすすめランキング!失敗しない選び方を初心者にわかりやすく解説

おすすめのGoProを他の基準で選ぶ

ここまで、おすすめのGoProをランキングで紹介してきましたが、今ひとつ自分にはどの機種があってるかわからない…という方に、別の基準での選び方を用意しました。

GoProを予算で選ぶ

GoProは本体を購入するだけでは撮影できません。

本体購入後にはmicroSDカードやマウントと呼ばれるアクセサリーを購入しなければいけません。(参考:初心者が買うべきおすすめGoProアクセサリー

そのため本体価格をできる限り抑えることで、アクセサリーをたくさん買うこともできますよ!

GoProの価格が安い順に並べてみました。

3万円以下で買えるGoPro
HEROSessionHERO Session
¥20,500~
詳細をみる
4万円以下で買えるGoPro
GoProHERO7WHITEHERO7 White
¥31,000~
詳細をみる
GoProHEROHERO
¥31,000~
詳細をみる
HERO5SessionHERO5 Session
¥32,000~
詳細をみる
HERO5BlackHERO5 Black
¥36,000~
詳細をみる
5万円以下で買えるGoPro
GoProHERO7SilverHERO7 Silver
¥41,000~
詳細をみる
HERO6BlackHERO6 Black
¥45,000~
詳細をみる
6万円以下で買えるGoPro
GoProHERO7BlackHERO7 Black
¥52,000~
詳細をみる
MEMO
HERO4や3+もAmazonなどでは販売されていますが、スペックがかなり落ちるので掲載は除外させてもらいました。

GoProの映像のきれいさで選ぶ

きれいな静止画や動画を撮影したい人は、解像度とフレームレート(fps)が高く、夜景撮影に適したナイトフォトモードが設定されている機種を選びましょう。(ナイトフォトモードとは?

夜景だけでなく、薄暗い場所や水中での撮影が多い人も、必ず下記の機種から選ぶのがいいでしょう!

ナイトフォトが搭載された機種
HERO5SessionHERO5 Session
動画:4K/30fps
静止画:10MP
詳細をみる
HERO5BlackHERO5 Black
動画:4K/30fps
静止画:12MP
詳細をみる
HERO6BlackHERO6 Black
動画:4K/60fps
静止画:12MP
詳細をみる
GoProHERO7BlackHERO7 Black
動画:4K/60fps
静止画:12MP
詳細をみる

手ぶれ補正機能で選ぶ

アクションカメラの最大の欠点が、手ブレですね。

HERO5以降の機種には搭載されていますが、一番進化しているのがHERO7Blackでしょう!

手ぶれ補正機能だけ見ると、圧倒的にHERO7Blackが優れています。

スタビライザーをつけることで、手ぶれ補正もできますが、HERO7Blackならスタビライザーも必要なしです。

アクションカムの中でGoProをおすすめする理由

アクションカムは、他のメーカー(SonyやNikonなど)からもたくさん発売されるようになりました。(参考:初心者におすすめの「アクションカメラ」人気メーカー最新機種

そのため、他メーカーのアクションカメラと迷うこともありますよね?

そこで僕なりにアクションカメラを買うなら、GoProをお勧めする理由を書きたいと思います。

僕が考えるに、他のメーカーはまだまだGoProの足元にも及ばないのが現状です。

他社も画質はかなり良くなってきていますが、アクセサリーやマウントの数はまだまだ少ないです。アクセサリーがあっても互換性がないので、せっかくアクセサリーをそろえても、機種を買い替えた時に使いまわしが効かないのが現状です。

その点GoProは、アタッチメントが同じなため、GoPro3で使っていたアクセサリーがGoPro6でも使えています。

また、以前は日本のメーカーが販売するアクションカムのほうが安価だったため購入する方もいましたが、GoProの値段が下がったことで、今は購入者が増えてきています。

GoProをおすすめする理由
  • 画質がとにかくきれい
  • アクセサリーが豊富
  • 耐久性が高い
  • 編集ソフト・アプリが豊富
  • ワンボタンとタッチパネル液晶、ボイスコントロールで操作が簡単

GoProを安く購入するおすすめの方法

GoProは公式サイトで購入するより、Amazonや楽天市場での購入する場合が安いです。

商品到着までの時間は、Amazonが一番早いですね。

僕はHERO3から発売日に購入していますが、いつも公式サイトよりAmazonの方が早く手元に到着します。

さらにAmazonではお得なセット割引もありますよ。

購入を迷うようならGoProをレンタルするのもおすすめ

GoProの最新機種をレンタルできるサービス会社もあります。

購入前にお試しで使ってみたい人や、自分で扱えるか心配な人は一度レンタルしてみるのもいいかもしれませんね。

関連記事送料・修理無料で安心!「GoProレンタルサービス会社」4選

まとめ:GoProを買おう!

僕個人としては、初心者にはとにかく新発売されたGoProHERO7の購入をおすすめします。

GoProは撮影していて面白い機種です。僕もGoProを持って毎週子供と出かけています。野外はもちろん室内でも大活躍してくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)