≫ 【2018年版】買ってよかったモノ20 選

3歳から使える「ジュニアシート」の選び方とおすすめBEST3!背もたれなしとありは何歳から使える?

ジュニアシートおすすめ

子供が3歳になると、今まで使ってきた「チャイルドシート」がサイズアウトとなり、「ジュニアシート」を購入をしなければなりません。

  • 0~3歳:チャイルドシート
  • 3歳~12歳:ジュニアシート

いざ買おうと思ってドン・キホーテや量販店を見に行くと、販売するメーカーが多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね。

しかも「背もたれあり」とか、「背もたれなし」とかあって、どっちを選べばいいの?と、決めきれない方も多いはず。

そこでこの記事では、ジュニアシートの購入をお考えの方必見です。簡単な選び方からおすすめ商品を紹介したいと思います。

ジュニアシートは何歳から?

チャイルドシートを卒業してジュニアシートへ交換する時期については、多くのメーカーが「対象年齢3歳から」としています。

これは背もたれありでもなしでも違いはありません。

しかし、対象年齢だけで決めるのは大変危険です。

お子様の身長と体重も検討材料の1つとして考えましょう。身長100㎝以上で体重が15㎏以上になってからがお勧めです。

特に身長が満たないと、シートベルトが首にかかったり、腰部分のベルトが骨盤にかからず万が一の事故の際に逆に危険になってしまいます。

3歳になったからと言って、体重や身長が適正値に満たない場合は、使用しないように注意しましょう。

何歳まで使うの?

道路交通法により、6歳未満の子供はチャイルドシートの着用が義務付けられています。当然ですが違反すると罰せられ、違反点数が1点加算されます。しかし、罰金はありません。

とはいえ、違反点数のためというよりは、子供の安全を第一優先に考え、車を運転するときは、近い距離でも必ず子供をジュニアシートに座らせなければなりません。

また法律上では6歳未満の着用が義務付けられていますが、12歳未満(身長140㎝未満)の子供はジュニアシートに座らせたほうが、被害を最小限に抑えることができると報告されています。

参考 チャイルドシートの必要性を検証した衝突テスト映像を公開JAF

3歳から使えるジュニアシートの選び方

ジュニアシートは大きく分けて2つのタイプがあります。

背もたれありと背もたれなしのジュニアシート

背もたれありの特徴

背もたれを段階的に、部品をつけたり外したりできるため、子供の大きさに合わせて サイズ調整ができます。

さらに長い期間(12歳ごろまで)使用できます。

背もたれなしに比べ高価になりますが、安全性は高いです。

背もたれ有りは…
  • 3歳から12歳まで使用可能
  • 安全性が高い
  • 長距離運転でも疲れにくい
  • 子供が寝ても体が安定する
  • 持ち運びにくい
  • シートベルトはつけにくい
  • ¥5,000~¥30,000

背もたれなしの特徴

ブースターシートとも呼ばれ、座席に置いて子供の座高を調整することができます。

持ち運びが簡単なため、車2台持ちの方や祖父母や友人の車に同乗する機会が多い人に便利です。

背もたれ有りは…
  • 3歳から12歳まで使用可能
  • 持ち運びやシートベルトの取り付けが簡単
  • 車のリクライニングを利用できる
  • 未就学児には不安定(特に寝た時)
  • 安定感はない
  • ¥1,500~¥3,000

「背もたれあり」のおすすめジュニアシート

第3位

タカタ 312アイフィクスジュニア

お子様の身長による適切なサイズ調整が一目で見てわかりやすいようになっており、背もたれの高さ、シートベルトの位置など簡単に調整ができます。2万円以上する高級タイプでは一番おすすめです。

  • 5㎝刻みでサイズ調整可能
  • 本体が座席からずれない装置付き
  • 折りたためて持ち運びや収納もできる
  • 対象年齢:3歳~12歳
MEMO
こちらはAmazonベビー・マタニティスタンプカードの対象商品です

