読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

【おすすめ】数あるペダル無し自転車の中から、僕が「ストライダー」を選んだ理由

子育て 子育て-ストライダー

f:id:kosodateiruka:20160303101727j:plain

娘(2歳3か月)のためにペダル無し自転車「ストライダー」を購入しました。

以前から、2歳の誕生日かクリスマスのプレゼントで、ペダル無し自転車の購入を考えていたのですけど、いろいろな場所で、いろんなタイプに試乗させても、娘のテンションはいつもイマイチ。そんな反応なら買ってもね……ということで、購入を見合わせてたんです。

 

ところがどっこい最近は、テレビや公園で自転車を見かけるたびに、「自転車のってるね~」とか言うもんだから、ママと話し合い(どっちのお小遣いで買うかどうか)をして、購入することにしました。

ペダル無し自転車ってなに?

その名のとおりペダルがない自転車で、足で地面蹴ることによって進む自転車です。

ブレーキは、ついていないタイプが多いですが、中にはブレーキがついているタイプも売っています。

2歳ごろから乗り始めることができ、子供のバランス感覚を鍛えるのはもちろん、地面をけることによって脚力を鍛え、自然と運動神経を鍛えることができるのです。

ストライダーってなに?

キッズ用ランニングバイク STRIDER(ストライダー)レッド/ ST-J4

ペダル無し自転車の火付け役となったブランドです。

創業者のライアンさんが、自分の息子のために作った自転車です。息子に補助輪付きの自転車を買い与えたが、ペダルが重すぎてうまくこげなかったそうです。

そこで、ライアンさんは自転車の軽量化に取り組み、最後には「ペダルいらなくね?」と、ペダルまではずしたんだそうです。

もともと商品化することは頭になく、すべては息子のためだけに作られた、子を想う父親の愛情が生んだ自転車と言ってもいいかもしれませんね。

ストライダーは、ペダル無し自転車の中で一番高額になり定価は10000円ほどします。安価なタイプだと4000円くらいで購入できるので、ストライダーはその倍以上の値段となります。

それでも僕は、ストライダーを選びました。

もちろん、高価な理由としては、安価なモノに比べて丈夫な素材をつかっていたり、有名ブランドっていうのもあるんでしょう。

でも、僕がストライダーを選んだ理由は、そこではなく、別のところにあるんです。

僕がストライダーを選んだ理由

ストライダーの正規代理店のHP(http://www.strider.jp/)には、子供にストライダーを与えるときの注意事項として、こう書かれています

始めてSTRIDERに乗るお子様には、乗り方やコツなどは説明せずに渡してあげてください。

そして、その理由として、このように説明しています。

遊ぶ際はお子様の集中力を妨げないように過度に干渉せず、一歩引いた所から見守ることを心掛けてください。すぐに答えを言ってしまうのでは無く、お子様を自身が自分で考え解決する力を養う為に、STRIDER JAPANでは「子どもを信頼し、見守るというコミュニケーション」を推奨しております。

僕は、この考え方に深く共感し、ストライダーを購入することを決めました。

見守ることのむずかしさ

以前書いたこの2つの記事「子育てにおける「待つ」ことの重要性をカバから学んだ話」と「公園で遊ぶ子供に遊び方を教える私はダメな親?」でも言っていますが、子供を見守ることってすごく難しいんですよね。

僕は、公園で娘と一緒に遊んでいても、すぐに「あぶない、あぶない」を連呼し、子供のあそびに制限をかけていました。また、ブランコはこうやって遊ぶもの、滑り台はこうやって滑るもの、と大人が勝手に決めたその考えを、子供に押し付けてしまうことが多かったんです。

これって、子どもの可能性を広げるチャンスをつぶしている行為だと思うんですよね。

もちろん、すごく危険なことや、他人に迷惑をかけていることは、手取り足とり教える必要があるでしょうが、ブランコの乗り方なんて別に何だっていいんですよ。横向きの乗ろうが、ガチャガチャして遊ぼうがいいんですよね。

いろいろなやり方を試していくことで、子どもが一番楽しい遊び方を見つけるだろうし、自然と学ぶ力をつけるだろうし、見つけるその答えが必ずしも僕と一緒とは限らないだろうし…。

最後に

と、いうわけで、いろいろママと相談した結果、娘の好きなオレンジ色のストライダーを購入しました。(パパの小遣いで)

  1. 乗り方やコツを教えないこと
  2. パパ、ママが乗ってお手本を見せないこと
  3. 娘に乗ることを強要しないこと

を、ママとルールに決めて、娘にストライダーを買い与えることにしました。

娘が自転車から何を学んでくれるか、そして親がそこから何を学べるのか、楽しみです!

 

ちなみに、娘にストラダーを与えて最初にしたことは…

「うさぎのぬいぐるみをのせて、スマホ(おもちゃ)で写真を撮る」

でした。

kosodateiruka.hatenablog.com