読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

【埼玉】話題の新施設「ヒグマの森」が埼玉東部動物公園でリニューアルオープンします。

動物園・水族館 動物園・水族館-おすすめ動物園

いよいよ、2016年3月19日に埼玉県宮代町の東部動物公園に、新クマ舎「ヒグマの森」がリニューアルオープンします。

北海道の大自然をイメージして作られたという新クマ舎は、今までにない形で、ヒグマの魅力を伝えてくれること間違いないでしょう!

ヒグマってなに?

f:id:kosodateiruka:20160310070417j:plain

出典:wikipedia

ホッキョクグマと並んでクマ科の中では最大の大きさの種です。日本に生息する陸上動物の中でも最大の種になります。(ゾウは動物園にいるけど、自然には生息していないよ)

オスは大きくなると、体長3m、体重は500㎏にも成長します。メスは少し小さく、2.5m、300㎏ほどとなります。

新クマ舎「ヒグマの森」はここがスゴイ!

f:id:kosodateiruka:20160310070833j:plain

東武動物公園によると、広さは旧クマ舎の倍の広さを誇り、様々な工夫や仕掛けでヒグマの生態を紹介しているという。

北海道の森林をイメージし、強化ガラス越しにヒグマを間近で観察することもできます。立ちあがると3mを超えるヒグマと、背くらべしてみるのも楽しそうです。

中には、プールも設置され、水浴びをする姿が見れるそうです。北海道のヒグマは、遡上するサケを食べることも多いので、そのような場面も見れるかもしれませんね。

からくり仕掛けのある餌やり装置を設置しており、来園者は餌やり体験もできるそうです。

f:id:kosodateiruka:20160310070845j:plain

土・日曜日がオススメ!

東武動物公園ではオス1頭、メス1頭の計2頭が飼育されています。土曜日と日曜日には、飼育係によるヒグマの生態等の説明をしてもらえる「クマガイド」が開催されるそうです。

またヒグマ舎だけでなく、公園内には他にも魅力的なところがいっぱいあります。

なんといってもオススメは、ホタルが年間通して観察できる世界初の施設「ほたリウム」 なんと一万匹のホタルが見れます。

また、東武動物公園のシンボルでもあるホワイトタイガーや、百獣の王ライオンを、ガラス越しに観察できる「ホワイトタイガー舎」や「新ライオン舎」、ペンギンに餌やり体験ができる「ペンギン舎」もおすすめです。

基本情報

住所

埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110番地(Google マップ

営業時間

営業日カレンダー: 東武動物公園

定休日 6月の月曜日、12~2月の月・火曜日
大晦日及び元旦
料金

入園料 

  • 1700円 大人(中学生以上)
  • 700円 小人(3歳以上)
  • 1000円 シニア(60歳以上)
交通アクセス 【電車】東武動物公園駅下車徒歩10分
駐車場 3000台(1日1000円)
問い合わせ 0480-93-1200
ホームページ

http://www.tobuzoo.com/

割引情報

メールマガジン登録で大人200円、小人100円引き

www.tobuzoo.com