読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

【読書感想】「もこもこもこ」を買ってみた!100%子どもがハマると噂の不思議な絵本【1歳娘】

子育て 子育て-教育・しつけ

いつもコメントをくれるまんまるさんから、1冊の本をご紹介いただきました。まんまるさんありがとうございます。その本がこちらです。

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

 

 この本は読み聞かせ本の中では、常に人気ランキング上位に君臨し続ける絶対王者的な本です。発行は1977年で、発行部数は100万部以上。実に35年以上前からず~っと売れ続けている本なのです。当然ですが、売れ続けていることは子どもやその親に愛され続けている証拠ですね。

私も存在自体は知っていたのですが、購入はしていませんでした。しかし、せっかくご紹介してくださったので、1400円と私にとっては若干高めのお値段でしたが、アマゾンでポチッと購入してみました。

もこもこもこを読み聞かせてみた

子どもに読み聞かせをする場合、一度自分で読んで内容を確認した後に、読み聞かせるようにしているのですが、今回は子どもと一緒に読んでみることにしました。

読み終えた直後、2人は完全に

「???????????」

でした…。

 

内容は、表紙にあるような独特のものが、もこもこしたり、ポロリと落ちたりと変化していき、最後は膨らんでパチンとはじけるというもの。本文は、「もこもこ」や「パチン」などの擬態語のみ。読み終えて、ふたりともあっけにとられ、そして無言。

しかし、読み終えてみて「???」だった私も、この本は絶対に娘にうけると思えた。それから2~3度読んでいくと、この独特の世界感に引き込まれる。娘も爆笑したり、文章を真似しながら声に出してみたり…。「もう一回、もう一回」を繰り返す。絵も独特だ。自分でも描けそうな感じがする。しかし絶妙な色遣いや独特さがあり、それが子どもを惹きつけるのだろう。調べてみると先に絵が完成し、その後に谷川さんが文章を書いたようだ。

「もこもこもこ」が子供に好かれる理由を考えてみた

本文は短い擬態語のみである。ここで全部を書いてしまうとネタバレしてしますので、それはやめておくが、本当に短い。しかし、抑揚がはっきりしており、高い声で表現する擬態語の後には、低いのが来る。低いのが来たら、高いのが来る。そして、その擬態語が非常に表現しやすい。不思議なのはこの擬態語の表現が読むたび微妙に変わるのだ。読み手が父ちゃんと母ちゃんではもちろん、父ちゃんだけでも、なぜか毎回全然違うふうに表現できる。普段は子どもを膝の上にのせて、読み聞かせを行っているが、この本は対峙して座り、読み聞かせることをお勧めする。擬態語に顔芸やリアクションを大きく付け加えて読むと、子どもは大爆笑してくれるだろう。最初に読んだときに「???」になったのは、この擬態語をただ棒読みしたためだったからかもしれない。

最後に

やはり売れている本は売れている本だということがよく分かった。それなりの理由がなければ40年近くも売れ続けるはずがない。しかし、この本は本屋で見つけても、人気がある本ということを知らなければ絶対購入しないだろう。パラパラめくっただけではこの本の良さは絶対にわからない。作者も言っているがこの本は「ヘンな本」なのだ。私も人のレビューはもう少し参考にしようと反省させられた。と、いうわけで調子に乗って、他の人気読み聞かせ本をもう1冊、いや、まとめて3冊購入してみた。「だるまさんシリーズ」です。こちらもかなり有名みたいですね。やはりすぐ娘もはまってます。

しばらくは飲みに行くお金が無くなってしまいましたが…。