読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

【30代サラリーマン】ママを褒めてお小遣いを増やす方法を紹介する【おすすめ】

未分類

お父さんたち、お小遣いの金額に満足していますか?

私と同様に、ひと月のお小遣いの金額を妻が決められているお父さんって多いのではないでしょうか?もちろん妻に決められた金額は、理想の金額からは程遠く、「自分が稼いだ金なのに…」と不満を抱ている方も多いことでしょう。

結婚していると自由に使える金額なんても元々少ないうえに、住宅ローンや子供の教育費などで家計はいつもカツカツ。給料が上がれば、その分お小遣いも増えるのだろうが、それもなかなか難しい。妻からしてみれば簡単に削減できる家計費はお父さんのお小遣い。だから割りを食うのはいつもお父さん。悲しいことにこれが世の常なんですよね。

もう、そうなってきたら自分でお小遣いを増やしてやる!って人も多いでしょう。

そこで、今回はイルカのトレーナーである私が本当に本当に簡単な方法でお小遣いを増やす方法を教えたいと思います。

どうせ株でしょ?とか、副業でしょ?とか言われそうですが、そんな難しくて時間のかかるものではありません。もちろんパチンコや競馬のようなギャンブルでもありません。私にはそんなものを人に教えれるような知識もありません。ですが、私の教える方法は誰でもできて、とってもとっても簡単な方法です。なので是非最後まで読んでいってください。

サラリーマンのお小遣い平均額は…

アベノミクスの恩恵によってサラリーマンのお小遣い事情も活況になったかと言えば、まだまだ世のお父様たちはその恩恵を受けていないようです。新生銀行が発表した「2015年サラリーマンのお小遣い調査」によると、サラリーマンのお小遣いの相場は平均3万7642円だそうです。2014年に比べ約2000円もマイナスし、この調査開始以来2番目に低い金額のようです。

平均額以上の金額をもらっていても、そこから昼食代や通勤費を払っている方も多いでしょう。結局趣味や娯楽につかえるお金なんて微々たるもの。仕事帰りに一杯!なんて飲み会に行こうものなら、あっという間にひと月のお小遣いは消えてしまうんですよね。

www.shinseibank.com

なぜ妻はお小遣いを増やしてくれないのか?

私たちイルカのトレーナーは、決してイルカとただ戯れ遊んでいるだけが仕事ではありません。イルカにジャンプを教えたり、手を振ることを教えたりすることも重要な仕事です。その際、私たちは行動分析学という学問を用いています。それによってイルカはジャンプをしたり手を振ったりとトレーナーにトレーニングされていくのです。調教するとも呼ばれたりしますね。行動分析学は人間を含めた動物全般(哺乳類、魚類など)を対象としていて、行動の原理がどう働くかを研究しています。動物は生きている以上必ず行動をします。ヒトがご飯を食べることも、イヌが歩くのも、もちろん妻がお小遣いを誰かにあげることも行動です。私たちはそれらの行動を改善したり、修正したりしていくことが仕事なのです。お小遣いをくれない妻の行動を改善するなど、行動の原理を用いて考えればとても簡単なことなのです。ちなみに一児の父である私は、子供の行動を改善・修正するのもこの行動分析学を用いてよき大人と成長できるよう試みている。

kosodateiruka.hatenablog.com

妻の行動を分析し改善してみよう!

妻がなぜお小遣いをくれないのか?理由はとっても簡単です。人間が行動をするにはかならず原理がある。それは…お小遣いをあげても、妻にとって良いことがないからです。そう、行動が繰り返されないのは、行動の直後にいいことがないからです。そんな単純なこと?と思われそうですが、人間なんてそんなもんです。もちろんイルカも犬も一緒。どんな動物も、行動しても良いことがなければ、その行動をすることは少なくなります。ご飯を食べるのも、歩くのもその直後に、お腹いっぱいになるとか目的地に着くからという良いことがあるからその行動をするのです。

では妻の行動をどうすればいいのか?それは…行動を強化するのです。行動を強化するとは文字通り行動を強くすることです。すなわち、行動を増やすことです。そのために…

調教師となり妻を調教するのだ!

どうすれば行動が強化され、増えるのか。答えは簡単。行動の後に良いことを用意してあげればいいのだ。よ~く思い出してほしい。妻があなたにお小遣いをあげた後に妻にとっていいことはありましたか?例えば、あなたの喜ぶ顔は妻にとって良いことですか?お小遣いをもらって外に遊びに行くことは?妻からしたらガラクタにしか見えないフィギュアを買ってくることは?そうです!ほとんどの場合妻からしてみればお小遣いをあげてもいいことなんて何もない。むしろ嫌なことのほうが増えてしまう。これでは一向に行動は強化されない。

行動を強化するためには行動の直後に良いことを持ってくるのだ。妻にとっていいことは何ですか?あなたからありがとうを言われることですか?家事を手伝ってもらうことですか?あなたがキッスしてあげることですか?そのいいことをお小遣いをもらった直後に妻にしてあげれば、それだけでいいのです。その結果妻の「お小遣いをあげる」という行動の頻度は増え、おのずとお小遣いは増えていくのです。

しかし、妻にとってのいいことって何?わからない!って人もいるだろう。そこで私が奥の手を伝授しよう。それは、これです!ドン!

 

「もらったお小遣いで妻にプレゼントを買え!」

 

言っちゃった!秘密を教えちゃった!

そう、お小遣いをもらったらすぐに、プレゼント買いに行って!そしてそれを妻にプレゼントしてっ!なにも、もらったお小遣いを全額使えとは言わないですよ。1万円もらったら3割の3千円でいい。いや千円でいい。その金額で妻が喜びそうなものを買ってプレゼントして。フィギュアじゃないですよ!無難にいくなら花かケーキです。心配しなくていい。断言します。プレゼントしておけば必ず、おのずと、絶対、神に誓ってあなたのお小遣いは増えていくでしょう!

最後に

いかがでしたか?株や副業よりも簡単ではないでしょうか?

もちろんこの方法で世帯の収入が増えるわけではないので、3万円のお小遣いが10万や20万に爆発的に増えることはありません。それでも上手に妻の行動を強化できれば飲み会1回分くらいのお小遣いアップにはなるのではないでしょうか?

関連記事

現役飼育係の私が「おすすめ動物園」を勝手にランキング2015【九州・沖縄編】

【悩み相談】子供がものを投げる。2つの対応で簡単解決!