【厳選】デジタルカメラ用のおすすめ「防水ケース」ランキング!ミラーレスや一眼レフでも水中撮影できる

デジカメ用おすすめ防水ケース

「海や川で写真が撮りたい」「スノボや雪山で記念撮影」って時ありますよね。

デジタルカメラがあるんだけど、濡れた手で触ったり、万が一落として水没させるのが怖くて持って行くのを我慢することってないですか?

そんな時はデジカメ専用の防水ケースが便利です。

デジカメの防水ケースといえば「ハウジング」と呼ばれる固いハードケースでかなり高価だったのですが、今はソフトタイプでも防水機能はばっちり。

お財布にやさしい安価なものが、家電量販店やドン・キホーテにたくさん販売されています。

でも、数が多すぎてどれを買えばいいか迷っちゃうはず。

そこでこの記事では、本当におすすめできる防水ケースだけを紹介したいと思います。

これから、海や川に遊びに行く人は必見ですよ。

関連記事iPhone用おすすめ防水ケースランキング|海やプールに最適の人気モデルを紹介

デジタルカメラの防水ケースの選び方

防水規格を確認しよう!

防水ケースにはパッケージの裏側には必ず「IP」と、その横に2つの数字が記載されており、この商品の防水レベルを表しています。

現在は0~8の9段階あり、8が一番防水機能が高いことになります。これは国際基準で決められていますので、この「IP」の記載がないものは絶対に購入してはいけません。

防水規格の図解

デジカメのソフトタイプの防水ケースの多くは「IPx5」などと左側の数字が「x」と記載されていることが多いです。これは防塵テスト(ほこりが侵入)を行っていないことになり、防塵機能は保証されていないことになります。

IPX8 継続的に水没しても内部に浸水しない
IPX7 一時的(30分)に一定水位(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない
IPX6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
IPX5 あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない
IPX4 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX3 鉛直から30度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
なし 特に保護されていない

デジカメの防水ケースのタイプを知ろう

デジカメ用防水ケースのタイプ

ソフトタイプ

ソフトタイプは厚手の透明シートのケースです。夏場の海やプールだけでなく、スノボ、雨の日などで使用する方にうってつけ。安価なのも特徴です。防水方法も簡易的なためスキューバーダイビングで10m以上潜る方には不向きです。どのメーカーでも対応しているオールラウンドなや~つが販売されています。

ハードタイプ

ハードタイプはデジカメにぴったりとあったサイズでカバーします。「ハウジング」と呼ばれ高い防水機能があります。スキューバーダイビングで深く潜水する人や、一眼レフカメラを防水したい方におすすめです。ソフトタイプより高価になります。

本体一体タイプ

いわゆる防水カメラといわれるものです。近年は1万円以下で買えるものも多く販売されています。

今回は、どのメーカーのデジカメでも使えて、必要な時だけ、さっと簡単に取り付けて防水にできる「ソフトタイプ」の防水ケースを紹介したいと思います。

デジカメ用おすすめ防水ケース(ソフトタイプ)

第1位 DiCAPac

僕が長年使っているのもこのモデルです。信頼と実績のあるメーカーなので第一候補にして間違いなし。

ほぼすべてのカメラメーカーや機種に対応するサイズ展開があります。

防水の安心感、レンズの透明感は群を抜いており、耐久性もあるため何度も使っても破れることやクリアシートが濁ってくることがありません。

1年に数回お使いの予定がある方はこちらがお勧めです。フロート機能あり。

  • 対応機種: 機種別対応表 
  • 防塵・防水:IPX8
  • サイズ:7段階(一眼レフ対応も有り)

第2位 DRiPRO

安価なタイプでおすすめ。3重のスライドジッパーとボタンで水の侵入を防ぎます。さらに水辺での使用を想定して、フロート機能付きです。万が一落下しても紛失することがありません。

レンズ周りは透明度の高いシートが使われているため、画質を損なうことなく写真が撮れます。望遠やミラーレスにも対応するサイズ展開あり。

  • 防塵・防水:IPX8
  • サイズ:S、M、L

第3位

透明シートは10回ほど使うと少し白く濁ってくるのが残念。デザインは非常にオシャレなので女性に人気があります。

  • 防塵・防水:IPX8

最後に

カメラ防水ケースがあれば、今まで撮影できなかったシーンでも思い出をを残すことができますよ。でも、お使いの際は必ず防水テストをしてから使用しましょうね。

関連防水カメラがレンタルできるサービス会社4選|安いし万が一の破損にも安心

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)