≫ 【2018年版】買ってよかったモノ20 選

【スマホ専用】自撮り棒の選び方とおすすめランキング!【全機種対応iPhone/Android】

おすすめ自撮り棒

旅行先で家族やカップルで記念写真を撮りたいけど通りすがりの誰かしらにお願いするのって緊張しませんか? しかも、勇気をだして頼んでみたものの、撮ってもらった写真はあまりうまく撮れていない。でももう一度頼むのは…ってことあるますよね。

そんな時に大活躍してくれるのが自撮り棒(セルカ棒)です。一度はご覧になったことありますよね。スマホに取り付けてニョキニョキ伸ばして、自分で写真を撮れるやつです。

自撮り棒がほしいけど、ドンキホーテや家電量販店でみても種類が多すぎて、どれを購入してよいかわからないって方いますよね。僕もそうでした。

そんな方はこの記事を見れば一発解決!

購入するときの選び方と、僕が実際に買って使ってみたものの中から、おすすめの自撮り棒をランキング形式で紹介したいとおもいます。

ランキングをすぐ見る

自撮り棒を購入するときの選び方

自撮り棒の種類を知ろう

自撮り棒とは、セルカ棒またはセルフィーと呼ばれ、大きく分けて2つのタイプがあります。それぞれメリットとデメリットがありますので、まずはどのタイプをを購入するか決めておきましょう。

タイプ1 Bluetooth(ブルートゥース)でつなぐ自撮り棒

イルカ

iPhoneなどイヤホンジャックがないスマホは必ずBluetoothタイプを選びましょう

専用のアプリをダウンロードしたり、リモコンを使ってシャッターを押します。

タイプ2 イヤホンジャックでつなぐ自撮り棒

イルカ

こちらが安いですが、イヤホンジャックがない機種が増えていますので、徐々に減少しています

手持ちのスマホのイヤホンジャックに自撮り棒をつなぐだけで簡単に撮影することができます。

360度回転タイプが人気

スマホを固定する部分が回転できるタイプが人気です。安価なものは前後の調節しかできませんが、中には360度自由に角度調整できるものがあります。

重さは150g以下が扱いやすい

重たすぎると、撮影や持ち運びに疲れますよね。重量が200g以下であれば、女性でも扱いやすいでしょう。できれば150g以下がおすすめです。

コンパクトでカバンに入るサイズ

持ち運びする時の携帯性は重要です。かばんにいれても邪魔にならずでっぱりや余計な部品がついていないものを選びましょう。

グリップはゴムがおすすめ

手で握る部分ですね。大きく分けると、スポンジ、ゴム、プラスチックがあります。これは好みがわかれるところです。スポンジタイプはすぐボロボロになるのでやめておいたほうが良いでしょう。

長さは70㎝~90㎝が扱いやすい

最大の長さが70cmもあれば、手を伸ばして使用すれば、全身映り込むことができます(当方175cm)。90㎝もあれば3人は全身移りこむことができます。長すぎると扱いが難しいので、女性であれば100cm以上を扱うのは難しいでしょう。

ぐらつきのない安定感なものがベスト

自撮り棒の質は値段に比例します。安すぎるものはすぐに錆びたり、折れたりするので注意しましょう。1000円以下は不良品が多いためおススメしません。

安価なものだと、連結部分がガタガタしてしまい、映像がぶれやすくなってしまします。これは値段に比例するところがあるので、あまり安いものは注意が必要です。

選び方まとめ
  1. 自撮り棒には有線と無線がある
  2. 1,000円以下は買うな
  3. 重量は150g以下がオススメ
  4. グリップはゴム製がGood
  5. 長さは70~90㎝が扱いやすい
  6. 安定感のあるほうがベスト

おすすめスマホ用「自撮り棒」ランキング

第1位 無線でシンプル設計「TaoTronics」

自撮り棒

軽さといいコンパクトさといい自撮り棒の中では一番おすすめできるモデルです。シンプルな設計で非常に人気のある機種です。数あるスマホ自撮り棒の中ではコスパ最強の商品です。カラーバリエーションがないのが欠点でしょうか。

  • タイプ:無線
  • 最長:73.5㎝
  • 充電不要
  • アングル自由自在

第2位 有線と無線の2way仕様「Bodyguard 」

有線も無線も使える2WAYタイプです。おしゃれかつ機能的にも優れているのがこのモデル。収納時も25cmと非常に小さくすることができる。バックミラーや360度回転など、女性に人気の機能が満載。

  • タイプ:有線・無線
  • 最長:95㎝
  • 無線ボタン付きで10mまで遠隔可能
  • ミニ三脚つき

第3位 バッテリーが超長持ち「BlitzWolf」

BlitzWolf自撮り棒

バッテリーが非常に長持ちする無線タイプです。多機能で、ミニ三脚、分離可能なワイヤレスリモコンもついています。Amazonでランキング上位の人気機種です。

  • タイプ:Bluetooth(無線)
  • 重量:148g
  • 最長:67.9㎝
  • 充電満タンでスタンバイだけなら3ヶ月使用可能

第4位 ズームが手元でできる「BlitzWolf 」

3位でも紹介した自撮り棒の違うタイプです。手元でシャッターだけでなく、ズーム機能やカメラの切り替えなどができる最新式の自撮り棒です。高機能にもかかわらずアルミニウム合金で非常に軽量。2000円以上と高価ではありますが、今もっとも注目の自撮り棒です。

  • タイプ:Bluetooth(無線)
  • 最長:90㎝
  • 手元でズーム機能があるのは超便利

第5位 安価だけで多機能「Cyber Cart」

安価ですが耐久性のある自撮り棒で、下部にはミニ三脚も収納されています。三脚撮影用にシャッターボタンも付属しているため、旅行先での自撮りで大活躍。

  • タイプ:Bluetooth(無線)
  • 最長:85㎝
  • 5.5インチまでのスマホに対応

最後に

いかがでしたか。自撮り棒は商業施設などでは取り扱いが危険なため使用を禁止しているところがあります。マナーを守って使用しましょう。

補助ライトがあると、光量が増え、よりキレイに自撮りが撮れますよ!

参考 女性に大人気!「LED自撮りライト」の選び方とおすすめベスト3!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)