読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

子供(2歳半)と市民プールに遊びに行ったら5分で退場!失敗しないための準備と持ち物まとめ

子育て 子育て-おでかけ

デビューしたい!したい!と思っていたプールに子供(2歳6か月)を連れて行った時の話です。

たかがプールに行って、ちゃぷちゃぷ遊ぶだけでしょ?と甘く考えていたというか、思い立ったその日に、ろくに準備することなくお出かけしたのが失敗でした。見事に撃沈(溺れたわけじゃないよ)し、入場して5分ほどでレッドカードを提示され、退場処分を受けてしましました。入場料を損したというよりは、周りからの視線が本当に痛かった……。

 

この反省を踏まえ、プールに遊びに行くときにはしっかりと準備をしていかないといけないってことを学習。というか、2歳児を連れてどこかしらに遊びに行くってことはいつも準備が重要。次の休みまでに反省点を踏まえ念入りに準備をして、先日見事に子供のプールデビューを果たすことができました。

そこで、今日は2歳ごろの子供とその親が、プール遊びをするときに準備しておかないといけないこと、当日に持って行かないといけない持ち物などをまとめたいと思います。

プールデビューを考え中のご家族に参考になれば幸いです。

おでかけした公共の室内プール

f:id:kosodateiruka:20160604072032j:plain

おそらくほとんどの自治体にある公共の施設でいわゆる「市民プール」と言われるものです。僕たちの暮らす市の保有する市民プールは7~8コースほどの競泳用25mプールと水深50cmほどの幼児用プールがあります。

市民プールの特徴はなんといっても使用料金がとても安いところです。各自治体によって程度の差はあるかと思いますが、おそらく500円以下ではないでしょうか。ちなみにうちは市は350円です。未就学児は無料です。その代りと言ってはなんですが、私営(レジャープール)と違い、流れるプールやスライダー、売店などはないし、使用する水着や浮き輪の使用などルールが厳しいことがあります。(最近はテーマパークのような市民プールもあります)。小学生のお子様には物足りないことはあるかもしれませんが、2~4歳児のいる家族連れにはとても楽しめるおでかけスポットではないでしょうか。小学生もかなりいたけどね。

僕と娘のプールでの失敗

全く準備をせずに行くほど、僕も馬鹿じゃありませんので、出かける前には一応そのプールのHPを拝見していました。熟読したわけではないのですが、一応一通りは目を通し持ち物などを確認していました。後に知ることになるんですが、そのHPには記載さえていないルールがたくさんあり、それを知らずに入場してしまったので、僕たち二人は即刻退場処分となったのです。退場となった理由がこちらです。

  • 水泳キャップを持っていなかった

この理由で僕たちは退場処分となったのです。かぶるのなんて当然だろと思うかもしれないが、僕だって当然娘のキャップは持っていましたよ。持っていなかったのは僕のほうなんです。そこの市民プールは見学者である親も水泳キャップをかぶっていなければならなかったのです。

最終的な退場理由は水泳キャップでしたが、警告を受けた、または、危うく警告を受けるところだったことは、他にもたくさんありました。ということで、それらを以下にまとめたいと思います。もちろん各施設によって違いはありますので、参考程度に見てください。

出かける前に準備しておくこと

注意事項を確認しよう

市営プールは、使用する上でのルールが厳しく決められていることが多いです。そのためデビューする前に、必ずホームページ等でそのルールを確認しておきましょう。僕の場合はホームページだけしか確認せずにお出かけしたため失敗した部分があったので、以下の点がホームページに記載されていない場合は、電話で確認をとったほうが良いでしょう。

使用してよい水着の種類

多くの市営プールでは競泳用の水着の着用を義務付けていることがあります。フリフリ付きの水着やトランクスタイプが着用できるかを確認しておきましょう。3歳児以下の場合は特に指定がない場合が多いです。

水泳帽子(キャップ)の着用について

水泳キャプの着用も義務付けているところが多いです。見学者までかぶることまで義務付けているところは少ないかもしれませんが、確認しておきましょう。

オムツの着用について

まだトイレトレーニングが終了していないお子様は、オムツを付ければ入場ができます。しかし、衛生上の問題からオムツを着用していても入場できない市民プールもあるので、確認しておきましょう。

浮き輪の使用

浮き輪の持ち込みが禁止されていることがあります。幼児プールの場合は、使っても良いところや使ってよい種類の浮き輪(アームヘルパーなど)があるので、ルールに沿って持ち込みましょう。

付き添い者の入水

幼児がプールで遊ぶ場合は、付き添い者も入水しなければならない場合があります。その際は当然、水着や水泳キャップが必要になります。

カメラの持ち込み

盗撮などの危険性から禁止にしているところが多くあります。せっかくなので写真や動画を撮りたいところですがそこは我慢しましょう。見学しながらスマホをいじって退場にならないように注意しておきましょう。

お風呂で練習しておこう

プールデビューする前に、一度はお風呂で練習をしておきましょう。娘は人見知り及び場所見知りがあるため、家でできていたことでも急にできなくなることあります。はじめて行ったとき(退場処分になった日)は、初めからテンションも低く、イヤイヤモードでした。そのため着替えに時間がかかったのと、帽子の着用を最後まで嫌がりかなり抵抗されてしまいました。以下のことに慣らすトレーニングをしておきましょう

  • 水着を着ること
  • 帽子をかぶること
  • オムツのままお水に入ること
  • 頭からシャワーを浴びること

市民プールに持っていくもの

市民プールは安い反面、無料または有料でも貸し出してくれるもが少ないです。。持っていかなければ、入場できないかったり、のちに大変なことになるので持ち物はしっかりと確認しておきましょう。

水着

注意事項を確認後、着用してよいタイプの水着を準備しましょう!男児でもラッシュガードで日よけができるものがいいですよ。

水泳キャップ

子供がかぶっててもあまり違和感のないサイズを選びましょう。我が家は海や川に行く予定もあるので、日よけ付きを購入しました。(取り外し可)

 タオル

多くの市民プールでは貸し出しがありません。必ず持っていきましょう。おすすめはこちらの水泳用のタオルで絞って何度でも使える優れものです。

小銭

荷物はロッカーを使用する用意なりますが、ほとんど場合は100円ほどの料金がかかります。必ず小銭を持っていきましょう。

飲み物・水筒

水につかっているとはいえ、体内の水分は失われていきます。水筒やペットボトルで水分は持参しましょう。中に持ち込めるかは確認が必要です。

www.kosodateiruka.com

石けん

子供がプールに行って心配なのが「プール熱」への感染です。プール遊びが終わったら、シャワー室で体を石けんで奇麗にすることで感染を予防することができます。施設によっては石けんやシャンプーの持ち込みが不可の場合があります。

浮き輪

プールの注意事項を確認後持ち込めるうきわを持っていきましょう。ビート板などは貸しだししてくれるところもありますよ。2歳児にはアームヘルパーがおすすめです。

オムツ

あくまでも「大」専用です。

最後に

いかがでしたか。2歳児だと水に入っている時間は水温にもよりますが、長くて1時間ほどにしておきましょう。また衛生面が心配な方は、朝一番で行けばきれいだと思います。1歳ごろからプールを楽しんでいるご家族もたくさんいました。アームへルパーをしていたとはいえ、泳ぎも上手にされていました。市民プールの場合は、水泳教室などもイベント的に開催しているところもあるので、一度ご家族とお出かけしてみるのもよいと思いますよ。