子育てイルカが笛を吹く

水族館の中の人が子育て,動物,水族館,iPhone,GoPro,ライフスタイルを発信するブログメディア

自転車用おすすめGoProマウント!ハンドルバーやヘルメットに固定して車載動画を撮影できる

f:id:kosodateiruka:20170312142113j:plain

ロードバイクやマウンテンバイクなどに乗っている人なら、サイクリング先のきれいな風景を撮影したいと考えたことがあるのではないでしょうか?

そんな時に便利なのがアクションカムなのですが、近頃は自転車乗りの人たちでも「GoPro(ゴープロ)を持っている人がとても増えてきています。

そこで今日は、自転車での車載映像をGoProで撮影しようしたときに便利なマウントアクセサリーを紹介したいと思います。お子様の自転車デビューやストライダーの撮影にもおすすめですよ。

自転車用マウントの取り付け方法

自転車に乗りながらGoProで撮影しようと思ったら、マウントを固定する方法は3つあります

  マウントの取り付け方法
  1. 車体マウント:自転車の車体に固定する
  2. ヘルメットマウント:ヘルメットに固定する
  3. ボディマウント:自分の体に固定する

 

それぞれメリット・デメリットがあるので詳しく解説していきます。

1、自転車に固定する車体マウント

f:id:kosodateiruka:20170312132750j:plain

マウントを使って車体にGoProを取り付ける方法です。ハンドルバーに取り付ける方が多いです。集団でサイクリングに行く際にシートポストで後方を撮影してもおもしろい映像が撮影できます。

メリット
  • GoProの取り外しや操作が簡単
  • 自撮りができる
  • 固定場所によっては斬新な映像が撮影できる
デメリット
  • 振動に敏感でアスファルト走行でも画面が小刻みに揺れる
  • ハンドルが映らないので風景のみで映像がさみしい
ハンドルバーにGoProを固定したときの映像

2、ヘルメットに固定するヘルメットマウント

f:id:kosodateiruka:20170312132800j:plain

マウントを使ってヘルメットにGoProを取り付ける方法です。高さもあるので開放感がある映像が撮影できます。また自分の目線の先が撮影できるため、撮りたいものを瞬時に撮影することができます。

メリット
  • 見たままの主観映像が撮影できる
  • ブレが少ない
デメリット
  • 取り付ける場所によってヘルメットが重く感じる
  • ボタンの押し忘れに気づかない時がある
  • 見た目が目立つ
ヘルメットにGoProを固定したときの映像

3、自分の体に固定するボディマウント

f:id:kosodateiruka:20170312133413j:plain

マウントを使ってGoProを胸や肩に固定する方法です。ハンドルを操作する手元が映るため臨場感のある映像が撮影できます。またブレが非常に少ないです。

メリット
  • ブレが少ない
  • 胸につける場合は音声を拾いやすい
  • ハンドル操作をする手元が映り込み映像に臨場感がある
デメリット
  • ベースマウントがついているハーネスの着脱が面倒
  • 前傾姿勢をとると映像が撮れない
胸にGoProを固定したときの映像

マウント方法まとめ 

 車体ヘルメットボディ
振動・ブレ ×
取り外し
操作性
見た目 ×
映像の臨場感

 

自転車乗りにおすすめするGoPro用マウント

f:id:kosodateiruka:20170312151110j:plain

車体マウントのおすすめ

1、バー/ポールマウント

振動が最小限抑えられる構造となっており、カメラの揺れを抑えてくれます。そのため安物に比べ安定感は抜群で、脱落や破損の心配はありません。

Point!
  • 22.2~35㎜のハンドルバーやフレーム、シートポストに取り付け可能
  • 16か所に即座に固定でき360℃撮影可能
  • 丈夫で頑丈

 

※正規品が高価すぎるという方は互換品の「REC-MOUNTS ハンドルバーマウント」がおすすめです。

2、シートレールマウント

シート下に取り付けることができ、後ろ向きの映像が撮影できます。

Point!
  • アルミ製で超軽量
  • 六角4㎜(付属)で取り付け
  • シートレールが2本あれば取り付け可能(ほとんどのロードバイクは可)

 

ヘルメットマウント

1、粘着シート

シールによってヘルメットに貼り付ける方法です。フラットとカーブの両方があります。

Point!
  • 粘着力が非常に高い
  • 通気口のあるヘルメットには装着できない
  • ドライヤーで温めれば取り外しできる(一度きり)

 

2、ベルト式ストラップマウント

通気口のあるヘルメットにストラップで装着できるマウントです。調整できるストラップのためフリーサイズとなっています。

Point!
  • 取り付け簡単
  • 激しく動いても安定感あり
  • シールと違ってヘルメット変えても使える

 

ボディマウント

1、チェストハーネス

見た目とは違って振動が軽減され、臨場感のある映像が撮影できます。HERO5の場合は音声も拾いやすく、サイクリング中の音声も風切り音に負けず拾ってくれます。

Point!
  • 操作が簡単
  • 振動に強くブレが少ない
  • 着脱が面倒

 

2、ショルダーハーネス

より目線に近くなり臨場感のある映像が撮影できるのがショルダーマウントです。チェストに比べると振動はありますが、角度調整ができるので前傾姿勢でも撮影できるのが特徴です。

Point!
  • 前傾姿勢でも撮影可能
  • 臨場感あり
  • 片側しか撮影できない

 

まとめ

いかがでしたか? サイクリングの車載動画が撮影できるようになると、お出かけするのが本当に楽しくなりますよ。