≫ 【2018年版】買ってよかったモノ20 選

GoProで夜景写真をきれいに撮影するテクニック!初心者でも簡単にできる撮り方

goproナイトフォト

GoPro初心者が失敗しやすい「夜景」の撮り方や設定方法のポイントを解説します。

ライトアップされたビル群や美しい星空、花火やイルミネーションなどは、昼間と違って光量が少ないシチュエーションです。そのため、夜景撮影は自分の描いた通りに撮影することが難しくなります。

しかしGoProに搭載された「ナイトフォト」モードを使えば、初心者でも簡単にきれいな夜景を撮影できます。

初心者にも分かりやすいよう解説するので、是非参考にしてみてください!

GoProを使ってインスタ映えする夜景を撮影する方法

初心者向け:GoProをナイトフォトモードに設定する

GoProには初心者でも手軽に夜景が撮影できる「ナイトフォトモード」が搭載されています。

このモードにすれば、誰でも簡単に夜景撮影を楽しむことができます。

それでは、ナイトフォトモードの設定方法を紹介します。

HERO6 Black / HERO5 Blackの場合

GoProのボタン解説

  1. モードボタンを押し、「写真」モードを選択する。
  2. タッチディスプレイの左下にあるカメラアイコンをタップする。
  3. 「夜間」をタップする。
  4. タッチデイスプレイの真ん中にあるSHUTRをタップする
  5. シャッタースピードを変更する

HERO5 Sessionの設定方法

goprosessionのボタン解説

  1. カメラ設定が選択されるまで、モードボタンを押す。
  2. シャッターボタンを押してビデオのアイコンを反転表示させ、写真のアイコンが表示されるまで再度シャッターボタンを押す。
  3. モードボタンを再度押し、写真を反転表示させる。
  4. シャッターを押して、モードを夜間にする。
  5. 再度メニュー ボタンを押して「自動」という単語を反転表示させ、シャッター ボタンを押して、お望みのシャッター速度 (デフォルトでは自動) を選択します。
MEMO
HERO5 Sessionの場合はアプリに接続したほうが、ナイトフォトの設定やシャッタースピードの変更が簡単に行えます。

シャッタースピードの調整する

GoProでは写真モードの「夜間」に設定するとシャッタースピードの調整ができます。

シャッタースピードとは、シャッターが開いてカメラが光を取り込んでいる時間の長さのことです。HERO6Blackでは自動、2秒、5秒、10秒、15秒、20秒、30秒と調整することができます。

シャッタースピードを遅くすることで、たくさん光をカメラに取り込むことができます。夜景のような暗い場所でも明るく撮影ができるようになるということです。

2〜5秒ビル群、観覧車、花火、ピカピカなど
20秒比較的明るい場所での夜空(月や星)の撮影
30秒暗闇での夜空の撮影
自動 1/4000~2秒までを自動的にシャッタースピードを調整する

しかし、シャッタースピードを遅くする場合には注意が必要です。

シャッタースピードを遅くすると、シャッターが開きっぱなしになった状態ですので、その間に手ブレしてしまうと、写真全体がブレブレになってしまいます。

イルカ

そんな時に便利なのが、三脚だよ!

三脚を使えば、カメラがしっかりと固定されるので、シャッターが開いている間もぶれることなく、たくさんの光を取り込むことができます。

三脚の購入をお考えの場合はこちらの記事が参考になりますよ!

goproのおすすめ三脚【厳選】GoPro用おすすめ三脚ベスト3!初心者でも失敗しない選び方を紹介【ゴープロ】

中級者向け:Protuneコントロールで設定する

ここからは中級者向けの設定方法を紹介します。

ナイトフォトモードではさらに細かな設定をProtuneで行うことで、自分が撮りたい撮影方法を調節することができます。

注意
HERO5 Sessionの場合はアプリからしか調整できません

HERO 6Black/5Blackの場合

GoProhero6のボタン解説

  1. 写真モードの夜間を選択する。
  2. タッチディスプレイの右にあるPTを左にスワイプする。
  3. 「PT PROTUNE」で各種設定を行う

EV修正(露出補正)を調節する

EV修正で映像の明るさを調整できます。設定値は「-2.0 〜+2.0」の範囲で、暗い場所ではプラス方向に、明るい場所ではマイナス方向に調整します。

MEMO
ディスプレイで明るく写したい部分を長押しすると、自動的に露出を設定してくれます

ISO感度をあげる

ISO感度とは光を感じる感度のことで「100」とか「1600」のような数字で表されます。

HERO6Blackでは、最小値と最大値を選ぶことができ、数値は夜間で100~800で設定できます。数値が大きいと暗いところでも撮影できますが、その分ノイズが大きくなるので、調整が難しくなります。

GoProで撮影したお洒落な夜景作品例

まとめ

まずは「ナイトフォトモード」を使って、夜景の撮影を楽しんでみましょう。慣れてきたら、シャタースピードやPROTUNEで設定を変更しながら、自分の思い描く撮影に挑戦してみるるのがいいでしょう!

【超厳選】ゴープロ6用おすすめアクセサリー7選|初心者が絶対買うべき定番はコレ!【GoPro】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)