読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

親の介護を理由に夢をあきらめたり、退職しようとしている人に言いたい大事なこと。

動物園・水族館 動物園・水族館-水族館の仕事

管理職の末端にいる僕は、部下から退職の意思を最初に伝えられる立場にいる。

「ちょっと相談があるのですが」と呼び出された時点で、ある程度は察しちゃうんでけど、やっぱり同じ釜の飯を…じゃないですけど、一緒に動物の世話をして、苦楽を共にしてきた仲間が去っていくのは、いつもさみしいもんですよね。

まぁ、直属の部下が20数名もいれば、誰かが退職するなんてのは恒例行事のようなものなんですけどね…。

 部下が会社を辞めるとき

f:id:kosodateiruka:20160129193624j:plain

僕自身は、「辞める」と口に出してしまったスタッフを引き留めるようなことはしない。…ようにはしている。

ただ、退職理由は聞くようにしているんですよね。ま、今後の参考になればと思って。(なんの?)

きれいさっぱり、あとを濁さず去っていく鳥もいれば、蓮も育たぬほど濁して去っていく鳥もいるよね。それはそれで、特に思うこともないし、会社の現状に不平不満があるのは仕方ないことだとも思う。

ただ、僕にはどうしても納得できない「退職理由」がある。

納得できない退職理由

それは、「親の介護」を理由にした退職である。

親が病気になって世話をしないといけないとか、親の面倒をみる家族が他にいないとか…。この理由で辞めていく人って多くないですか?

もちろん、それだけが退職する理由ではないことはわかりますよ。本当は会社に不満もたくさんあるし、仕事のモチベーションがないってのもあるでしょう。円満退社するには「個人的な理由」にしておくほうが無難ですしね。(転職サイトにも書いてある)

でも、どんな理由にせよ、親のせいにするのはダメでしょう!ってこと!

親の介護で夢をあきらめる?

僕の職業は、なりたくてなった人がほとんどだ。(と思う。)

動物が好きで、わざわざ海洋系の大学や専門学校に行って、小さなころから夢見ていた職業。就職できる倍率もそれなりに高い。

それは当然親も知っていて、高い学費を出したりして協力してくれたんだと思う。

そして、かわいい我が子が、夢見ていた職業に就けて、それを一番喜んでくれたのも、親だったと思う。

そんな親が、自分のせいで、自分の介護をやらなければならないっていう理由で、子供が夢をあきらめて帰ってくることを聞いたら、どういうふうに思うでしょうか?

「帰ってきてくれてありがとう」と感謝するより、自分のせいで、子供が…と罪悪感を感じてしまうのでないでしょうか?

子供の夢を邪魔する親にはなりたくない

僕の娘(2歳)はいま、アンパンマンになりたいらしい。

アンパンマンになれるかどうかは本人次第のところもあるでしょう。ただやっぱり親としてはその夢を協力して叶えてあげたいなと思うわけです。

アンパンマンになるために習い事に行きたいと言えば、行かせてあげたいし、お金が必要ならだしてあげたい!と、そう思っています。どこの大学に行けばアンパンマンになれるか知らんけど。

娘がアンパンマンになって、アンパン配って、悪者を退治して、みんなから感謝されている姿を見れたらどんなにうれしいことか。

僕にそれを邪魔する権利はない。

親だからこそ、その権利はないのかもしれない。

でも親の介護は他人事じゃない

当事者でもないおまえに何がわかるんだと言われるかもしれないから、言っておきたいのですが、こんなことを言っている僕の親父も去年脳梗塞で倒れた。脳梗塞の中でも最悪とされる脳幹からの出血だった。

一時は一生寝たきりかもしれないと医師に告げられていた。幸い歩けるまで回復したが左半身は不随の状態で、介護は必要だ。

もちろん、僕も何度も何度も実家に帰ることを考えた。

でも帰らなかった。たぶん帰ったら親父に殴られたとおもう。手は動かないけどね。

毎日のように母には電話していたが、母も一度も「帰ってきてほしい」とは言わなかった。

たぶん、父も母も、兄弟も、いろいろ言いたいことはあったと思う。帰ってきてほしい気持ちもゼロではなかっただろう。

それでも、僕のことを思って、絶対にそれを口に出さなかった。そして、夢をあきらめて帰っきたら殴られると思わせてくれたことに本当に感謝している。

父や母のような親になりたいと心から憧れている。

最後に

高齢化社会や核家族化で、親の介護問題っていうのは僕が思うほど簡単な問題ではないことは百も承知です。

それでも、親のために夢とか、結婚とか、やりたいことをあきらめようとしている人に僕は言いたい。

親のせいで自分の夢をあきらめるな!ってこと。親は、絶対にそれを望んではいないよ!ってこと。

そして、親の介護を理由にして、夢をあきらめるっていうのは、ただの言い訳だよ!ってこと。

その程度の夢なんて、ただの鼻くそですよ!