≫ 【2018年版】買ってよかったモノ20 選

ストライダーのクラシックとスポーツの違いは?全種類を比較しおすすめモデルの選び方を解説

子供に大人気のランニングバイクといえば「ストライダー(STRIDER)」ですよね。

2歳頃から子供の運動神経やバランス感覚を鍛えることができるとあって、世界中で150万台以上も売れている人気商品です。

でも、初めて買う人にとっては、モデルやカラーが多すぎて、どれを買えばいいか迷っちゃいますよね。

そこでこの記事では、ストライダーの購入をお考えの方は必見です。

現在販売されている全モデル(スポーツモデル、クラシックモデル、プロモデル)を徹底比較し、スペックの違いや選び方を解説し、おすすめモデルを紹介します。

イルカ

この記事を読めば、お子様にぴったりのモデルが見つかるよ!

おすすめのストライダー!選ぶならコレ

まず最初に結論から言っておきます。

2018年11月現在、筆者は以下の2つのモデルから選ぶことを強くおすすめします。

結論
  • 2歳から自転車に乗れるようになる5歳頃まで乗れて、売り上げNo1。豊富なカラーリングからお子様に合った色を選びたい人に人気があるのがスポーツモデル
  • 大会に出場し、上位入賞や優勝を本気で目指したいお子様におすすめ。軽量で見た目がかっこよく特別なカラーリングを選びたいって人におすすめなのがプロモデル

公式ショップでの販売台数が多く人気が高いのは圧倒的に「スポーツモデル」です。もちろんスポーツモデルでの大会入賞者はたくさんいますよ。

モデル別に値段をを比較する

2018年度現在の公式ショップ(楽天市場)での価格です。価格は変動する可能性があるので購入時は各自でご確認ください。

モデル名 価格(税込)
クラッシック ¥11,772
スポーツ ¥14,580
プロ ¥22,140
セーブ・ザ・チルドレン ¥15,660
ホンダ コラボ ¥18,144
ハーレーダビッドソン ¥18,144
ST-R ¥98,280

価格の違いは、大まかに比較すると車体の重量、デザイン、限定モデル、付属品の違いです。

モデル別にスペックを比較する

種類が多すぎると、どこに違いがあるのか混乱しますよね。スペックの詳細を比較できる表を作って見ました。

MEMO
セーブ・ザ・チルドレンとHONDAホンダのコラボモデル(限定モデル)はスポーツモデルをベースに作られています。

表は横にスライドできます>>

モデル クラッシック スポーツ プロ ハーレー
車体
重量 2.9kg 3.0kg 2.5kg 3.0kg
価格
(税込)
¥11,772 ¥14,580 ¥22,140 ¥18,144
カラー グリーン
レッド
ブルー
ピンク
グリーン
レッド
ブルー
ピンク
オレンジ
イエロー
ブラック
シルバー ピンクA
ピンクB
対象年齢 1.5~5歳
体重制限 27kgまで
グリップ
直径
 27mm 22mm  22mm 不明
ハンドルバー
素材
 スチール スチール アルミニウム  スチール
高さ調節
範囲
 500~600mm   
固定システム  ホース
クランプ式
クイック
リリース式
 クイック
リリース式
  ホース
クランプ式
ハンドル
バーパット
なし 付属 なし 付属
ホイール
サイズ
 12インチ/210mm
ホイール
素材
プラスチック
タイヤ
素材
 EVAポリマー
ベースサイズ 565mm
シート高の
範囲
 300~
410mm
通常サイズ300~440mm
XLサイズ~520mm
XLシート  なし 付属
シート
素材
プラスチック 軟質製
プラスチック
軟質製
プラスチック
プラスチック
ポスト
素材
スチール
固定システム クイックリリース式

