≫ 【2018年版】買ってよかったモノ20 選

GoPro専用おすすめモバイルバッテリー人気3選!失敗しない選び方は?大容量・防水が人気

GoProの充電切れで大事な場面で撮影できなかった!ってことありますよね。

GoProの予備電源として使えるモバイルバッテリーですが、家電量販店やドンキホーテでみても、種類が多くどれを購入すればいいか迷っている人も多いはず。

しかも、出力アンペアの違うスマホ用で充電しちゃうと、大事なバッテリーの寿命を縮めたり、撮影時間が短くなるなどの故障原因となります。

そこでこの記事では、数ある製品の中からGoProで使えるおすすめのモバイルバッテリーと失敗しない選び方をわかりやすく解説したいと思います。

おすすめ商品をすぐ見る

MEMO
対応機種:GoPro6Black/5Black/5Session/Session/4/Fusion/BatteryBacPac

GoProを購入したら予備バッテリーのは絶対必要

GoProを購入したら、絶対といっていいほど予備バッテリーの購入が必要になります。

というのも、付属するバッテリーだけでは十分な撮影時間を確保できないからです。

バッテリー1個で撮影できる時間

HERO6HERO5Session
4K/60fps70分
4K/30fps90分90分80分
1080/30fps110分115分115分
MEMO
手ぶれ補正やGPS、Wi-Fiを使うとさらに撮影時間は短くなります。

やはり、とても短いですよね。1日どころか半日も撮影できません。

そのため、GoProを購入と同時にバッテリー切れ対策を取ることは必須となります。

ゴープロのバッテリー切れ対策

GoProのモバイルバッテリーと予備バッテリー

GoProの欠点である撮影時間の短さに対する対策は2つです。

  1. 予備バッテリーを持つこと
  2. 予備電源(モバイルバッテリー)を持つこと

どちらを選べばいいかわからない人は以下を参考にしてください。

予備バッテリーを買ったほうがいい人

  • GoProHERO6/5/HEROを使っている人
  • 素早くバッテリー交換したい人
  • 家や旅先でコンセントが確保できる人

予備バッテリーと充電器については、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事GoPro予備交換用のおすすめバッテリーと充電器を紹介【HERO6/5Black/HERO対応】

モバイルバッテリーを買ったほうがいい人

  • GoPro5Session/6/5/HEROシリーズを使っている人
  • タイムラプスなどで長時間連続で撮影する人
  • 手軽に持ち運びしたい人

モバイルバッテリーの失敗しない選び方

GoPro用のモバイルバッテリーはスマホやタブレット用ならどれでもOKと言うわけではありません。

間違ったものを使うと故障の原因となりますので購入前にポイントをチェックしておきましょう。

イルカ

モバイルバッテリー選びのポイントは、「容量」と「出力」の2つだよ!

蓄電できる容量「mAh」の確認しよう

最初に確認するのは、モバイルバッテリーの容量です。どれだけ充電が行えるかを表すものです。

通常「mAh(ミリアンペアアワー)」で表示されています。

この数値が大きければ大きいほど蓄える電気の量が大きくなりますが、実際に充電に利用できるのは全容量の6~7割だけです(充電中に熱で失われるため)。

GoProに使われているバッテリーは1000~1200mAhなので、1800mAhの容量のモバイルバッテリーで、1回だけ満タンにすることができます。

以下の表がGoProに搭載されているバッテリーの容量です。

製品バッテリー仕様
HERO6 Black
HERO5 Black
1220mAh
HERO5 Session
HERO Session
1030mAh
HERO4 およびそれ以前1160mAh
Fusion2620mAh

イルカ

1日中GoProを使うなら最低6000mAh以上の容量がおすすめ!

電流の出力「A」を確認しよう

充電するときの電流の大きさを表すのが「A(アンペア)」です。推奨される出力以上の大きさを使うと、バッテリーの故障や寿命を縮めることになります。

GoProのバッテリーを充電するときの推奨される出力に関して公式サイトを参考にまとめました。

製品充電器の推奨出力
HERO6 Black
HERO5 Black
5V 1~2A
HERO5 Session
HERO Session
5V 1~2A
HERO4 およびそれ以前5V 1A
Fusion5V 1~2A

イルカ

スマホ用で販売されているモバイルバッテリーの多くは出力が2Aを超えるものばかりなので気をつけようね。

注意
モバイルバッテリーの中には、接続した機器にあわせて出力電流を自動で変えることができる機能が備わったものがあります。しかし、GoProをうまく検出できず過電流になり、故障することがあります。

GoPro用おすすめモバイルバッテリー

正規品のモバイルバッテリー

正規品gopro用モバイルバッテリー
  • 容量:6000mAh
  • 出力:1.5A
  • 出力ポート数:2
  • 保証期間:1年

公式から発売されているポータブル電源パックです。電流も1.5Aで故障も少なく安心です。2台同時でも充電しても約2.5時間で満タンにしてくれ、GoProなら4回まで充電可能です。再充電時間は4~6時間で完了します。4段階のインジケーターで残量を表示してくれます。

おすすめNo1のバッテリー

RuiPuモバイルバッテリーソーラーチャージ
  • 容量:24000mAh
  • 出力:最大2.1A(2.1A×2、1A×1)
  • 出力ポート数:3
  • 保証期間:2年

正規品が高すぎて買えないって人に超おすすめなモバイルバッテリーです。

GoProなら16回も充電できる大容量の24000mAh。ケーブルをつなぐポートが3つあるのですが、そのうちの2つは2.1AでGoProでは使えませんが、残り1つのポートが1Aになっています。

1Aなので急速充電ではありませんが、安価で大容量ということでおすすめとさせていただきました。

防水タイプが欲しい人におすすめ

LOOMの超大容量20000mAhモバイルバッテリー
  • 容量:20000mAh
  • 出力:最大2.0A(2.0A×1、1A×1)
  • 出力ポート数:2
  • 保証期間:永久保証

GoProを使う場所ってアウトドアが多いですよね。こちらは防水・耐衝撃のモバイルバッテリーです。さらに出力も1Aと2Aの2つを搭載していますので、GoPro2個同時充電も可能です。太陽光でも充電できますので、キャンプやハイキング、ダイビングにもってこいの商品です。

まとめ

GoPro5Session/Sessionをお持ちの方はモバイルバッテリーが絶対必要になりますので、購入を検討しましょう。

6Blackや5Black、4以前の機種をお持ちの方は、使用用途に合わせてバッテリーパックかモバイルバッテリーのどちらかを購入しましょう。

関連記事【超厳選】GoPro用おすすめアクセサリー7選|初心者が絶対買うべき定番はコレ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)