読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

お家の中でできる子供の運動神経を鍛える遊び8選!子どもの才能を引き出すのにおすすめ

子育て 子育て-教育・しつけ

子どもには運動音痴にはなってほしくない。野球選手やサッカー選手などのトップアスリートになってほしいとまでは言わないが、せめて徒競走で1等になるくらいにはなってほしい。親ならやっぱりそう思いますよね?

0歳の時の運動会では圧倒的なビリだった娘。今年こそは1等をとれるよう日々特訓中です。私も休みの日にはできるだけ娘を公園に連れて行って外遊びをさせたり、抱っこやベビーカーは使わずできる限り歩かせるようにしています。でも、忙しくて日曜日が休めない日や、梅雨の時期などは外で遊ぶことってなかなか難しいですよね。そこで今日は我が家でやってる、「家でできる運動神経を鍛える遊び」をいくつか紹介します。

運動神経の発達は何歳まで?

ちなみに運動神経の80%は5~6歳までで形成されると言われています。しかも、うれしいことに遺伝はほとんどないそうです。運動神経があまりよくなかったパパ&ママでも、鍛え方や遊び方次第では子供はぐんぐん成長してくれるでしょう。

家でできる運動神経を鍛える遊び

ここからは、我が家で実践する家のなかでできる運動神経を鍛える遊びを紹介します。2LDKの狭い家でやっていますので、どのお宅にも参考になると思いますよ。

ボールなげ

ボールは何でもいいです。丸めた紙でも、ぬいぐるみでも。とにかく投げるのです。最初は上手にできなくてもOK。前でも後ろでも。コツがつかめてきたら上投げや下投げ、ゴミ箱をゴール代わりにしてやると喜んでやってくれます。

ハイハイ

歩けるようになるとあまりハイハイをすることがなくなってしまった娘。でもハイハイって一流のアスリートもトレーニングに組み込むほど全身を鍛えるとっても良い運動です。布団や人間の股をつかってトンネルを作って、子どものハイハイ運動を促してみましょう。

ダンス

音楽に合わせて手拍子するだけでもいいですが、ダイナミックに体を動かしてみましょう。僕はリズム感ゼロなのでしまじろうにお任せしています。

クライミング

手と足を使って高いところに上るトレーニングをしましょう。ジャングルジムなどが家にあればベストですが、私のお家には置くスペースもお金もありません。娘はもっぱらハイチェアーをよじ登っています。父ちゃんの体をジャングルジムに見立てて手や首をつかんでよじ登る遊びも大好き。父ちゃんは腰を痛めないように気を付けて。

ジャンプ遊び

その場でジャンプでもいいですが、少し高いところから飛び降りるのも良い運動です。娘は手洗いのために購入した踏み台を持ち出して、登ってジャンプ、登ってジャンプを繰り返しています。踏み台は手洗いなどでも使えるので購入しといてもいいと思います。

でんぐりがえり

前転は1歳2か月ごろにはマスターしました。朝一人で起きて、父ちゃんのお腹の上にでんぐりがえりしながらキックをしてきます。顔面を蹴られたときは教えたことを後悔しましたが…。ベッドや畳など柔らかいところでやりましょう。

ぶら下がり

腕の力を鍛えるのにもってこい。パパとママの手をつないで持ち上げてあげると大喜び。ぶらぶら揺らしてしまうと肩が外れやすい(肘内障)ので気を付けて遊びましょう。

風船バレー

その名の通り風船でバレーボールです。風船が壊れるのが怖いようなら、紙風船やシャ玉もおすすめ。お風呂でシャボン玉をやれば部屋も汚れないですし。最近のシャボン玉は目に入ったり誤って飲み込んでも安全なシャボン玉もたくさんありますよ。

最後に

以上のようなことを、お家の広さやお子様の発達具合に合わせて工夫しながらお家の中でも運動してみましょう。「運動神経を鍛えよう」と思ってやるのではなく、あくまでも子どもと楽しく遊ぶってことがいいのではないでしょうか?運動神経は遺伝するってあきらめている方も、コツコツ続けることで子どもは必ず成長してくれるでしょう。

 関連記事

kosodateiruka.hatenablog.com

 

kosodateiruka.hatenablog.com