ネバネバ鼻水も強力吸い取り!おすすめ鼻水吸引器はこれ!電動据え置きと手動の違いや選び方をわかりやすく比較解説!

おすすめ鼻水吸引機

赤ちゃんや幼児期の子供は、風邪を引くと上手に鼻がかめないために、ずっと鼻がつまった状態になります。

そうなると息苦しくグズグズすることが多く、夜泣きもひどくなります。

また鼻水をそのままにしておくと風邪の治りが遅くなり、中耳炎に悪化する場合もあります。

そんな時に便利なのが、鼻水吸引器(鼻すい器・鼻水取り器)です。病院で見たことあるって人もいますよね?

あの簡易版が販売されており、医療費控除の対象となるので(電動のみ)、子供が生まれた年に購入するって人が多いんです。

そこでこの記事では、数ある家庭用の鼻水吸引機の中から、タイプ別に比較しながら選び方をわかりやすく解説します。また、本当におすすめできるものだけを選んだランキングでおすすめの商品を紹介します。

鼻水吸引機の選び方

鼻水吸引機を購入する場合、以下の4つのポイントに気をつけて選びましょう!

選び方のポイント
  1. 鼻水吸引機はどんなタイプあるの?
  2. それぞれの吸引力はどう?
  3. 価格は?
  4. お手入れは簡単?

それでは詳しく解説していきます。

1、鼻水吸引機のタイプはどんなのがあるの?

大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. 電動据え置きタイプ
  2. 電動持ち運びタイプ
  3. 手動タイプ

それぞれの主な特徴を説明します。

1、電動据え置きタイプ

電動据え置きタイプの鼻水吸引器

  • 3タイプの中でもっともおすすめ
  • 吸引力が強く、ネバネバ鼻水も簡単に吸い取る
  • 家族への感染のリスクがない
  • 置き場所が必要だが、近年はコンパクトタイプが増えている

2、電動持ち運びタイプ

電動持ち運びタイプの鼻水吸引器

  • 電動据え置きタイプに比べ吸引力は落ちる
  • 旅行やお出かけの時に使えるのが便利
  • 電池式なので残量によって吸引力がすぐに落ちる
  • 使う人への感染リスクは少ない

3、手動タイプ

鼻水すい器で鼻水を取るママ

  • 安価
  • 静音なので、子供が寝ている時も使いやすい
  • 吸引力は電動持ち運びタイプと同じくらい
  • 軽くて持ち運びも便利
  • 子供を抱えながら使うのが難しい
  • 使う人が感染する可能性がある

イルカ

おすすめは絶対「電動据え置きタイプ」です。

我が家は、家では電動据え置きタイプを使い、お出かけの時は電動持ち運びタイプを使う二刀流にしています。

2、吸引力はどう?

電動据え置きタイプ 約-83kPa ±20%
電動持ち運びタイプ 約-60kPa ±15%
手動タイプ 不明

全てのタイプを実際に使ってみてもやっぱり、電動据え置きタイプの吸引力が強いです。

手動タイプは、吸う人のさじ加減で決まりますが、思いっきり吸っても電動持ち運びタイプと同等くらいです。(力いっぱい吸いすぎると鼻水を飲み込んでしまう可能性あり)

3、価格は?

電動据え置きタイプ 11000~18000円
電動持ち運びタイプ 3000~6000円
手動タイプ 1000円

手動に比べ電動になると高価になりますね。

しかし、電動鼻水吸引機は医療費控除の対象となります。

医療費控除とは?
医療費控除とは、10万円以上の医療費を年間で支払った場合に、納めた税金の一部が戻ってくるというものです。レシートは必ずとっておきましょう!詳しくはこちら

当然ですが、出産費用は10万円以上になるので、子供が生まれた年に購入すれば、代金の一部が返ってきますよ。

4、お手入れは簡単?

手動タイプが一番簡単です。

電動据え置きタイプや電動持ち運びタイプも手間はかかりますが、全てのパーツを細かく分けて洗えるので衛生的です。

また別売りでノズルやチューブを新品と交換することもできます。

イルカ

使った時の効果、使いやすさ、値段、口コミ評判を徹底比較し、おすすめ商品を厳選しましたよ!

おすすめ鼻水吸引機ランキング

第1位 メルシーポッドS-503

メルシーポッド

  • 電動据え置きタイプの人気機種
  • コンパクト設計だけど吸引力が抜群
  • 電動タイプの中でも安価

もっともおっすめなのが、電動据え置きタイプの「メルシーポッドS-503」です。

多くのママさんたちから支持されており、Amazonや楽天ではこの数年ずっと人気1位の商品です。

コンセントにつなぐため吸引力が強く、サラサラからネバネバまでどんな鼻水も吸い取ってくれます。

コンパクト設計で手軽に使えるため、子供を抱えながら使うのに最適。

ノズルはオリーブ管(丸い)になっているので赤ちゃんに優しい肌触り!泣いて嫌がることも少ないです。

電動据え置きタイプでは安価なのも人気の理由です。

こちらの商品は、僕が実際に使ってみた詳細をレビューしていますので、購入を検討される方には参考になると思いますよ。

関連記事【レビュー】電動鼻水吸引機メルシーポットを3年使って感じたメリット・デメリット!

第2位 ベビースマイルS-303

ベビースマイルS-303

  • 電動持ち運びタイプの人気機種
  • 小さくて軽いので持ち運びに便利
  • 丸洗いできる

ハンディタイプを買うならこれ以外の選択肢はない!ていうぐらいおすすめ。

据え置きタイプに比べると吸引力が落ちますが、電池式の中では吸引力が高く、ロングノズルを使えば、ネバネバ鼻水も吸い取ってくれます。

長さが20cm、重さは196gと非常に軽いので、バックに入れても気になりませんよ。

第3位 bebecure ベベキュア

べべキュア

  • 家の中でも、外出先でも吸引力抜群
  • リビングに置いたままでも可愛いデザイン
  • 高価

コンセントAC電源だけでなく、車のシガーライター、ポータブルバッテリー(別売り)の3電源で使用が可能なので、家の中だけでなく外出先でも使える、据え置き+持ち運びタイプになります。

見た目がとっても可愛いデザインで、LEDライトが優しく光るので、暗い寝室の中でも使うことができます。

実家など外出先で使うことが多い人は、少し高価ですがこちらがおすすめです。

第4位 ママ鼻トッテ

ママ鼻トッテ

  • 手動タイプの人気商品
  • 煮沸・電子レンジ・薬液で消毒できる
  • 安価

手動タイプの購入なら「ママ鼻トッテ」がおすすめ。

安価ですが、全てのパーツが取り外せて、煮沸や電子レンジ、薬液での消毒が可能。

ただし、これはどの手動タイプにも言えることですが、使うママやパパが間違って子供の鼻水を吸い込んでしまう危険があり、感染の可能性が高くなります。

僕もこれが原因とは言えませんが、使った後に何度も風邪を移されたので、今は使わないようにしています。

まとめ:おすすめは鼻水吸引器は電動タイプ

鼻水吸引機を買うなら、絶対にメルシーポッドがおすすめ

やはり子供の健康を考えたら、一家に一台は電動据え置きタイプを置いておく方がいいでしょう。

風邪を引いた子供を抱えて、病院に行って鼻水をとってもらうことを考えたら、コスパは良い商品ですよ。

関連記事子供の風邪を予防する7つの方法|実際に試してみて効果抜群だった対策を紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)