読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

【両親30代】初出産のお祝いで実際にもらってうれしかったプレゼント!人気はやっぱり消耗品と商品券

子育て 子育て-おすすめアイテム

f:id:kosodateiruka:20161125072937p:plain

出産祝いって何を贈ればいいのかすごく悩みますよね?

特に自分に子供がいなかったり、相手と年齢が離れていたり、好みも知らない!ってなると、何をあげれば喜ばれるのかわからない方も多いのではないでしょうか。また贈り方も注意しなければ、せっかくの贈り物が相手にとっては嫌なものになってしまいます。

そこで今回は、出産祝いで注意することと、僕たち夫婦(僕32妻34)が実際にいただいたプレゼントの中から、本当にうれしかったものを紹介します。

また正直これは…と困ってしまったものも一緒に紹介したいと思います。

これから初めて出産祝いを贈る予定の方には特におすすめの内容となっています!これをみておけば出産祝い選びで失敗することはないと思いますよ。

出産祝い贈るタイミングとマナー

まずは出産祝いを贈るタイミングとマナーについて解説します。知らずに失礼なことをしてしまっては、せっかくの贈り物も台無しになってしまいます。プレゼントの中身よりも重要なことなので確認しておきましょう。

出産祝いを贈るタイミングについて

出産祝いを贈るタイミングとして重要なことは…

  • 出産の報告
  • 母子ともに健康状態に問題ないか

を確認してから贈るようにしましょう。

出産前に贈ると万が一、死産や何らかのアクシデントが起きた場合に、せっかくの贈り物が両親にとっては悲しみの存在となってしまいます。必ず出産の報告を受けてから贈りましょう。

一般的には産後3日~1か月以内が通常ですが、親やよほど仲の良い間柄でなければ産後1週間以上は待ったほうが良いでしょう。母子ともに健康状態に問題なければ5日ほどで退院となりますので、それまでは待つほうが良いでしょう。

出産祝いを贈るときのマナー

出産祝いを贈る方法として以下のものがあります。

  • 自宅に配送
  • 病院へ訪問
  • 自宅へ訪問

この中では「自宅に配送」がベストです。

産後の母親やそのご家族は育児で非常に慌ただしい生活をおくることになります。もちろんお化粧をする暇もなければ、部屋の片付けもできません。

そんな時にいくら前もって訪問することを伝えておいても、母親にとっては大きな負担となります。

また新生児に風邪や病気をうつしてもいけませんので、よほどの親しい間柄でなければ、直接会ってプレゼントすることは避けたほうが良いでしょう。

直接会って渡す場合は以下のことには必ず気を付けておきましょう。

  • 自分の健康状態が万全である
  • 幼児を連れて行かない(体調が良くても✖)
  • 訪問する時間を伝えておく(時間厳守)
  • 誰と一緒に行くかを伝えておく(当日変更は✖)
  • 長居はしない

出産祝いの相場

出産祝いを贈る際に最も悩むのが「相場」です。

贈る相手との年齢や関係によっても相場は違ってきます。それぞれの平均的な相場は以下の通りです。

  • 兄弟・親族:1~3万円
  • 親友:1万円
  • 贈る相手が部下:1万円
  • 贈る相手が上司:3000円~5000円
  • 知人・ご近所:3000円~5000円

 現金で送る場合は4または9がつく数字は縁起が悪いとされていますので注意が必要です。友人4人で1万円ずつ出し合う場合は3万円+プレゼントなどで工夫しましょう。

高価すぎるものはかえって相手に気を使わせてしまったり、負担になることがあるので気をつけましょう。

もらってうれしい出産祝い

ここからは私が実際にもらった出産祝いのなかで、本当にもらってうれしかったものを紹介します。また他の人と贈ったものが重なっても大丈夫なものを選んでみました。

現金・商品券

絶対にもらって困るものではありませんね。相手の好みがわからない場合に最適なプレゼントです。

ただし、現金の場合は手渡し以外はあまり好ましくないとされていますので、どちらかというと商品券がおすすめです。全国どこでも使えるクレジットカード系の商品券(JCBなど)が良いでしょう。また私がおすすめしたいのは「Amazonのギフト券」です。外出することなくインターネットで使うことができるので、近年の若者には非常に人気がある贈り物です。また贈る側も包装などをネットで簡単にできるので大変便利です。

