≫ 【2018年版】買ってよかったモノ20 選

【レビュー 】イルビゾンテの薄い財布を買ったよ|コンパクトな本革財布が欲しい人に超おすすめ

イルビゾンテの財布

おサイフケータイや電子マネーがどこのお店でも使えるようになり、今、使っている財布が少し大きいなと感じるようになっていませんか?

そんな悩みを一発で解決してくれるコンパクトなミニ財布を購入しましたよ。

若い女性を中心に、年齢層を問わず人気のある革製品ブランドである「IL BISONTE(イルビゾンテ)」の財布です。

スーツの胸ポケットに入れても邪魔にならない大きさで、イタリア製のおしゃれなデザインになっています。

また、イルビゾンテの代名詞である質の高い革が使われていますので、使えば使うほど味のある色に変化していきます。

しかも、女性ウケするブランドなので、この財布をきっかけに会話のネタにもなって、本当に「買ってよかった」と感じています。

そこでこの記事では、イルビゾンテのL字ファスナー型の薄い財布を徹底レビュー したいと思います。

普段、電子マネーを使っていて軽くてコンパクトな財布がお探し方はぜひ参考にしてください。

IL BISONTE(イルビゾンテ)とは?

イルビゾンテのロゴマーク

イルビゾンテは、1970年イタリア・フィレンツェで暮らすワニー氏とその妻ナディアの二人で革製品(バッグやベルト)を手作りし、販売したのが始まりのブランドです。

ビゾンテ(BISONTE)はイタリア語で水牛で、水牛の持つ力強く誇り高いイメージをこのブランドに重ね合わせ、作られた作品には水牛の印が押されています。

年齢問わず人気のあるブランドで、イタリア・フィレンツェにあるイルビゾンテ本店は、日本人に人気の観光スポットになっています。

雨が降ればどちらも濡れ、太陽が出ればどちらも日に当り、自分が日焼けすれば、バックも日焼けする。あなたのイルビゾンテはあなたの一部になるのです。By 創業者ワニー

この言葉の通り、イルビゾンテのバッグや財布は上質なレザーが使われており、使えば使うほど革の色が変化してきます。

僕も、バッグや名刺入れなど数点を保有していますが、イルビゾンテの革製品はエイジングと呼ばれる経年劣化による色の変化が出やすいです。そのため、自分がアイテムを育てたという感覚になり、より愛着がわいてくるところがこのブランドを気に入っているところです。

参考 イルビゾンテ公式サイト

イルビゾンテはどんな人に人気のブランドなの?

20~50代の女性を中心に人気のあるブランドです。2年ほど前に販売されたムック本(2000円)は、付属したショルダーバッグがあまりにも人気でプレミアがつき、1万円以上で取引されていました。

