【激安】沖縄県産マンゴーを安く買うための4つの方法!実は宮崎産よりおいしい!?

南国フルーツのひとつである「マンゴー」。一昔前は海外に行かなければ食べれなかったのですが、近年は沖縄や宮崎、鹿児島でも生産されるようになり身近な果物となってきましたね。とってもなめらかな口当たりで、甘い果汁もたっぷり。

私も沖縄で初めて食べて以来、行ったときには必ずお土産で、行けないときはお取り寄せするぐらい大好きな果物です。

マンゴーって高価すぎて一般市民には手が出ないのでは?と思われがちですが、そんなことは決してありません。1個1万円以上で販売されているマンゴーも存在するのは確かです。しかし決してそればかりではありません。また宮崎や沖縄まで行かなくても、お手頃な価格でお取り寄せすることもできます。そこで今回は、高価なマンゴーを安く購入する方法を紹介したいと思います。

宮崎産と沖縄産はどちらがおいしいの?

これはもう答えから言わしてもらいます。

味は一緒!」です。どんなに食べ比べてみても絶対に違いはありません。しかし、値段は全然違います。

宮崎マンゴーの相場価格は1Kgあたり、9,500円~15,000円です。それに対して、沖縄マンゴーの相場価格は1Kgあたり、5,000円~9,000円です。

では、味が一緒なのになぜここまで値段の違いがあるのでしょうか?

品種が違うんだろ?と思われがちですが、どちらも「アーウィン種」というアップルマンゴーと呼ばれる品種で全く同じです。

同じ品種でも甘さが違うのでは?と突っ込みがきそうですが、糖度はどちらも15~16度が普通です。中には20度を超えるものを生産する農家もありますが…。

では、味も品種も糖度も一緒なのに。ここまで値段が違うのでしょうか?

宮崎マンゴーと沖縄マンゴーの違いは?

「ブランド」です。たったそれだけ。

味でも、形でも、色でもなくブランド力の違いだけです。宮崎県は「太陽のタマゴ」という名のマンゴーを販売しております。数年前に東国原前宮崎県知事の効果的な宣伝により一気に宮崎マンゴーは有名になりました。一方、沖縄県は生産量は宮崎の1.5倍もあるにもかかわらず、宣伝が効果的でないために宮崎マンゴーの陰に隠れがちとなっております。どちらも同じ味でおいしいのであれば、当然安いほうを購入しますよね。私は宮崎マンゴーは買いません。宮崎マンゴーを1個買うなら沖縄マンゴーを2個買えるぐらい値段に差があるときもあります。私は買うなら絶対に沖縄マンゴーを選ぶようにしています。

沖縄県産マンゴーを安く買う4つの方法

それではここからは、沖縄県のマンゴーをできるだけ安く購入する方法を紹介したいと思います。

1、生産農家から直接購入する

これは他の果物や魚などでも言えることですが、農家と私たち消費者の間に仲介業者が増えれば増えるだけ手数料が加算して購入代金は上がっていきます。当然ですよね。商売ですから。ですので、直接農家から購入するとかなり安く購入することができます。

僕は沖縄に行ったときによく行くマンゴー農園はこちらです。

2、「訳ありマンゴー」を購入する

沖縄マンゴーの多くの場合は高級品から以下の通りにランク分けされています。

特秀品(Sランク)>秀品(Aランク)>優品(Bランク)>良品(Cランク)>訳あり(Dランク)です。

私がいつも購入するものは「訳あり」です。訳ありといっても傷があるわけではありません。ただ色が赤く染まっていなかったり、大きさや形が不揃いであることが理由です。味は特秀品と比べても遜色ないです。ですので、自分で購入するものはこの訳ありマンゴーで十分です。身近な友人や親などにお土産にするなら、「良品」にしましょう。大きさや形がそろっています。会社の上司や目上の親せきなどの失礼があったら困るような方には「優品」で十分だと思います。秀品以上は千〇屋で購入するレベルのマンゴーとなってます。

そして秀品以上は高級な桐箱に入っていることが多いですが、訳ありは段ボール箱になっています。箱を食べるわけではないですから。ここは段ボールで十分だと思います。

3、マンゴーは8月に購入するべし!

沖縄マンゴーの収穫時期は6月から8月中旬です。6月は購入希望者が多く比較的値段は高めに設定されていることがあります。しかし収穫時期が終わりに近づくと値段が下がることがあります。8月に入ると値段が2~3割ほど安くなったこともあります。

4、沖縄県に台風が直撃するときはチャンス

マンゴー農家は台風が畑に接近することがわかると収穫を早める場合があります。そうすると「訳あり」が大量に収穫され、タイムセールが行われることがあります。天気予報をチェックして台風直撃そうなときは、タイムセールが行われていないかチェックしてみましょう。

最後に

マンゴーは「ウルシ科」の植物です。そう「漆」のウルシです。人によっては果汁でかぶれ痒くなることがあります。またアレルギーがある方や幼児は十分注意してください。

シーズンは5~8月上旬です。

2 Comments

nemurenai-same

マンゴー愛が、ひしひしと伝わってきました!
マンゴー、まだ買ったことがないので、この夏は手を出してみようかな・・・(^-^)

返信する
kosodateiruka

ねむれないさめさん
ぜひ一度食べてみて下さい。もう止まらなくなりますよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)