読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

【おすすめ】「ままごと・ごっこ遊び」が楽しくなるキッチントイ!木製から段ボール製まで紹介

子育て 子育て-おすすめアイテム

【2016/5/2更新】

子供(娘)は2歳を過ぎると今までとは違った「遊び」が増えてきました。

特に「おままごと」遊びをすることが多くなったように感じます。

1歳半ごろからおもちゃの野菜を包丁できったり、それを鍋やお皿に盛り付けて僕やママのところに運ぶようになりました。

2歳をすぎた今現在、娘は母親役をやり、お気に入りのぬいぐるみやぽぽちゃん に子供役(赤ちゃん?自分?)をさせ、なにやらブツブツと話しかけています。おもちゃのケーキや野菜を食べさせて遊んでいることもあります。

そこで今回は、ままごと・ごっこ遊びにおすすめの「ままごとキッチントイ」を紹介したいと思います。2歳前後のお子様をお持ちの方、ままごとキッチンの購入を検討している方には参考になると思いますよ。

購入するタイミング

いつごろからままごと玩具を与えてよいか迷っている方もいると思います。この時期の子供は成長速度はバラバラ。子供の成長に合わせて購入する時期を決めましょう。

子供の様子をよ~く観察すると、ママの真似をする頻度が増えてくる時期があると思います。例えば…

  • 服をたたむようなしぐさがある
  • お買い物でカートを押したがる
  • 袋に何かを入れて運ぶ

などのような「ママを模倣する行動」があれば、ままごと遊びのスタートです。

一般的にままごと・ごっこ遊びは2歳ごろから始まり、5歳ごろでピークを迎えると言われています。

おすすめのおままごとキッチン

まずは定番のキッチンですね。ほとんどのキッチン型トイは対象年齢が3歳からとなっていますが、我が家では1歳半ごろから遊んでいました。

卓上型木製キッチン

我が家にあるのはマザーガーデンというメーカーの卓上型の木製キッチンです。子供が立って遊べるタイプ「マザーガーデン 木のおままごと デラックスキッチン 」もありますが、下に付属する棚がどれも小さいので卓上型にしました。(高価だったし…)

棚の中に野菜や鍋、また他のおもちゃや絵本も一緒に収納したかったので、ホームセンターで購入できる「カラーボックス 3段」を重ねてその上にキッチンを置いて使用しています。

高さも2~3歳にとってはちょうど良い50cm~60cmとなり、収納も大きくなるので非常に便利です。

僕はプラスチック製よりは木製をおすすめします。どうしても子供が叩いたり、ぶつけたりがありますのでプラスチック製だと割れることがあって危険です。また木製のほうが重いので安定感もあります。

近年は段ボール製のキッチンもあり、それをスプレーやテープなどでカラーリングしてオリジナルを作成しているママもいます。すこし強度に不安はありますが、安価なところがお勧めです。また子供が飽きてしまうかもと心配されている方は段ボール製でも良いと思います。

人気の木製キッチン

おすすめ段ボールキッチン

野菜・果物・鍋・包丁セット

おままごとをより楽しくしてくれるのが、野菜や鍋などの小物グッズです。キッチンセットで遊んでくれるか不安な方は、まずは小物から購入してみてもいいかもしれません

木製の野菜・包丁セット

購入したのはWOODYPUDDYというメーカーの木箱セットです。

野菜や果物の真ん中部分に小さなマグネットがついており、そこに包丁を入れると半分に切れるトイです。かなり高いですがそれなりの価値は感じています。

安価なものではプラスチック製も売っています。百円ショップなどで簡単に見つけれると思います。

野菜・果物セットは数がたくさんあったほうが子供も喜びますので、質よりは量が大事かなと個人的には思います。

安価なものと高価なものの違いは、

  • プラスチック製か木製の違い
  • カットできる部分がマジックテープかマグネットになっているか
  • リアルな作り

です。

安いものでもそれなりにトマトはトマトに見えますし、パンはパンに見えます。わざわざ高いお金を出すぐらいなら、いろいろな種類を増やすほうがいいかもしれません。百円ショップにも売っていますので、是非一度立ち寄ってみてください。

100円ショップのSeriaにはたくさんの種類がおいていましたよ。

公式HP:店舗情報 | 100円ショップのSeria(セリア)

ただし、包丁に関しては木製をおすすめします。百円ショップのものだとケガをする可能性が高いからです(実際にケガをした)。包丁はやわらかすぎるもの、鋭利なものは使わないようにしましょう。

お裁縫が得意な方はフェルトなどで手作りしてもいいかもしれませんね。(僕には無理ですが…)

人気の木製野菜セット

フェルトで手作りしてみたい方は

今後購入予定の玩具

子供の遊び方にバリエーションが増えてきたら、次のごっこ遊びへステップアップする時期かもしれません。

娘の遊び方などからヒントを得て、新しく購入を検討しているものを紹介します。

キッズテント

病院の待合室に置いてあってよく遊んでいるのを見ます。ままごと遊びをパパが見ていると恥ずかしがるときがあるので、娘だけの空間を作ってあげるのも必要かな、と思い購入を検討中。

人形用抱っこひも

最初は怖がっていたぽぽちゃん も、いまではすっかり仲良し。ぽぽちゃん専用の「ぽぽちゃん おんぶとだっこ 」も売っているようですが、おもちゃ売り場で見つけたときに、自分の持っているものと同じことに気づき、こちらのほうが気に入っているようでした。やはりママと一緒のもの(柄も同じ)がいいようです。

レジ

こちらはレジを使ってお買い物遊びができますね。木でできているところがぬくもりがあっていいですね。

最後に

いかがでしたか?

ままごと遊びは子供の成長を促すためにも非常に良い遊びだと思います。

我が家でもママが娘に言ったことを、そのまま真似していることが多いんですよね。

食事中に言われたこと、寝かしつけの時の口癖、どれもママが実際に娘に言った言葉を、同じような口調でぬいぐるみにも話かけています。

ままごと遊びをするにはママの行動を「観察」し、それを「記憶」し、おなじように「模倣」しなければ成り立ちません。知育にとっても非常に良い遊びです。

もちろん女の子だけの遊びと言うわけではなく、男の子にとっても良い遊びになるでしょう。

その遊びを引き出すためにも、見た目のかわいさだけにこだわるのではなく、子供にとってどれが遊びやすく、安全であるかを考え、良い玩具を親が提供してあげることが重要ではないでしょうか。

▶Amazonままごと・ごっこ遊び売り上げランキングはこちら