バスタオル

産まれたばかりの赤ちゃんは一日に何枚もバスタオルを使います。お風呂ではもちろん布団や枕の代わりにすることもあるので、バスタオルは何枚あっても困りません。最近では名前入りで贈ることもできますが、フルネームはあまり好まれていません。イニシャルのワンポイントぐらいがおすすめです。名前は絶対に間違わないように注意しましょう。

おむつケーキ

近年大変人気があるおむつケーキ。インターネットなどで簡単に注文から配送まで行ってくれます。また金額設定も細かくあるので、相手との関係によって選びやすいのも特徴です。ただし注意しなければいけない点もあります。

  • XSやSサイズの小さいものを選んではいけない(生まれたばかりの子供でもXSサイズが入らないことがあります)
  • 1枚ずつ袋に入っているモノを選ぶ(衛生状態が良いかどうか)

以上2点を確認の上で注文するとよいでしょう。

おしりふき

おしりふきも何枚あっても困りません。赤ちゃんのおしりをふくだけでなく、手をふいたり、食べこぼしをふいたりと用途はいろいろあります。余計な成分が入っていない水99.9%のものがおすすめです。安い割に大きさがあるのでラッピングすれば高価に見えるところもオススメです。

空気清浄器

私がもらって一番うれしかったものです。できれば家の各部屋に置きたいと思っていたので非常にありがたかったです。少し高価なものになるので友人や同僚と共同でプレゼントするのに最適だと思います。

絵本セット

値段が安いですが非常に喜ばれるのが絵本セットです。金額も調整しやすいです。別記事の「子供が2歳になったので、今までに買った絵本の中から人気50冊を選んでみた」では、私が購入してきたおすすめの絵本を紹介していますので参考にしてみてはいかがでしょうか?

カタログギフト

最近は出産祝い専用のカタログギフトも販売されています。相場から選びやすいのと、相手にほしいものを選んでもらいえるため、絶対に喜ばれること間違いなしですよね。

正直これは…と困った出産祝い

いただいといて文句をいうのもなんですが、正直これはほとんど使わなかったし、置いておいても邪魔になるし、捨てようにも捨てれないしというものを紹介します。これらをあげたい場合は事前に相手に相談してみたほうが良いでしょう。

よだれかけ(スタイ)

我が家ではほとんど使いませんでした。まず首の回りにつけられるものを嫌がる。そしてほとんどよだれを垂らすことがなかった。

小さいサイズのオムツ

娘の出生時の体重は3000gなかったのですが、太ももが太すぎたのか最初からXS~Sサイズのオムツは入りませんでした。

哺乳瓶

ママの母乳の出が良かったので全く使いませんでした。また乳首部分もママの好みがあるので、哺乳瓶はあまり喜ばれないでしょう。

ブランケット

値段も手ごろなため数人からいただいたのですが…。赤ちゃんの布団は毛布より軽くて通気性のある羽毛の布団のほうが快適に眠ってくれます。

帽子・手袋・靴下

確かにかわいらしいものもたくさん売っていますし、コスプレ感覚でかぶらせてみたい気持ちもわかりますが、嫌がらずに帽子をかぶれる赤ちゃんは少ないと思います。同様な理由で手袋・靴下もたくさんもらいましたが全く使いませんでした。というか、娘が嫌がってつけてくれませんでした。

大きなもの

ベビーベッドや滑り台などは部屋の大きさなどもありますので、必ず事前に相談してから贈るようにしましょう。正直迷惑なレベルの贈りものです。

ベビー服

ベビー服は完全にママの好みにより好き嫌いが出てしまいます。相手の好きなキャラクターなどを知っていれば贈っても良いと思いますが、それでなければ、どんなにかわいいと思っているものでも気に入ってもらいえないことを覚悟しておかなければなりません。

最後に

いかがでしたか?せっかくのプレゼントですから、自分の贈りたいものではなく、相手が喜んでもらえるものを選びたいですね。ただプレゼントを贈るだけでなくメッセージカードやメールで一言添えることも忘れずに!