≫ 【2018年版】買ってよかったモノ20 選

ストライダーを高速化するためのカスタム講座|初心者でも簡単にできる改造箇所と方法を教える

カスタムされたストライダー

ストライダーを始めると、もっと速く走りたい!大会で勝ちたい!と車体をカスタム(改造)したくなりますよね。

大会で優勝を狙おうとすると、買った時のノーマル状態の車体では難しく、もはやカスタムすることが当たり前となっています。

そこでこの記事では、ストライダーをもっと速く走りたい人のために、初心者でも簡単にできるカスタム方法をわかりやすく解説します。

レース大会での入賞を狙ったり、個性的なストライダーを作ってみたい方はぜひ参考にしてくださいね。

ストライダーの高速化するカスタムについて

ストライダーの大会で上位入賞するために施すカスタムは、主に以下の3つ場所になります。

カスタムの場所
  1. ハンドル周り
  2. サドル(座るところ)
  3. タイヤ・ホイール

この3つの場所をカスタムすることになります。

どの場所からカスタムを始めてもいいのですが、3歳以上の子供の場合はハンドル周りのカスタムを先にやるのがいいでしょう。(理由は後述)

それでは、それぞれの場所のカスタム方法を紹介します。

ストライダーのハンドルをカスタムする

ストライダーハンドルカスタム

まず、最初におすすめするのが、ハンドル周りをカスタムすることです。

特に、お子様が3歳以上で体が大きくなり、走り方が上手くなってきている方におすすめです。

というのも、純正のハンドルだと、どうしても体が起き上がった姿勢になるため、スピードが出しづらくなります。

また、純正ハンドルは操作性も悪く、ハンドルがグラグラしてしまうことが多いです。

ハンドル周りのカスタムは、ハンドルの位置を前に移動させることです。

ハンドルの位置を前に移動させるだけで、

  • 前傾姿勢になりスピードが出しやすくなる
  • 適切な場所にハンドルがあるため操作性が増す

ようになります。

2歳までは純正ハンドルで優勝している子供もいますが、3歳以上になるとハンドルをカスタムしていなければ決勝にも勝ち上がれません。

まず最初にカスタムしておきたい場所の一つがハンドル周りです。

下記の記事でハンドルカスタムについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事ストライダーのハンドルをカスタムする方法|レースで勝つためのハンドル交換

カスタム初心者の場合は、このような簡単にカスタムできるハンドルセットが便利です。

ハンドルをカスタムするのに必要なパーツが全て揃っていますので、ママでも簡単にカスタムできますよ。

ストライダーのサドル(座るところ)をカスタムする

ストライダーのカスタムしたサドル

次にサドルのカスタム方法を紹介します。

サドルのカスタムを「ナロー化」させると言い、サドルを細くすることです。

純正のサドルだと、シート部分に出っ張りがあるため、どうしてもガニ股になったり、大股びらきで走ることになります。

それだと力が分散され、効率よく前に進むことができません。

しかし、サドルを細くすることで足をまっすぐ後ろに蹴れるようになるので、推進力が増すわけです。

純正サドルをバーナーなどで熱して折りまげる方法もありますが、かなりコツがいります。

ナロー化されたサドルの販売もあるので、カスタム初心者には購入することをおすすめします。

ストライダーのタイヤ・ホイールをカスタムする

ストライダーのカスタムタイヤ

もっとも簡単で高速化できるカスタムがタイヤを交換することです。

純正タイヤはEVAという軽量の樹脂素材で作られています。

軽くてパンクしないというメリットがありますが、使っているうちにすぐにすり減り変形してしまいます。

これを通常の自転車で使うようなゴムチューブの入った空気入りのゴムタイヤにカスタムすることで、スピードアップすることができます。

純正タイヤに比べゴムタイヤの方が重くなり、初速が遅かったりブレーキがかけづらくなるのですが、地面との摩擦が少なくなるので、少ない力でストライダーが進むようになります。

3歳ごろからカスタムするのがいいでしょう。

タイヤの交換は大会によっては禁止になっている場合があるので、大会規定に合わせて、EVAタイヤとゴムタイヤを併用していくのがいいでしょう。

まとめ:ストライダーのカスタムは簡単だから挑戦してみよう!

やってみると驚くほど簡単にカスタムできますよ。

ペダルのない自転車のため、軽量化することでもかなり速くなります。お金に余裕のある方は、カーボン製の部品に交換することをおすすめします。

また、紹介したカスタム以外にも、ステッカーを貼ったり、ペイントしたりなど、スピードアップするだけでなく、他人と違ったストライダーに仕上げてみるのも面白いですよ!

関連記事ストライダーで勝つには?速く走るための8つの秘策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)