【GoPro】初心者から中級者におすすめするアクセサリーまとめ!あると便利なゴープロ専用マウント【正規品・互換品】

GoProの魅力の一つがマウントと呼ばれる豊富なアクセサリーです。用途に合ったアクセサリーを使うことによって、今ままでになかった視点や迫力あるシーンを切り出すことができます。

しかし、販売されるアクセサリーは種類が多く、保証や信頼はあるけどちょっと高価な「純正規品」もあれば、お手頃な値段だけど信頼に欠ける「互換品(サードパーティ製)」もあり、GoPro初心者ではどれから購入すれば良いか迷ってしまいます。

と、いうわけで今回は、GoProを購入したばかりでアクセサリーを買いそろえたい方必見です。

GoPro歴4年(Hero6,5,session,Hero4,hero3と中華Gopro所有)の僕が数あるアクセサリーの中から使用頻度の高い買ってよかったお勧めアクセサリーを紹介したいと思います!正規品も互換品を平等にまとめて紹介しますよ。

初心者が最初に買うべきおすすめアクセサリー

マイクロSDカード

GoProを購入してもmicroSDカードは付属していませんので、必ず別途購入しなければ撮影することはできません。

さらに非推奨品の中にはGoProと相性が悪く読み込みしてくれないSDカードがありますので購入には注意が必要。

容量は、こまめにパソコン等に保存する方は64Gで十分です。128Gもありますが、紛失や故障のリスクを考えて64Gを2枚買うのがおすすめ。マイクロSDカードは絶対に買いましょう。というか、SDカードはないと撮影できませんね。

  • 推奨品と非推奨品がある
  • 非推奨品(互換品)は相性が悪いメーカーがあるので要注意
  • 64Gの購入をおすすめ
参考

GoPro用おすすめのmicroSDカードと失敗しない選び方!

予備バッテリー

GoProの欠点のひとつがバッテリーの短さ。4Kでの連続撮影は1時間ちょっと。電源をつけたり消したり、モニターを見たりするとすぐに電池残量はZERO!必ず予備バッテリーを購入しましょう。MIBOTEかワサビのバッテリーはGoPro使いには愛用する方が多いですね。私も今のところ全く問題なく使えています。シリーズが違うと使いまわしができないことがあるので、購入時は注意しましょう。

  • バッテリー1個で約2時間撮影可能
  • 1日撮影したいなら予備バッテリーが必要
参考

【GoPro6/5Black対応】おすすめバッテリーパック(充電器付き)の紹介!

参考

GoPro用おすすめモバイルバッテリーと失敗しない選び方

自撮り棒(セルフィー)

GoPro撮影で一番使用頻度が高いのが「自撮り棒」です。自撮り棒の品質は値段に比例すると思います。耐久性と値段のバランスが取れていると思います。サーフィンやスノボなどの激しいスポーツの追い撮りでも問題なしの耐久性のある自撮り棒を選びましょう。

  • スマホ用では重さに耐えれない
  • 耐久性や防水性を重視し安物は買わないほうがいい
  • 使用頻度が一番高いアクセサリー
参考

GoPro対応の「自撮り棒」ベスト5!

ミニ三脚

GoProを持つと撮影したくなるのが「タイムラプス」です。また風景や夜景を撮影する時にも必要になるのが三脚ですが、携帯性を考えると、ミニ三脚・卓上三脚と呼ばれるコンパクトな三脚がおすすめです。

  • タイムラプスや夜景撮影には必須アイテム
  • ハンドグリップとしても使えます
  • 携帯性を考えミニ三脚がおすすめ
参考

GoProのおすすめ三脚ベスト3!初心者でも失敗しない選び方を紹介する

ハンドグリップ

自撮り棒だと重すぎると感じる方はハンドグリップがおすすめ。撮影アングルがしやすく、左右どちらの手でも扱いやすくなります。またフロートがついたものなどは、海やプールでの万が一落としても沈む心配がないので安心です。

  • 長時間の撮影も楽
  • 落下防止になる
  • 安定感と操作性が増す
  • 浮力にもなるので海水浴には必須アイテム
参考

GoProの撮影で驚くほど便利な「ハンドグリップ」まとめ!

クランプマウント

自撮り棒の次によく使うのがこちらのジョーズフレックスクランプマウント。挟む力も申し分なく、様々な角度で固定して撮影することができます。これ本当に正規品と瓜二つ。ロゴマークの違いじゃないかと思うぐらいいいですよ。三輪車やチャイルドシート、食卓につけて撮影しています。GoPro4でも対応しています。

  • 定点撮影に便利
  • 旅行の時に使う頻度が高い
  • 互換品でも十分強度がある

 

参考

【レビュー】GoProおすすめマウント「ジョーズフレックスクランプ(BULUSI製)」を使ってみた

360°クリップマウント

最初に正規品のヘッドストラップを購入したのですが、公園や運動会でちょっと浮いて周りからの目が気になったのでこれを購入。リュックのベルトにつけて使っています。HERO3用と書いていますがこれはHERO6/5/4でも使えますよ。回転できるところが便利です。

  • 街歩きや旅行の撮影に便利
  • 目線撮影したい人におすすめ

キャリーバッグ

GoProの持ち運びは細かなマウントがあるためキャリーバッグがあると大変便利です。こちらのバッグは軽量で保護機能があり、中のポケットにもチャックがあるためとても使いやすいです。

  • ウレタン素材がおすすめ
  • 持ち運ぶアクセサリーの数で選ぼう
参考

【厳選】GoPro用のおすすめ収納ケースまとめ!

液晶保護フィルム

液晶画面を傷や汚れから保護することができます。また光の反射も抑えてくれるので、屋外でGoProを使用する際にはとても便利です。レンズ保護キャップも付属します。

  • GoProHERO5・6を持っているなら絶対つけたほうがいい
  • どうしても1年ぐらいで交換

レンズ保護キャップ

レンズの汚れや傷を保護するキャップです。特にハウジングのないGoPro5/6をお使いの方は購入をお勧めします。

  • シリコン製がおすすめ
  • カラーバリエーションあり

中級者以上におすすめのアクセサリー

ドームポート

インスタやツイッターでも人気となっている水面上と水中が同時に撮影できるようになるアクセサリー。綺麗な海やプールで使いたいアイテムです。

  • 機種に合わせて購入が必要
  • お洒落でカッコいい写真が簡単に撮れる
参考

【レビュー】「ドームポート」を使って水中と水面を半分ずつ撮影してみた

電動式回転マウント

タイムラプス(微速度撮影)や全景撮影に便利な360度回転式雲台です。最長時間は90分で設定することができます。

  • バッテリー駆動時間で値段が決まる
  • 回転速度が調節可能なものがおすすめ

カメラスタビライザー

GoProの弱点である手ぶれを抑えることができるスタビライザーです。街撮りや子供撮りにはとても重宝します。

  • 手ぶれを最大限抑えます。
  • 素人でもプロのように滑らかな映像になる
参考

【厳選】カメラスタビライザーの選び方とおすすめ機種!

最後に

まずはこのあたりのアクセサリーをそろえることをオススメします。もちろん正規品のほうが安心、安全だということは間違いありませんので、各々の責任でご購入ください。

アクセサリーの購入を迷うようならレンタルもおすすめです。GoPro本体やアクセサリーをレンタルできるサービス会社もあります。購入前にお試しで使ってみたい人や、自分で扱えるか心配な人は一度レンタルしてみるのもいいかもしれませんね。

参考

送料・修理無料で安心!「GoProレンタルサービス会社」4選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)