子育てイルカが笛を吹く

水族館の中の人が子育て,動物,水族館,iPhone,GoPro,ライフスタイルを発信するブログメディア

リニューアルオープンした「マリンワールド海ノ中道」に行ってきた!水族館の入場料は?混雑状況は?

2017年4月12日に福岡県にある「マリンワールド海の中道」が半年間の改修工事を終え、グランドオープンしました。

こちらの記事「2017年にオープン・リニューアルする予定の話題の水族館3つ!」でも書きましたが、マリンワールド海の中道は今年最も注目する水族館の一つとあって、早速僕も有休をつかって行ってきましたよ。

ここは以前より「教育」に力を入れている水族館でして、新しく生まれ変わった水族館も子供たちが楽しみながら学べる学習要素たっぷりの水族館でしたよ!

 

マリンワールド海の中道とは?

福岡県福岡市東区にある水族館である。国営公園のとなりにあるため周辺は海に囲まれた自然豊かな場所にあります。

2016年10月より全館休館し、2017年4月12日にリニューアルオープンしました。

マリンワールド海の中道に行ってきた!

オープンしてから1週間ほど経った平日に行ってきました。僕のアクセス方法は博多駅から電車をつかいました。

電車を使えば博多駅からは約30分ほどで「海の中道駅」に到着できます。博多駅からバスでもこれますが、バスだと所要時間は1時間以上かかります。

f:id:kosodateiruka:20170422133946j:plain

いわゆる無人駅です。切符はこの中に入れます。

f:id:kosodateiruka:20170422134035j:plain

歩いて3分で入り口に到着。

f:id:kosodateiruka:20170422133932j:plain

到着したのが、平日の14時ということもあり、チケット売り場は全く混雑していませんでした。並ぶことなくチケットを購入です。受付のお姉さんに確認したところ、土日の午前中はかなり混んでいるようです。15分以上並ぶこともあるそうなので、土日に行く方は前売りチケットの購入が必須ですね。

入場料や割引情報はこちらの記事でまとめていますので、参考にしてみてください。 

新しくなった館内の様子は?

※ここからは館内の写真があります。

入り口エントランスが大きく作り変えられていました。いきなり目の前には大きな滝が! お土産ショップやカフェなども充実しておりオシャレですね。

f:id:kosodateiruka:20170422135036j:plain

海中ファンならおなじみの「メガマウス」の標本も健在!ホルマリンを入れ替えたのか色が少し青くなっていました。

f:id:kosodateiruka:20170422134757j:plain

エントランスから中に入っていくと、魚類の展示が続きます。九州の海に暮らす魚を生息環境を再現し展示しています。

僕が特に気にいったのは「阿蘇 水の森」ゾーンです。

f:id:kosodateiruka:20170422151103j:plain

阿蘇の山間部を再現したゾーンでは、あたり一面ほんのりと香る木のニオイが心地よく、自分が山に来たような感覚に浸れます。

f:id:kosodateiruka:20170422142433j:plain

あたり一面、木の香りがします。

f:id:kosodateiruka:20170422142513j:plain

湧水を再現した水槽の透明感は圧巻!

f:id:kosodateiruka:20170422142556j:plain

ずっと座っていられる空間です。リラックス効果抜群で、まさに森林セラピーを体験しているようでした。

この他にも、クラゲゾーンや深海ゾーンなどもあります。

メインはやっぱりアシカ&イルカショー

アシカステージが観客席の目の前に設置されていますので、最前列に座れば2~3mまえで見学できます。

f:id:kosodateiruka:20170422144046j:plain

イルカステージは、以前あった小屋?が撤去され、博多湾が一望できるように作り変えられました。

f:id:kosodateiruka:20170422144232j:plain

日本では珍しい「コビレゴンドウ」のショーが見れます。一番右がコビレゴンドウです。

アシカステージを使ってポーズ!

f:id:kosodateiruka:20170422144352j:plain

ゴールデンウィークや夏休みにはナイトショーも予定しているとのことで、ショーが終わった後に練習風景も見学できました。

その他の動物たちも健在!

マリンワールド海の中道と言えば、ラッコやスナメリ!もちろん彼らも元気にしていましたよ!

人工保育で育ったラッコがこちら。

f:id:kosodateiruka:20170422144601j:plain3頭飼育されているスナメリ!

f:id:kosodateiruka:20170422144634j:plain

どちらのプールでも、盛んに交尾していましたので、赤ちゃん誕生にも期待大ですね!

どこが変わったの?

展示生物の数自体はそれほど増えたように感じません。むしろ減ったかなと思うぐらいです。ただし、見せ方の工夫や学習要素は自然環境への理解を深める内容になっています。

また、特に気になったのが、レストランやトイレのリニューアルです。レストランは内装はもちろんイルカが水中を泳ぐ姿を見ながら食事ができます。さらに授乳室やトイレは非常にきれいで、お子様連れの来館者が快適に過ごせるよう工夫されていました。

まとめ 

水族館を十分楽しむためには、所要時間は3時間ほど必要だと思います。また水族館周辺には、ふれあい動物園やプールもあるので、子連れやカップルで1日中遊べるお出かけスポットです。これからのGWや夏休みのお出かけ候補ナンバーワンは間違いなしですね。

最後に割引情報も掲載しておきますので、お出かけの際は是非参考にしてみてください!

マリンワールド海の中道の詳細情報

住所

 〒811-0321 福岡市東区大字西戸崎18番28号(Google マップ

営業時間 9:30~17:30

※ゴールデンウィーク夏休み期間はナイター営業有り
※季節により営業時間が変更がございます。

定休日 2月第一月曜日とその翌日
料金
  • 大人(高校生以上):¥2300
  • 中学生:¥1200
  • 小学生:¥1000
  • 幼児(4歳以上):¥600
交通アクセス 詳細http://www.marine-world.co.jp/access.html
駐車場
  • 大型(30名以上)1550円
  • 小型(29名以下)520円
  • 二輪 260円
問い合わせ 092-603-0400
ホームページ https://marine-world.jp/