読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館の中の人が子育て,動物,水族館,iPhone,GoPro,ライフスタイルを発信するブログメディア

3歳から使える「ジュニアシート」の選び方とおすすめランキング!背もたれあり?なし?人気メーカーはどれ?

子供が3歳になると今まで使ってきたチャイルドシートがサイズアウトとなりますので、新しくジュニアシートの購入をしなければなりません。

しかし、いざ買おうと思ってドン・キホーテや量販店を見に行くと、販売するメーカーが多すぎてどれを選べばいいのかわからない。しかも背もたれありとか、背もたれなしとかあって、どっちを選べばいいの?と、決めきれない方も多いはず。

そこで今日は、ジュニアシートの購入をお考えの方必見です。簡単な選び方からおすすめ商品を紹介したいと思います。

ジュニアシートの選び方

ジュニアシートはいつから使える?

道路交通法により、6歳未満の子供はチャイルドシートの着用が義務付けられています。当然ですが違反すると罰せられ、違反点数が1点加算されます。しかし、罰金はありません。

とはいえ、違反点数のためというよりは、子供の安全を第一優先に考え、車を運転するときは、近い距離でも必ず子供をジュニアシートに座らせなければなりません。

また法律上では6歳未満の着用が義務付けられていますが、12歳未満(身長140㎝未満)の子供はジュニアシートに座らせたほうが、被害を最小限に抑えることができると報告されています。

記載された対象年齢だけで決めてはいけない

チャイルドシートを卒業してジュニアシートへ交換する時期については、多くのメーカーが「対象年齢3歳から」としています。しかし、対象年齢だけで決めるのは大変危険です。

お子様の身長と体重も検討材料の1つとして考えましょう。身長100㎝以上で体重が15㎏以上になってからがお勧めです。特に身長が満たないと、シートベルトが首にかかったり、腰部分のベルトが骨盤にかからず万が一の事故の際に逆に危険になってしまいます。

3歳になったからと言って、体重や身長が適正値に満たない場合は、使用しないように注意しましょう。

  注意
  • 6歳未満は法律で着用が義務付けられています
  • 12歳までは着用したほうが安全です
  • ジュニアシートに移行する時は3歳から
  • 体重15㎏以上、身長100㎝以上が目安

 

ジュニアシートの2つのタイプ

ジュニアシートは大きく分けて2つのタイプがあります。

背もたれありのジュニアシート

GRACO (グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR 3歳頃からのロングユース仕様 (収納式カップホルダー付き) 67170

背もたれを段階的に取り付けることができるため、子供の大きさに合わせて サイズ調整ができます。背もたれなしに比べ高価になりますが、安全性は高まります。

POINT!
  • 子供が寝ても体が安定する
  • 安全性が高い
  • 持ち運びにくい
  • シートベルトはつけにくい
  • ¥5,000~¥30,000

 

背もたれなしのジュニアシート

GRACO (グレコ) ジュニアシート コンパクトジュニア モードノアール (収納式カップホルダー付き) 67151

 ブースターシートとも呼ばれ、座席に置いて子供の座高を調整することができます。持ち運びが簡単なため、車2台持ちの方や祖父母や友人の車に同乗する機会が多い人に便利です。

POINT!
  • 持ち運びやシートベルトの取り付けが簡単
  • 未就学児には不安定(特に寝た時)
  • ¥1,500~¥3,000 

 

「背もたれあり」のおすすめジュニアシート

第3位

お子様の身長による適切なサイズ調整が一目で見てわかりやすいようになっており、背もたれの高さ、シートベルトの位置など簡単に調整ができます。2万円以上する高級タイプでは一番おすすめです。

  • 5㎝刻みでサイズ調整可能
  • 本体が座席からずれない装置付き
  • 折りたためて持ち運びや収納もできる
  • 対象年齢:3歳~12歳

第2位

ヘッドサポートが大きく、子供が寝たときでも頭や首を支え、体勢が崩れにくいジュニアシートです。背もたれには通気口があり、子供が汗対策もばっちりです。

  • シートが取り外せて洗える(手洗い)
  • ヘッドサポートは5段階で高さ調整可能
  • ドリンクホルダー付き
  • 対象年齢:3歳~11歳

第1位

コスパ最強で僕が購入したジュニアシートです。リクライニング可能で、シートベルトの高さ調整も6段階あり子供の体にフィットするよう設計されています。どれがいいか決めれない人はこれを買えば間違いなしです。カラーバリエーションやキャラクターものも豊富にラインアップ。

  • ドリンクホルダーが収納できるのでどんな車にも対応
  • ヘッドレストは6段階、肘置きも2段階で調整可能
  • 40%割引で安価
  • 対象年齢:3歳~11歳

「背もたれなし」のおすすめジュニアシート

第3位

背もたれなしのジュニアシートの中では高級なタイプです。通気性抜群のシートで長時間のドライブも安心。肩ベルトのフィット感を高める調整機能もあります。

  • 取り外し可能なドリンクホルダー付き
  • 通気性抜群でムレ防止
  • 対象:体重15㎏~36㎏

第2位

僕が購入したモデルです。座席に置くだけのシンプルタイプです。計量でクッション性に優れた素材が使われているブースターシートです。持ち運びも簡単で、シートベルトの装着も簡単。

  • カラーバリエーションあり
  • 安価
  • 対象年齢:3歳~10歳

第1位

背もたれありと同様、グレコのブースターシートを1位にさせていただきました。ちなみに、背もたれありで1位に選んだジュニアシートの背もたれを外したのが、こちらの商品になります。収納式のドリンクホルダーが飲み物だけでなくオモチャいれとしても活躍。また、ラプンツェルやはたらくくるまなど、子どもの好きなキャラクターのシートカバー付も販売されています。収納式のドリンクホルダーや調節可能な大きな肘置きがあるのがありがたいですよ。

  • シートは丸洗い可能(手洗い)
  • 肩ベルト調整クリップ付き
  • 対象年齢:3歳~11歳

まとめ

いかがでしたか。我が家は車を2台所有していますので背もたれあり・なしを、遠出するときや、普段使いなどで使い分けています。子供が嫌がるからと言って、膝の上で対応していると万が一の事故の時には大変危険ですので、近場でも必ずジュニアシートは着用させましょうね。また助手席よりは後部座席に取り付けたほうが安全ですよ。

【関連記事】