読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

【ストライダー】公認レース大会へのエントリー方法まとめ!子供が「エンジョイカップ」に参加申込しました!

子育て 子育て-ストライダー

ストライダーを2歳の娘に購入して半年。娘も気に入ってくれて、休みのたびに公園で練習してきました。(夏休みは暑くてさぼり気味だったけど)

初めて乗ったときは、おぼつかない足取りでフラフラしてましたが、今では両足で地面を蹴り、上り坂もグングンと登れるようになりました。

そこで、ママ&娘と相談して購入する前からの目標でもあったストライダーの大会に出場することにしました。

と、いうわけでストライダーの大会への参加方法をまとめてみました。

ストライダーの大会にエントリーしてみた

ストライダーの大会には、販売元であるストライダージャパンが主催する公認大会と、自治体や自転車ショップ、デパートなどが主催の非公認の大会があります。

今回娘がエントリーしたのはストライダー公認の大会でストライダーエンジョイカップというものです。

公認レース「ストライダーエンジョイカップ」とは?

f:id:kosodateiruka:20160909064610j:plain

photo by https://www.strider.jp/

公式HPによりますと、

「楽しむこと」が目的の初心者向けレースです。ストライダーに乗り始めたばかりだけどレースに出てみたい。そんな人生初のレースデビューにぴったりなのが、「楽しむこと」がテーマのストライダーエンジョイカップ。

 娘のようにストライダーに乗り始めて半年の初心者にはピッタリの大会になります。

レースは2歳から6歳(未就学児のみ)までエントリーできます。レースは子供が泣いたりぐずったりしても手慣れたスタッフがサポートしてくれますし、レースに負けても敗者復活レースや「がんばった賞」ももらえます。(何か知らんけど)

イベント中はレース以外にも、エンジョイクリニックと呼ばれる試乗体験や乗り方のアドバイスをしてくれたり、ブレイクダンサーやプロのBMXライダーによるショーなども行われているそうなので、いろいろと楽しめそうなイベントですね。

エンジョイカップは全国各地で開催されています。

f:id:kosodateiruka:20160909065128p:plain

娘がエントリーしたのは今年最後?のレースで11月20日に行われる「JAL沖縄ステージ」です。そう、沖縄行ってきます!

エンジョイカップのエントリー方法

それでは、大会への参加申し込み方法を紹介したいとおもいます。

今回は僕がエントリーした沖縄ステージで説明します。おそらくほとんどの大会がこの方法になると思います。

大会に参加申し込みする前に…

ストライダーの大会に申し込むためには、JTBスポーツステーションへの会員登録が完了しておかなければなりません。

ストライダーのレースは大変人気で、ほとんどのレースが、先着順で定員がいっぱいになり次第締め切りとなります。受付開始後すぐに締め切りとなる場合もありますので、事前に会員登録だけは済ませておいて、準備しておいたほうがいいですよ。

JTBスポーツステーションはマラソンや自転車レースなどのエントリーができ、支払いまでできるサイトです。

電話での会員登録も可能ですが、手数料が余計にとられることと、つながりにくいこと、電波の悪さで切断されると最初からやり直しになるためWebからの申し込みが便利です。

まずは下記のページを開き会員登録を行います。

jtbsports.jp 

次にナビゲーションメニューにある「新規会員登録」ボタンから新規会員登録画面に進みましょう。

f:id:kosodateiruka:20160908154822p:plain

仮登録すれば、指定したメールアドレスに本登録用のURLが送られてきますので、手順に従って本登録を済ませてください。

この時、手続きをする親だけでなく、大会に参加予定の子供も登録しておかなければならないので注意しましょう。

本登録後、先ほどのページの左側にあるログイン情報入力欄にIDとパスワードを入れ、ログインします。

f:id:kosodateiruka:20160908163130p:plain

ログイン後エントリーしたい大会を探します。大会検索から「ストライダー」と検索すれば、エントリーできる大会一覧が出てくると思います。

f:id:kosodateiruka:20160908160334p:plain

 検索後、エントリーしたい大会を選びましょう!

f:id:kosodateiruka:20160908160834p:plain

 ここまではエントリー申込受付日までに準備しておきましょう!

レース大会に参加申し込みする

ここまでくれば、エントリー終了まで半分です。

参加したい大会の受付開始と同時に大会名をクリックし、詳細を確認しましょう。確認後「参加申込」ボタンをクリックです。

※この時点で、「申込終了」ボタンが出ていれば、申込できません。

f:id:kosodateiruka:20160908161725p:plain

 参加申込種目から「ご家族の申込」より参加申し込みを行います。 

f:id:kosodateiruka:20160909062027p:plain

 ここからは細かく案内が出てくるので迷うことはないでしょう。

ステップ1で参加者一覧に子供の名前があるはずです。子供の名前で申込をしましょう。年齢が登録されている子供でなければ申込できないようになっています。名前が出てきていない場合は、JTBスポーツステーションの会員登録欄から子供の会員登録(名前や年齢の入力など)を再度行ってください。

 ここからは手順通りステップ1~ステップ6まで進めば申込完了となります。

 申込完了後~レース当日まで

支払いが済み、申し込みが完了となれば登録したアドレスに、申込番号が添付されて送られてきます。また、大会の2週間前ごろにストライダージャパンからの当日受付のための書類が送られてくる予定となっています。

また進展がありましたらこの記事で追記したいとおもいます。

最後に

11月20日は3歳になったばかりなので、優勝はさすがにないと思いますので、せめて泣いてもいいから完走してくれたらいいなと思っています。でも、親は泣かないようにしないといけませんね。

ヘルメットも新調して、レースに向けて練習を頑張りたいと思います。

【関連記事】