≫ 買ってよかったモノ20 選

重たいカメラの持ち運びに便利な「カメラホルダー」まとめ!ワンタッチでリュックやベルトに簡単装着で速写に便利

一眼レフカメラをバッグに入れていると、撮影したいときにカメラをサッと取り出せないのが不便ですよね。

かといって、肩にかけて持ち歩くと、ストラップが肩に食い込んで痛かったり、しゃがんだ時にカメラをぶつけたりすることありませんか?

そんな時に便利なのが「カメラホルダー」です。

カメラホルダーを使えば、片手ワンクションでの素早いロック&リリースができ、大事なシャッターチャンスを逃しません。また、重たいカメラの持ち運びがとても楽になり、両手もふさがることはありません。

そこでこの記事では、カメラを持って登山したり子供の運動会などでカメラを複数台使用する人にお勧めするカメラホルダーを紹介したいと思います。

※一眼レフだけでなく、ミラーレスやコンデジにも使えますよ

カメラホルダーとは?

カメラホルダー

カメラホルダーはカメラホルスターやカメラクリップとも呼ばれ、カメラ本体底部の三脚を取り付ける部分に専用アタッチメント(ハブやプレート、マウント)を取り付けて、リュックや斜め掛けバック、ベルトにホルスターを装着することで、カメラ本体を簡単に脱着できるキャリーシステムです。

重たいカメラを持っての登山や、フィールド調査に出かける時に欠かせないカメラ携帯アクセサリーの1つです。

運動会などで、素早くカメラの使い分けをしたい時にも便利です。

カメラホルダーの選び方

カメラをどこの場所に装着して持ち運びたいかによって大きく変わります。

  1. 胸(リュックのショルダーストラップに装着するタイプ)
  2. 腰(ウエストベルトに装着するタイプ)
  3. 胸&腰の兼用タイプ

胸に装着する場合は、バックなどのショルダーストラップにアタッチメントを取り付けるか、アタッチメント付きのベストを着るタイプがあります。

腰の場合はベルトにアタッチメントを装着するようになります。胸、腰の両方で使えるタイプもあります。

どちらが使い心地が良いかは好みに分かれるところもありますが、僕は兼用タイプを購入し、主にリュックやカメラバッグに装着して愛用しています。

おすすめカメラホルダー

PeakDesign ピークデザイン

ピークデザインのカメラホルダー
僕が使っているのがピークデザインのカメラホルダー。ピークデザインはカメラアクセサリーでも愛用する方が、非常に多いですよね。

そのピークデザインが発売している最新モデルがこれです。

どれを購入すればいいか迷ったら、迷わずこれを購入しておけば後悔はありません。

幅7.6㎝、厚さ1.3㎝以内のベルトであれば装着が可能です。

非常にコンパクトなため、使わない時でも邪魔になりません。4方向すべてから装着が可能な設計になっています。

アタッチメントを変えればGoProでも使えるのでトレイルランをするにも人気です。

  • アタッチメントの耐久性ありグラつきなし
  • 軽量
  • 軽い一眼レフ、ミラーレス、GoProを使用する方におすすめ
  • 価格が高い
  • プロパッドを使えば腰ベルトにも装着可能

UONNER

カメラホルダー

ピークデザインに似ていますが、かなり安く購入できるカメラホルダーです。

アルミニウム合金で作られていて非常にお軽量。厚めのベルトやリュックにも対応しています。ベルトまたはバックパックの厚さに適応。重い一眼レフカメラにも対応しており20kgの持ち運び能力があります。

ピークデザインが欲しいけど、予算がない…って人におすすめ

  • 丈夫で軽量
  • 安価

b-grip

ビーグリップのカメラホルダー

腰に取り付けた際でもはカメラがぶれないような構造になっています。もちろんリュックでも痛くなったり違和感がでることもありません。付属品が別売りで多く販売されているため、ベルトなどが劣化したり紛失しても後から購入することもできます。

  • 2重ロックで落下を防止
  • イタリア製でスタイリッシュ
  • 胸&腰兼用タイプ
  • 重たいカメラを使用する方におすすめ

TOKUSTACKER

カメラホルダー

もっとも安価なタイプです。ショルダーストラップやベルトに固定する際もかなりカメラが動くので長時間歩く場合には向いていません。また重量の重たいカメラだとかなり不安があります。運動会やちょっとしたお散歩に向いているカメラホルダーです。

  • ホルダーの溝に金具で固定
  • 固定してもカメラが歩くたびに動く
  • 胸&腰兼用タイプ
  • 軽量のカメラを使用する方におすすめ

Fomito

カメラキャリーハーネスをつける女性
同時に2台まで一眼レフを持ち運べるベストタイプのカメラホルダーです。

もうこれを着れば運動会や結婚式でプロと間違われてもしょうがないほどかっこいいですね。

高重量のレンズをつけても腰への負担が少ないのが特徴。

  • 着るだけで目立ち、見た目はプロの写真家
  • 重量級のカメラ2台でも腰や首に負担なし
  • ベストタイプ
  • メッシュ素材で通気性抜群

BLACKRAPID

カメラを2台ぶら下げる男性

重たい望遠レンズがついたカメラを2台持ちする人におすすめの速写用ストラップホルダー。

長時間の撮影でも肩や腰に負担がかからない構造になっています。肩ベルトは通気性が良く、カメラの持ち替えもスムーズに行えます。

  • プロの写真家が使うホルダー
  • 偽物があるので注意が必要
  • メッシュ素材で通気性抜群

COTTON CARRIER コットンキャリア

カメラホルダーをつける男性

着脱が片手でもワンタッチで楽々できるカメラホルダーです。

多少慣れは必要ですが、使用したいときにサッと撮れるのでストレスなく使用できています。またカメラとレンズが重くても、バックパックが下がらないように、ベルトのDリングに固定できるストラップがついていたり、ミラーレスやコンデジなどの薄いカメラでも使いやすいアタッチメントが使われています。

  • アタッチメントが丈夫で壊れない
  • 落下防止のストラップとハンドストラップ付でお得
  • 胸&腰兼用タイプ
  • 重たいカメラを使用の方におすすめ

まとめ:カメラホルダーをリュックに取り付けるとかっこいい

カメラホルダーは実用性はもちろんのこと、見た目もかっこいいですよね。

ただ、サッと取り出せずモタモタしてるとかっこ悪いので、購入したら着脱の練習はしておきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)