読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

プロのドルフィントレーナーが選ぶ動物の飼育員を目指すための「専門学校」ベスト5【水族館で働きたい】

動物園・水族館 動物園・水族館-水族館の仕事

水族館の飼育員で働きたい!イルカのトレーナーになりたいという人は、非常に多いんですよね。そのため全国各地に、水族館で飼育スタッフとして働くことを目指すための専門学校がいくつかあります。

しかし、どこの専門学校に進学すれば動物のことが詳しく勉強できるのか、どんな資格を取得できるのか、また水族館への就職に有利な学校はどこなのか!って、少しわかりづらいですよね。

学費も安いわけではないので、親としても、ただ遊ばせるために専門学校に入学させるわけにはいきません。また水族館への就職はかなり狭き門となっています。決して入学すれば必ず就職できるというわけではありません。

 

f:id:kosodateiruka:20160507070919j:plain

僕は水族館で実際に働き、人事担当もしています。年に数回は全国の専門学校で講師をしたり、生徒の進路指導をすることもあります。

そこで今日は、水族館に就職できる確率の高い専門学校を、ランキング形式で紹介したいと思います。海洋生物について学べる専門学校に入学を考えている高校生や、その親御さんには参考になると思いますよ。

選考基準

あくまでも僕の独断と偏見ではありますが、以下のことを選考基準として、おすすめの専門学校とさせてもらいました。

毎年水族館へ就職する人数が多い

僕の働く水族館だけでなく、全国の水族館で働く飼育員が、どこの専門学校出身者が多いかを考え選びました。先輩が働いていると、研修期間中に熱心に指導してくれたり、就職に有利に働くことがあります。

実習・研修先の提携する水族館が豊富である

実習や研修と言って、在学中に水族館で実際に働きながら、動物や水族館での仕事について学ぶ機会があります。学校によっては、研修に行ける水族館が、多い場合もあれば少ない場合もあります。水族館への就職は試験だけでなく、研修先での熱心に学ぶ姿勢が評価され、採用されることも多くあります。そのため提携先が多いほうが、就職には有利になるのです。

先生や講師が有名である

専門学校は、水族館やこの業界の専門家が、先生や講師を務めていることが多いです。その先生たちが、各水族館に顔が広ければ、その方を通して研修先や就職先が多くなります。また先生の推薦を受けて就職することもあります。

 

以上のことを踏まえておすすめの専門学校を紹介していきます。また、ここ3年以内の1学年当たりの就職率もおおざっぱに記載していますので参考にしてください。

※就職率の計算は水族館への就職であって、ドルフィントレーナーに配属されたかはわかりません。

※動物園の就職は計上していません。

※詳しい就職率は、資料請求で各専門学校に確認してください。

おすすめの専門学校

第1位 大阪ECO動物海洋専門学校 ドルフィントレーナー専攻

www.osaka-eco.ac.jp

日本では一番大きな動物専門学校グループの大阪校です。東京校と並び15年以上の歴史があり、動物園・水族館で働くスタッフを、数多く輩出しています。

特にイルカやアシカのトレーナーを希望する人におすすめする学校です。研修を受け入れてくれる施設が多いのが特徴です。近年では海外からも著名なドルフィントレーナーや獣医を呼び、定期的に講義を行っています。そのため全国の水族館や動物園の飼育員も授業を受けに来るほど内容の濃い授業を行っています。

  • イルカやシャチ、アシカなどのトレーナーを希望する人にオススメ
  • 就職率31%(80名中25名)

大阪ECO動物海洋専門学校のパンフレットを請求する

 

第2位 東京コミュニケーションアート専門学校 ドルフィントレーナー専攻

www.tca.ac.jp

大阪ECOと同じ慈恵学園グループの専門学校です。こちらも歴史があり、関東圏での就職率が非常に高い学校です。こちらもイルカやアシカなどの海生哺乳類の飼育員を目指す人におすすめする学校です。

  • 関東圏の水族館を希望する人におすすめ
  • 就職率26%(80名中21名)

東京コミュニケーションアート専門学校のパンフを請求する

 

慈恵学園グループには福岡県にある福岡ECO海洋専門学校、愛知県にある名古屋コミュニケーションアート専門学校、宮城県にある仙台コミュニケーションアート専門学校があります。

大阪校や東京校に比べると生徒数が40人と少し小規模になっています。

おすすめ度としては、福岡>名古屋>仙台の順番で就職率が高くなっています。

実家が中間地点にあり、どちらに行くか迷う場合は、大阪や東京を選んだほうがいいでしょう。

第3位 神戸動植物環境専門学校 アクアスペシャリストコース

www.kap.ac.jp

兵庫県にある学校です。近年少しずつ就職率が良くなっている専門学校です。特に魚類の飼育員を目指す方には、おすすめの学校です。校内の水槽設備は非常に充実しており、多くの魚類を飼育し勉強することができます。

  • イルカだけでなく魚類も勉強できる
  • 就職率22%(40人中9人)

▶神戸動植物環境専門学校のパンフレットを請求する

 

第4位 日本ペット&アニマル専門学校 水族館・ドルフィントレーナー科

www.petandanimal.jp

東京にある専門学校です。こちらも水族館への就職者が増えてきている学校です。しかしまだまだ少ないのが現状です。同じ東京にある東京コミュニケーションアート専門学校と比べると授業料が安いため、入学希望者も増えています。

  • 授業料が安い
  • 就職率7%(40人中3人)

▶日本ペット&アニマル専門学校のパンフレットを請求する

 

第5位 東京動物専門学校 動物管理科

www.tokyowildlife.ac.jp

もともと運営する会社が動物商をしていた関係で、学校が所有する動物が、他と比べて圧倒的に多いです。アシカやアザラシを飼育している非常に珍しい学校です。ですので、研修に行かなくても学校で動物の扱いを勉強することができます。

  • 学校内での実習が豊富
  • 就職率5%(40人中2人)

▶東京動物専門学校のパンフレットを請求する

 

その他

他にも全国にはいくつかの専門学校がありますが、水族館への就職率は非常に低いのが現状です。しかし学費が安いため、進学する生徒が多いのも事実です。その他の専門学校に関しても記載しておきますので、資料を請求し見比べて検討してみるのもいいと思いますよ。

最後に

いかがでしたか? 水族館に就職するための専門学校を紹介しました。基本的にはどの学校を選ぼうが、本人のやる気や頑張り次第で就職率は変化すると僕は思っています。

近年はまだマシですが、それでも水族館への就職は毎年狭き門です。僕の働く水族館は毎年約100名試験をして、受かるのは5名ほどです。0人の年もあります。

良い学校に行っても勉強せずに、研修先でも自分をアピールできなければ意味がありません。小さな学校に入学しても、研修先を自分で見つけ就職した人もたくさんいます。

あくまでも学校は少しのお手伝いをしてくれるに過ぎません。水族館や動物園に就職できるかは本人のやる気が一番大事だと思います。

パンフレットを請求したり、オープンキャンパスなどに行って、自分に合った環境を選ぶことをおすすめします。

次回は、水族館に就職するためのおすすめ大学も書きたいと思います。

また、進学に関してお悩みやご質問あれば、コメントやツイッターでご連絡ください。僕にできる事であれば多少アドバイスもさせてもらいます。