≫ 【2018年版】買ってよかったモノ17 選

【オススメ】GoPro対応の「自撮り棒」ランキング!ダイビングからスノボまで使える!【人気セルカ・セルフィー】

GoPro用おすすめ自撮り棒

GoProを使っての撮影で、一番活躍してくれるアクセサリーといえば、やっぱり自撮り棒(セルカ棒)じゃないかな?

風景を入れての自撮りはもちろん、追い撮りにも便利ですので、GoProを購入したら最初に買いたいアクセサリーの一つです。

そこでこの記事では、自撮り棒の購入を迷っている方は必見!購入するときに絶対注意したほうがいいことを紹介します。

また、実際に僕が買ってみたものや、使ってみたものの中から、おすすめの自撮り棒をランキング形式で紹介したいとおもいます。

MEMO
Hero6/5/4/3+/3/2/1対応の商品を紹介します

購入するときに注意すること

値段

正規品は頑丈で品質が保証されています。しかし値段が高いのが特徴です。長く使うことを考えたら正規品がおすすめです。

安いサードパーティ製を購入する場合は注意が必要です。

イルカ

目安としては定価が1500円以下のものは玩具です。錆びたり、ブレがすごかったり使い物にならないのでやめておきましょう。

重さ

あまり重たすぎると、撮影や持ち運びに疲れますよね。重量が200g以下であれば、女性でも扱いやすいでしょう。

グリップ

手で握る部分の素材が重要です。大きく分けると、スポンジ、ゴム、プラスチックがあります。これは好みがわかれるところです。海や雪があるところで使う場合は、プラスチックやゴムのほうがいいでしょう。

イルカ

劣化が激しく、衛生面も悪くなります

長さ

最大の長さが90cmもあれば、手を伸ばして使用すれば、全身映り込むことができます(当方175cm)。女性であれば100cm以上を扱うのは難しいでしょう。

連結部の安定感

安価なものだと、連結部分がガタガタしてしまい、映像がぶれやすくなってしまします。これは値段に比例するところがあるので、あまり安いものは注意が必要です。

正規品の人気自撮り棒

GoPro公式として現在3種類の自撮り棒が発売されています。

3Way

GoPro3way

正規品の自撮り棒の中で一番人気があるのがこの3Wayです。正規品なだけあって作りはしっかりしています。僕は、3年ほど使っていますが、錆びたり壊れたりすることはありません。少し高いですが、使用頻度が高いアクセサリーなので持っておいて損はないものだと思います。

  • マウントが画面に映らないので映像が綺麗
  • 3年間使用しても錆びない
  • ハンドル内部にミニ三脚が収容
  • 長さ:19cm~50.8cm

EL GRande

GoProElgrande

正規品の中では一番長い自撮り棒です。2017年に発売された最新の自撮り棒。高い耐久性があり、スノボなどの激しい衝撃の中での追い撮りに最適な自撮り棒です。

ただし、重量があるため女性には不向きです。

  • アルミニウム製で耐久性抜群
  • ボール雲台でカメラを360度回転可能
  • ロック:ツイストロック
  • 長さ:38~97cm

こちらの記事で「ElGrande」について詳細をまとめていますので参考にしてみてください。

goproeelgrandeをレビューするGoPro用自撮り棒は正規品「El Grande」で決まり!軽くて強度抜群【レビュー】

Shorty

GoProShorty

非常にコンパクトで持ち運びに便利な自撮り棒です。三脚も内蔵されていますがポケットに入れて持ち運べるほど小さいです。

軽くて使いやすいため、女性におすすめの自撮り棒です。

  • 三脚付きで旅行のお供にぴったり
  • 短いけどグループショットも撮影できる
  • ロック:ツイストロック
  • 長さ:11.7~22.7cm

こちらの記事で「Shorty」について詳細をまとめていますので参考にしてみてください。

goproshortyを使ってみたGoPro用卓上ミニ三脚「Shorty」が便利すぎる!自撮り棒としても使える使用頻度No.1のおすすめアクセサリー【レビュー】

オススメのサードパーティ製のGoPro用自撮り棒

第1位 MIBOTE

MIBOTE GoPro対応 3Way

正直、純正品と違うのはロゴのあるなしのような気がしますが…。とにかっく安いので、試しに買ってもそこまでの損失ではありません。あまり長さを求めない方や、棒が映り込むのが嫌な方、女性には3WAYがいいと思います。

  • 3Wayをお探しなら一番おすすめ
  • ロック:ねじ式
  • ハンドル:プラスチック
  • 長さ:19~50cm
  • 重さ:172g

第2位 BestFire

BestFire GoPro用 自撮り棒

圧倒的な使いやすさで、価格が非常に安いのが特徴。ゴムグリップは持ちやすく、ホールド感バッチリ。スノボで追い撮りでもブレも少なく、転倒にも何度も耐えてくれた強度は申し分なし。また鉄部分がないため、海で使っても錆びることはありません。使用し続けて2年でロック部分が破損しましたが、コスパはいいと思います

  • ハンドルは耐久性のある硬いゴム製
  • ロック:ツイストロック
  • 長さ:19~49cm
  • 重さ:124g

第3位 Velbon

Velbon 自撮り棒

伸縮は細かく分かれているので、手間がかかるように見えますが、足全体をひねると全段一気に固定や解除することもできます。かなりしっかりしているので、スノボなどの追い撮りでもブレはかなり少ないです。

第4位 Luxebell

Luxebell®Gopro用自撮り棒

素材はアルミニウム合金ですが、とっても安価。値段の割にかなりしっかりしています。グリップ部分がスポンジタイプなので、経年劣化でスポンジ部分が剥がれてくることがあります。耐久性に不安要素有。

  • スポンジグリップは持ちやすいが耐久性なし
  • ロック:ツイストロック
  • 長さ:30cm~最大94cm対応
  • 重さ:136g

第5位 OCC ポール

OCCポール用自撮り棒

長く1m以上の自撮り棒をお探しの方に一番おすすめなモデル。レバーロック式なのでロックが簡単でかつ、ロックされているかが一目瞭然で非常にわかりやすい。安いけど強度は抜群の自撮り棒です。

  • 1m以上の長さをお探しの方におすすめ
  • ロック:レバーロック
  • ハンドル:スポンジ
  • 長さ:40cm~128cm
  • 重さ:190g

最後に

近年、自撮り棒の使用が禁止されている場所が増えてきています。ルールやマナーをまもって適切に使いましょう。でもやっぱり、正規品の3WAYもかっこいいですね。

 

こちらの記事「【厳選】GoPro初心者におすすめするアクセサリー12選」でも、GoProの撮影を捗らせるアクセサリーを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【厳選】GoPro初心者におすすめするアクセサリー12選|撮影視点が広がれば100倍ゴープロが楽しくなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)