読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

【知育】2歳半でジグソーパズルは何ピースできる?10Pしかできない子供に30Pと65Pを教えてみた

子育て 子育て-教育・しつけ

「天才」と呼ばれる子供は何ピースぐらいのパズルがつくれるのでしょうか?

2歳5か月ごろから、娘に再び到来したパズルブーム。以前購入した10ピースのパズルをひっぱり出して遊んでいる。しかし簡単に作ってしまうし、パズルはもうボロボロ。そこで30ピースのパズルを購入しました。購入したのはもちろん、大好きなアンパンマンの図柄のや~つ。

 

30ピースのパズルで遊ばせてみた

f:id:kosodateiruka:20160509061954j:plain

10ピースを始めたころは、かなりこまかく褒めて教えていたのですが、2歳5か月ともなると自分であれやこれや自分でやっている。時どきだけ褒める方法で教える。

kosodateiruka.hatenablog.com

 すぐにパズルにのっているキャラクターを覚え、一人でブツブツと名前を呼びながらパズルを当てはめている。

30ピースのパズルは、5分ほどの練習を1日2~3回、3日間で最初から最後まで一人でできるようになりました。時間を計ると平均5分。気分が乗っているときや集中しているときは3分ほどで作り上げます。

f:id:kosodateiruka:20160509062409j:plain

なぜか左側から必ず作る娘。

f:id:kosodateiruka:20160509062600j:plain

そして最後のひとつは、いつもハンバーガーキッドの愛馬「ピクルス」

というわけで、2歳5か月で30ピースのパズルをマスターしました。

購入したのはこちら▼

2歳6か月で65ピースに挑戦しています

30ピースができるようになったので、どうせすぐできるようになるだろうと思い、45ピースも売っていたが65ピースを購入してみました。

f:id:kosodateiruka:20160509064550j:plain

これは、さすがに娘も悪戦苦闘しています。65ピース作り終えるまでの集中力がありません。僕が手伝わなければ途中で飽きて、他の遊びを始めてしまします。やっぱり45ピースにしておけばよかったと少し後悔しています。

65ピースはひとつひとつのピースが小さいので、記憶力や想像力よりも、手先の器用さが一番必要なスキルのように感じます。うまくはめ込めないことで、先に進まないことが多いので。

ま、うまくいかないなりにも、なんとか気に入ってくれて練習していますので、このまま頑張ってもらおうと思います。

購入したのはこちら▼

 子供がパズルをする効果?

パズルってなんとなく子供の知育にはよさそうな気がしますが、どんな効果があるのか気になったので調べてみました。こちらの「http://maternity-march.jp/youjikyouiku-puzzle33965/」によると、パズルにはこのような効果があるそうです。

  1. 想像力:完成図を予想したり、次にどのピースが入るのかを予測する
  2. 観察力:ピースの形や色をよく見て正確にはめ込む
  3. 集中力:完成させようと1つの事に集中して最後までやり遂げる力
  4. 手先の器用さ:ピースを掴むことによって指先の運動になる
  5. 論理的思考力:失敗からどうしたら作りやすくなるかを考える力

などが、あるそうです。

僕が娘に教えてみた感想としては、まずは記憶力が発達しているなぁと感じます。例えば、アンパンマンの場所はこことか、カレーパンマンはここなど、一つ一つのピースの図柄を覚え、置く場所も記憶し、はめ込んでいるように感じます。

次に手先の器用さ。子供がピースを置くと、どうしても微妙にずれたりするんですよね。そうするとぴったりはめ込むことができません。最初は、正解の場所はあっているのに、はめ込むことができないってことが多く見受けられたので、手先が器用になっているように感じます。

最後はなんといっても集中力です。最初はうまくいかずに1分ほどで「できない」といってあきらめていましたが、できるようになってきてからは、ず~っと一人で黙々とやっている状態です。集中持続時間は確実に伸びてきています。

子供にパズルを教える4つのステップ

 簡単に手順を説明すると、

  1. 型はめパズルで1ピースを練習する。
  2. ジグソーパズルで、最後の1ピースだけを練習する。
  3. 隣り合った残り2ピースを練習する。
  4. 徐々に残りピース数を増やしていく。

一度もパズルをやったことのないお子様は「型はめパズル」で1ピースから練習することをおすすめします。

それができるようになったら、ジグソーパズルを買いましょう。

できたときはたくさん褒めてあげます。以前書いた記事が参考になると思いますので貼っておきます。

kosodateiruka.hatenablog.com

パズルはコスパ最強の知育玩具

ジグソーパズルっておどろくほど安いんですよね。どちらも600円以下くらいで購入しました。子供が熱中して遊んでくれますし、知育にもぴったり。これから梅雨に入ってお家遊びが増えてくる時期にはピッタリのおもちゃだと思います。

65ピースができるようになったら、別のタイプのパズルを購入しようと思っています。

こちらもおすすめのパズル

1~2歳におすすめ

2~3歳におすすめ

3歳以上におすすめ

最後に

と、いうわけで2歳6か月でできるパズルは30ピース以上65ピース未満でした。中には2歳65ピース以上できるお子様もいるようですね。これは本当にすごいと思います。頭の良さというよりは、集中力と手先の器用さがすごいんじゃないでしょうかね。娘にも練習を頑張ってもらいたいとおもいます。

初めてパズルを買うときは、子供の好きなキャラクターにするのと、写真よりはイラストのほうが作りやすいと思いますよ。

▼関連記事▼