読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

子供(2歳)に対して「鼻のかみ方」をわかりやすく教える簡単な方法

子育て 子育て-教育・しつけ

f:id:kosodateiruka:20160305142825j:plain

今年は、暖冬とはいえ、まだまだ寒い日が続きますね。先週も娘(2歳)が風邪をひいてしまい、ドタバタな日が続いていました。

ちいさな子供が風邪をひいたときに、一番困るのが鼻水じゃないでしょうか? 小さな子供は、うまく鼻をかむことはできず、そのせいで風邪が長引いたり、中耳炎になることだってあります。

0~1歳ごろは、鼻水吸引器や耳鼻科でとってもらうしかないのですが、2歳ごろになると、教えれば、自分で鼻をかむことができるようになります。

そこで、今日は、2歳の子供でも簡単にできる「鼻のかみ方を教える方法」を具体的に紹介したいと思います。

鼻がつまったままにしておくと…

人間の体は、ウイルスや細菌、花粉などが体内に入ってきたら、その異物を外に流しだすために鼻水がでます。その細菌まじりの鼻水をすすったり、そのままにしておくと、鼻のおく(鼻腔)から耳まで達してしまい、鼻腔炎や中耳炎の原因となります。ですので、鼻水はできるだけ体の外に出してあげたほうがいいんですね。

また、鼻がつまった状態だと呼吸がやりづらいため、子供は寝苦しく、夜泣きの原因となってしまいます。

正しい鼻のかみ方をマスターし、鼻水を外に出してすっきりさせてあげましょう。

鼻のかみ方をどうやって教えるの?

  1. ティッシュを子供の目の前にかざす。
  2. 口を閉じた状態で、鼻息だけでそのティッシュが揺れるように、鼻から息を出す練習をしましょう。この時に親は、言葉で「フン!して」というのではなく、実際に鼻から息を出して、「(フン!)して」とお手本を見せてあげましょう。
  3. ティッシュが、少しでも揺れたら褒めてあげてください。
  4. 短い「フン!」や長い「フ~~~ン!」も練習しましょう。
  5. 最後は、片方の鼻を押さえて、「フン!」
  6. ここまでできたら、ティッシュを鼻に密着させて練習しましょう。

教えるときのコツは?

お手本を見せてあげる

「学ぶ」の語源は「真似る」と言われています。パパやママも一緒に、ティッシュに鼻息をふきかけて、お手本を見せてあげましょう。

子供は言葉の「フン!」=鼻息の「(フン!)」はだとは理解できません。言葉で「フン!」を言うのではなく、鼻息の「(フン!)」を合図に教えていきましょう。

少しでもできたら褒める

少しでもステップアップしたら、いっぱい褒めてあげましょう。ほめると子供はやる気がでてきます。そうすれば、子供が自ら楽しみながら練習するようになっていきます。

f:id:kosodateiruka:20160305151443p:plain

教えるときに注意すること

ティッシュを鼻に詰めるのは危険

ティッシュを小さく丸め、鼻に詰めて練習する方法がテレビで紹介されてから、パパ&ママの間で広がっています。しかし、間違ってティッシュが奥に入って、とれなくなるというトラブルが発生しています。

子供が一度覚えたことを、逆にやめさせることは、非常に難しくなります。ただでさえ子供は、ティッシュで遊ぶことが大好きです。

危険な遊びは覚えさせないほうが無難です。

f:id:kosodateiruka:20160305145518j:plain

体調が良いときに練習をしよう

鼻をかむ練習は必ず体調がよく、鼻がつまっていないときに練習しましょう。まだ鼻をかむことを習得できていないうちに風邪をひいた場合は、吸引機や耳鼻科でとるようにしましょう。

正しい鼻のかみ方は?

鼻のかみ方が悪いと、細菌まじりの鼻水を耳の奥に押し込んでしまい、中耳炎をおこすことがあります。以下の点に注意して正しく鼻をかみましょう。

  • 片方ずつかみましょう
  • ゆっくり小刻みにかみましょう
  • かみ過ぎは禁物

おすすめ高級ティッシュ

鼻をかむときは、できるだけやわらかいティッシュを使いましょう。特に幼児の場合は、肌が敏感なため、ふき過ぎやふき残しなどで、鼻下が真っ赤に炎症を起こしてしまうことがあります。

各メーカーから、鼻をかむ専用のやわらか~いティッシュが売られています。使い分けするようにしましょう。