読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

子供(2歳娘)から父親が嫌われる原因がちょっとわかってきたかもしれない話

子育て 子育て-雑記

 以前こんな記事を書いた。

kosodateiruka.hatenablog.com

この時から早4か月。

休みの日には水族館や公園に出かけたり、寝るときには絵本をよんだりと、娘と遊ぶ時間を自分なりに作ってきた。

でも、相変わらず娘には嫌われているんですよね。むしろ、だんだんとひどくなるばかりのような気がしている今日この頃。

娘のきらいなもの

「大」をつければ好き嫌いにレベル分けができることを学んだ娘は、遠慮なく僕を最上級の嫌い、「大・大嫌い」にランク付けしてくれている。

ちなみに僕以外で、この「大・大嫌い」にランク付けされているのは、アンパンマンにでてくるホラーマンしかいない模様。

今まで、彼にだけは勝っていると自負していたが、娘から彼と同級であることを告げられた時は、さすがにつらかったです。

それいけ!アンパンマン だいすきキャラクターシリーズ/ホラーマン「ばいきんまんとてっこつホラーマン」 [DVD]

 

娘の一番好きなものは?

これは相変わらずだが、一番はママである。もちろん最上級の好き、「大・大好き」にランク付けされている。

もちろん僕は、いまさらママと争ったところで勝てるわけもないことは百も承知している。争うつもりもない。

けど、ホラーマンに負けるわけにはいかないと思っているわけですよ。一応、ぼくは父親ですし、相手はただの屍ですし。

そこで今一度、僕が娘に嫌われる原因を考えてみることにしたわけです。

 パパが子供に嫌われる原因

僕は娘を怒ることはほとんどない。

この記事「イルカトレーナーに学ぶ叱らない、怒らない子育て」のなかでも書いたことがあるけど、僕はできるかぎり娘を怒る、いわゆる「罰」を使った子育てをしないように心がけている。

僕が怒って、娘を泣かせたってことは一度もない(と思う)。

だから、「怖い」という恐怖心から、僕のことを嫌っているわけではないと思うんですよね。

逆にホラーマンが嫌われている原因は、あの容姿からくる恐怖心からだと思うけども。

でも時どき娘を泣かせちゃう

僕はほぼ毎日のように娘にイタズラ、というか、ちょっかいを出してしまう悪い癖がある。それによって時々娘を泣かしちゃうことがあるんですよね。

例えば、伸びたてのヒゲでスリスリしたり、食べてるお菓子を盗み食いしたり、ママのところへいけないように通せんぼしたり…。

当然娘は、「やめえ~」って言うんだけど、言われれば、言われるほどやめれない、そんなどうしようもない悪い癖。

もちろん、僕としてはお遊びのつもりでやっているんですけど、時にふざけすぎて度が過ぎちゃうと、娘が泣いちゃうことがあるわけです。

色々考えた結果、これが娘から嫌われてしまう一番の原因ではないだろうか?と最近思っている。というか、もうこれしかない。

 なぜパパはイタズラしたくなるの?

一種の愛情表現じゃないかと僕は思うわけです。小学生の頃いませんでした??好きな子にちょっかいを出しちゃう男子って。

僕はいまだにそのアホな男子なんだと思うわけです。

娘のことが好きで、毎日毎日、「好き好き」言ってるけど、全然振り向いてもらえなくて、それでもなんとか振り向いてほしくて、結局、悪戯やちょっかいでしか気を引くことができない。

体は立派な大人なんですけど、精神はいまだにアホな小学生レベル。

でも、こんなパパって僕だけじゃないですよね?どうなんでしょう…。

最後に

何が言いたいかっていうと、イタズラやちょっかいを出しちゃうけど、パパはとにかく娘が大・大好きだよってこと。もちろん、イタズラはできるだけやめるようにします。

だから、娘よ、お願い!

パパのことを無視しないでってこと。

ホラーマンと同級にしないでってこと。

ママと一緒になって「パパって不器用だけど、かわいいね!」って言っててほしいよってこと!

以上。