第2位

シェアする Facebook Twitter Pinterest 数量: カートに入れる 1-Click 注文を有効にしてください 來山 大貴 - 905-0011‌ にお届け ほしい物リストに追加する バーチャルダッシュに追加する こちらからもご購入いただけます 新品の出品:5¥ 9,716より この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する ビデオ 画像にマウスを合わせると拡大されます Aprica (アップリカ) エアライド

ヘッドサポートが大きく、子供が寝たときでも頭や首を支え、体勢が崩れにくいジュニアシートです。背もたれには通気口があり、子供が汗対策もばっちりです。

  • シートが取り外せて洗える(手洗い)
  • ヘッドサポートは5段階で高さ調整可能
  • ドリンクホルダー付き
  • 対象年齢:3歳~11歳

第1位

シェアする Facebook Twitter Pinterest 数量: カートに入れる 1-Click 注文を有効にしてください 來山 大貴 - 905-0011‌ にお届け ほしい物リストに追加する バーチャルダッシュに追加する こちらからもご購入いただけます カートに入れる ¥ 6,880 + 関東への配送料無料 発売元: チャイルドヴィーイクルズ カートに入れる ¥ 7,980 + 関東への配送料無料 発売元: 赤ちゃんデパートマツナカ ★土日、祝日も営業しております ! 11の新品/中古品の出品を見る : ¥ 5,980より この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する 広告のフィードバック ビデオ GRACO (グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR 3歳頃からのロングユース仕様 (収納式カップホルダー付き) 67170 画像にマウスを合わせると拡大されます GRACO (グレコ) ジュニアシート

コスパ最強で僕が購入したグレコのジュニアシートです。リクライニング可能で、シートベルトの高さ調整も6段階あり子供の体にフィットするよう設計されています。どれがいいか決めれない人はこれを買えば間違いなしです。

つけ方も座席に置くだけの簡単設計!

カラーバリエーションやキャラクターものも豊富にラインアップ。

現在こどもは4歳10か月ですが毎日使ってもヘタレることなし。

  • ドリンクホルダーが収納できるのでどんな車にも対応
  • ヘッドレストは6段階、肘置きも2段階で調整可能
  • 40%割引で安価
  • 対象年齢:3歳~11歳
MEMO
こちらはAmazonベビー・マタニティスタンプカードの対象商品です

「背もたれなし」のおすすめジュニアシート

第3位

背もたれなしのジュニアシートの中では高級なタイプです。通気性抜群のシートで長時間のドライブも安心。肩ベルトのフィット感を高める調整機能もあります。

  • 取り外し可能なドリンクホルダー付き
  • 通気性抜群でムレ防止
  • 対象:体重15㎏~36㎏
MEMO
こちらはAmazonベビー・マタニティスタンプカードの対象商品です

第2位

リーマン ジュニアシート

僕が購入したモデルです。座席に置くだけのシンプルタイプです。計量でクッション性に優れた素材が使われているブースターシートです。持ち運びも簡単で、シートベルトの装着も簡単。

  • カラーバリエーションあり
  • 安価
  • 対象年齢:3歳~10歳
MEMO
こちらはAmazonベビー・マタニティスタンプカードの対象商品です

第1位

シェアする Facebook Twitter Pinterest 数量: カートに入れる 1-Click 注文を有効にしてください 來山 大貴 - 905-0011‌ にお届け ほしい物リストに追加する バーチャルダッシュに追加する こちらからもご購入いただけます 新品の出品:3¥ 3,577より この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する 広告のフィードバック 画像にマウスを合わせると拡大されます GRACO (グレコ) ディズニー

背もたれありと同様、グレコのブースターシートを1位にさせていただきました。

ちなみに、背もたれありで1位に選んだジュニアシートの背もたれを外したのが、こちらの商品になります。

収納式のドリンクホルダーが飲み物だけでなくオモチャいれとしても活躍。また、ラプンツェルやはたらくくるまなど、子どもの好きなキャラクターのシートカバー付も販売されています。