【レビュー 】大人気イルビゾンテのムック本(ショルダーバッグ付き)を購入した

シンプルなデザインが多く、使われている革が上質で、経年劣化を楽しめるとあって、本物志向な方におすすめです。

また、男性用のバッグや財布も豊富で、誕生日やクリスマスに女性から男性にプレゼントする際に選ばれることが多いです。

購入したイルビゾンテのL字ファスナーミニ財布の詳細

僕が、購入したのがこちらです。

イルビゾンテのミニ財布外観

ミニ財布の中でも人気のあるL字ファスナー型です。

シンプルなデザインで、良質で柔らかいレザーが使われていますので、高級感溢れる仕上がりになっています。

イルビゾンテのL字ファスナー全12色

品番 54_1_5432404540
大きさ 幅13cm×高さ9.5cm
重量 約60g
素材 牛革
生産国 イタリア

僕がチョイスしたカラーが「ヤキヌメ」です。イルビゾンテの商品では定番カラーで、飽きの来ないシンプルさが魅力です。

また経年劣化による色の変化が楽しみやすいカラーです。

イルビゾンテのロゴマーク

ブランドマークである水牛が、ワンポイントで刻印されています。さりげなくて、とってもかっこいいですね。

イルビゾンテの財布のファスナー

ファスナーにはレザーの取っ手がついているため、開閉もスムーズ。もちろんここにも上質なレザーが使われています。

イルビゾンテのL字コインケースの内装

L字につけられたファスナーは大きく開くので、視認性が高く、小銭やカード、お札の出し入れが簡単。もちろんファスナーの動き非常にスムーズでストレスフリーです。

中はキャンバス張りで、中央に仕切りを兼用したコインやカードを収容するポケット(幅11cm深さ6cm)があります。ポケットは革のみで作られています。

イルビゾンテ財布の内装

内側の裁縫も非常に丁寧で、細部にまで職人のこだわりを感じます。

両サイドには、カード類やお札を収納できるようになっています。

上質な革ならではの触り心地の良さで、持っただけで高級感を感じることができます。

使用感レビュー :ミニ財布にお金やカード類を収納してみた

ここからは、お金やカード類を入れて使ってみた感想を伝えて行きたいと思います。

イルビゾンテの財布とお金とカード類

実際にこちらの画像のお金やカードを収納して見たいと思います。

  • お札:7枚
  • 小銭:15枚
  • カード:7枚

イルビゾンテのミニ財布にお金を入れてみた

サイフ内の収納はこんな感じにしています。

僕は財布をポケットか取り出した際に、手前にファスナーが来るように持ちます。

なので、向かって左側にカード類、真ん中に小銭、右側にお札を収納しています。

ミニ財布に小銭を入れた

小銭も見た目以上に収納することができます。

カード類は使う頻度の高いものから順に並べています。1枚ずつ取り出せ、収納も簡単。コンパクトな財布にありがちなカードの頭が飛び出して、開閉の邪魔になることもありません。

小銭を取り出している

もう少し収納できる余裕はありますが、小銭は入れすぎると少し取り出しずらさはあります。普段は、電子マネーを多用するので、ここまで小銭を入れないようにしています。

ミニ財布を二つ折りと並べて比較している

二つ折りの財布と比較しても、半分くらいの厚みになりました。マチがないのでかなりスッキリしますね。

イルビゾンテのミニ財布を使ってわかったよかった点

  • 二つ折りと比べて厚みが1/3
  • 革が良質で高級感がある
  • 女性からの支持が高い

とにかく全体的にコンパクトになったのは本当にありがたいですね。普段電子マネーを使っている人なら、十分な収納ができます。

ジーンズだと前ポケットでも、後ろポケットでも座った時の違和感はありません。

心配していた使いづらさも、L字ファスナーなので取り出しも楽チン。レジで手間取ることもありません。

革も最初からかなり柔らかいので、ポケットを傷つけたり、ゴワゴワする感じもないです。これからドンドン使い倒して、深い味わいを出したいなと思っています。

イルビゾンテのミニ財布使ってわかった悪かった点

  • 水に弱い

これは、イルビゾンテの欠点でもあるのですが、水にぬれるとシミになりやすいです。

濡れた部分が少し色が濃くなります。しかしながら、新しいうちはそのシミが目立ちますが、エイジングが進むと徐々に周りに溶け込んでいきます。

そのシミもまた一つの味となり、その財布との歴史のなります。

イルビゾンテのミニ財布を購入するときに注意すること

人があるため、偽物が多く出回っています。定価より極端に安くなっている場合は、偽物の可能性が高くなります。

おすすめは楽天市場の「イルビゾンテ正規取扱店 ノワ」での購入です。

正規品を購入すれば、品質はもちろんのこと、劣化やひび割れなども修理してくれます。僕も名刺入れとバッグ、そしてこの財布を同店をで購入しましたが、対応が丁寧で、修理も迅速に対応してくれます。

プレゼントで利用した時も高級感のあるラッピングだったのでおすすめです。

まとめ:イルビゾンテのミニ財布を買ってよかった

薄い財布を買ったのはこれが初めてだったのですが、これはもう2つ折りとか長い財布に戻ることは一生ないと思うぐらい気に入っています。

身軽さはもちろん防犯面でも薄い財布がここまで流行るのがよくわかりました。

普段、電子マネーを使っている人には、超絶おすすめの薄い財布です。スーツを着て仕事をしている人にも最適ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)