クラシックモデルとスポーツモデルの違い

どちらにしようか一番悩む方が多いのが、クラシックモデルにするか、スポーツモデルにするかだと思います。

結論から言うと、絶対にスポーツモデル」の購入をおすすめします。

スポーツモデルをおすすめする理由
  1. カラーの多さが違う:
    クラシックは全4色に対して、スポーツは全7色ある。
  2. サドルが柔らかい素材:
    クラシックはサドル(座るところ)がプラスチック製で長時間座るとお尻が痛くなりますが、スポーツモデルは柔らかい素材なので、お尻が痛くなりません。衝撃も吸収します。
  3. グリップが細い:
    クラシックモデルはグリップが太く衝撃は吸収しやすいのですが、子供の手には少し太すぎて握りにくいです。スポーツモデルは22mmで2~3才のお子様でも握りやすいです。
  4. ハンドルの高さ調節が簡単:
    スポーツモデルは工具無しでハンドルの高さ調節ができます。
  5. XLロングシートポストが付属して長い間楽しめる:
    スポーツモデルには2種類の長さが違うサドルが付属します。2~3歳は通常サイズ、4才ごろからはXLサイズのシートポストを使うようになるので、長い間乗る予定の方はスポーツモデルがおすすめ。後から買うこともできますが割高です。

スポーツモデルとプロモデルの違い

大会で優勝や上位入賞を目指すお子様は「プロモデル」の購入をおすすめします。練習は重いスポーツモデルで行い、大会だけ軽いプロモデルを使っているキッズもいます。

大きく違うところまとめ
  1. 重量が違う:
    スポーツはスチール製で3.0kg(ハンドルバーカバー込み)ありますが、プロモデルはアルミ製で2.5kgです。たったの0.4kgの違いですが、持ってみると全然違います。
  2. 耐久性がある:
    スポーツはスチール製ですが、プロはアルミ製になります。そのためサビに強く、剛性があります。
  3. 見た目がかっこいい:
    プロモデルはシルバーの特別色で、持っている人も少なくとにかくかっこいいです。タイヤホイールもプロモデルはホワイトです。

ストライダー人気ランキング(モデル&カラー)

楽天市場の公式ショップの売り上げ台数やレビュー数より人気色と人気モデルを調べてみました。

ランキング モデル(カラー)
第1位 スポーツモデル
(ブラック)
第2位 セーブ・ザ・チルドレン
(ホワイト)
第3位 スポーツモデル
(レッド)
第4位 クラシックモデル
(レッド)
第5位 スポーツモデル
(イエロー)
第6位 スポーツモデル
(オレンジ)
第7位 スポーツモデル
(ブルー)
第8 スポーツモデル
(ピンク)
第9位 スポーツモデル
(グリーン)
第10位 クラシックモデル
(ブルー)

人気があるのはやっぱり「スポーツモデル」ですね。

カラーは人気色を選ぶか、他の人とカブらない色を選ぶか悩みますね!

我が家が購入したモデル

長女に購入すたモデルは「スポーツモデル(オレンジ)」です。

購入した理由
  1. かわいい色がスポーツモデルにしかなかった
  2. 子供がオレンジを選んだ
  3. 楽しんで乗れるよう、乗りやすいグリップやサドルにした
  4. 購入前から大会には出場予定だが、あくまでも公園で遊ぶことがメイン
  5. 自転車に乗れるようになるまでは買い換えたくなかった

こちらの記事「【感想】ストライダーを買ってよかったよ。ペダル無し自転車買うなら絶対おすすめ」で購入した時の様子をレビューしていますので、よかったら見ていってください。

ストライダーとは?【レビュー】ストライダーを3年使ってわかったメリット・デメリット!評判通り子供の足が速くなったよ

ストライダーはどこで買えば安い?

ストライダーは基本的は割引価格での販売はありません。

安く販売されているものは、偽物や並行輸入品である可能性が高くなります。これらの商品は規格や安全保障がないため、間違って購入しないように注意が必要です。

楽天市場の公式ショップでの購入がおすすめ

ストライダーの購入は、ネットでの購入なら楽天市場の公式ショップ、実際の販売店ならムラサキスポーツでの購入がおすすめ。実店舗の場合はお好みのカラーや、プロモデルの在庫がない場合がありますので、ネットでの購入が手元に届くのが早いです。

スポーツモデル

プロモデル

クラシックモデル

ハーレーダビッドソンモデル

セーブザチルドレンモデル

ホンダモデル

数年に一度、限定品などの販売もありますが、それは公式ショップでしか販売されていません。

ストライダーの限定カラー限定発売のストライダーがカッコいい!他の人が持っていないカラーがオシャレでかわいい!

まとめ

長々と書いてきましたが、ストライダーを選ぶ時のポイントまとめです。

まとめ

ストライダーは子供や孫の誕生日、クリスマスプレゼントにピッタリの商品です。少し高価ですが長い間遊べますし、大会に出場するとたくさんの思い出が子供と作れますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)