収納式のドリンクホルダーや調節可能な大きな肘置きがあるのがありがたいですよ。

  • シートは丸洗い可能(手洗い)
  • 肩ベルト調整クリップ付き
  • 対象年齢:3歳~11歳
MEMO
こちらはAmazonベビー・マタニティスタンプカードの対象商品です

まとめ

我が家は車を2台所有していますので、背もたれあり・なしを、遠出するときや、普段使いなどで使い分けています。

子供が嫌がるからと言って、膝の上で対応していると万が一の事故の時には大変危険ですので、近場でも必ずジュニアシートは着用させましょうね。

嫌がるようでしたら、以下の記事を参考に子供のチャイルドシート嫌いを克服しましょう。

関連記事子供がチャイルドシートを嫌がる時のおすすめ対策|3日で効果がでる方法!

4 Comments

franzneko131

初めまして。ケッコンが遅かったため、カンレキにして2歳10ヶ月の娘と8ヶ月の息子の父でございます。育児ってほんとたいへんですね。ケーザイはもちろんですが、日々「どうしたらいいのかな〜?」と悩むことが多いです(小さいコトがけっこう多いです)。で、現在レンタルしているジュニアシート( 日本育児 トラベルベストECプラス ブラックボーダー)がとても使いにくいので別のを選んでるんですが、ピンキリたくさんあってホゲホゲしてます。そんなときに子育てイルカさんのようなサイトがあるととってもありがたいです。で、ジュニアシートで第Ⅰ位におしていらっしゃるグレコは「とっても安いし、こんなんでいいんでないの?」とは思うのですが現物をみると、まあ、なんといいますか安っぽくて、それはいいとしても座る部分のクッションがあまりに薄くて「うーむ」と思っております。長時間の移動はほぼないし、クッション敷けばいいんでしょうが、うーん、あんまりかなあ。などと日々ナヤンでおります。

返信する
子育てイルカ

franzneko131 さま
コメントありがとうございます。僕も、日本育児をレンタルしましたが、おっしゃる通り少し使いにくさがありました。
グレコは少し硬めですが、基本的には車の座席のクッションがあるので、あまり柔らかすぎるジュニアシートだと二重にクッションが効いてしまいます。
基本的に長距離の移動がないのなら、グレコでも十分だと思います。もちろん長距離移動では適度に休憩すれば問題なしです。

返信する
franzneko131

おー、日本育児をレンタルされましたか。そうなんですよね。ベルトのバックルってんですか、カチャッとはめるところがとってもやりにくい(取り回しがヘタなだけかな?)し、左右のホールドがほぼないので眠ってしまうと体がくの字状態に(太もものところだけしっかりホールドしているのでくるしいだろうなあ)倒れてしまう、のです。
>基本的には車の座席のクッションがあるので、あまり柔らかすぎるジュニアシートだと>二重にクッションが効いてしまいます。
なーるほど、これは実際に使ってみないとわからないことですよね。ありがたい〜。もうAmazonですげえ安いので買ってしまうかなあ。うーん、ナヤムなあ(^_^;)
にしても、ベビーカー、ベビーシート、チャイルドシート、何種類か使ってみたのですが、なあんでバックルの部分(あの、左右の肩から回してきて真ん中であわせるヤツ)、パズルみたいなつくりなんでしょうね。あ、でも下の子用(8ヶ月)にレンタルしたストリティフィックスはやりやすいです(あ、日本育児じゃ〜ん)(^_^)/

返信する
子育てイルカ

franzneko131 様
お子様のために、あっちがいい、こっちがいいと悩んでいるお姿が目に浮かびます。一才ごろのチャイルドシートはどうしてもホールド感がなくなってきますから、寝ちゃうとどうしても態勢が悪くなりますよね。シートを倒しても使えるタイプもあるので、車乗るとすぐ寝ちゃう子なら、そっちがいいかもしれませんね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)