【2017年】うますぎる「通販できる焼きイモ」5選|子供のおやつにオススメ

この冷え込んだ寒い時期に食べたくなるスイーツと言えば、「焼き芋」ですよね。あっつあつに焼かれたサツマイモを、ホクホクと湯気を上げながら口の中に放り込むとテンション上がりますよね。

そこで今日は、焼き芋をこよなく愛する僕が、実際にお取り寄せして食べた「冷凍焼き芋」の中から、思わずリピート買いしたおすすめ商品を紹介したいと思います。冷凍焼き芋はレンジでチンするだけで簡単にアツアツが食べれますし、夏は冷たいままアイスのように食べることもできますよ。

お取り寄せできる焼き芋おすすめランキング

第5位 大分県 甘太くん

紅はるかを阿蘇山の火山灰たっぷりの土の中で育て、収穫後40日間貯蔵することで甘みを増加させた大分の独自ブランド芋「甘太くん」。糖度17度以上の芋だけを選別し、専用の石窯で焼くとその糖度は50度を超えます。しっとりした味わいで、僕が焼き芋にハマるきっかけとなった芋です。

  • 糖度:50度
  • 価格:2260円/1㎏(送料込)
  • 干しイモ甘太くんも美味しいです

第4位 茨城県 シルクスイート

焼き芋界にすい星のごとく現れた大型新人!早くも人気急上昇中の品種です。絹のような舌ざわりから「シルクスイート」と名付けられ、繊維質少ないため非常に甘いのが特徴です。砂糖も付けていないのにびっくりする甘さ。

  • 糖度:52.4度
  • 価格:3160円/1kg(送料込)
  • 3歳児にちょうど良い大きさです

第3位 鹿児島県 紅はるか

水分多めのしっとり系の火付け役となったのが安納芋ですが、それのさらに上をいく甘さを実現させたのがこちらの「紅はるか」です。安納芋よりも「はるかに」あまいことで名づけられた品種で、その糖度はなんと50度以上。しかしカロリーはチョコレートの1/3以下です。スイートポテトのような味わいで、一度は食べていただきたいしっとり、ねっとり系の焼き芋です。僕には少し甘すぎですが、女性に人気のある品種です。

  • 糖度:50度
  • 価格:1680円/1㎏(送料込)
  • 蜜がたっぷりだけど低カロリー
  • 1月中旬より発送

第2位 鹿児島県 安納芋

鹿児島産の安納芋で作られた焼き芋です。とても人気のある品種で、モッチモチでクリーミーな味わいです。収穫後の品質管理がとても難しい種類の芋ですが、専用の石蔵で約2か月熟成します。そして桜島の溶岩プレートでじっくり時間をかけて焼くことで、とっても甘い焼き芋が完成します。

焼いてもよし、冷凍のままアイスのように食べてもおいしい焼き芋です。

  • 糖度:40度
  • 品種:安納芋
  • 価格:2890円/1kg(送料込)
  • 芋の本場鹿児島が生んだ最高傑作

第1位 長崎県 ごと芋

長崎五島で生まれた石焼されるためだけに作られた芋です。EMぼかし肥料を使いわざわざ土壌作りだけに丸1年をかける徹底ぶり。さらに収穫した芋は甘くするために40日間の熟成期間があります。そして最後の行程である「石焼き」では職人がつきっきりで焼いていきます。

芋を割る前から蜜がにじみ出てくるぐらい水分たっぷりのジューシーな石焼き芋です。我が家の娘も丸ごと食べちゃうぐらいヤミツキになっています。

  • 糖度:35度
  • 品種:ごと芋
  • 価格:2720円/1kg(送料込み)
  • 人気殺到で入手困難になってきています

まとめ

いかがでしたか? どれを購入してよいか迷ってしまいますよね。そんな方は、人気3品種の「食べ比べセット」も販売されているので、まずはそちらをお試しに購入してみるのもいいかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)