読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てイルカが笛を吹く

水族館飼育員が子育てのコト、動物のコト、おすすめ水族館・動物園のコトを書いています

子育てにおける「待つ」ことの重要性をカバから学んだ話

子育て 子育て-教育・しつけ

f:id:kosodateiruka:20150606205835j:plain

子どもが何かを学ぼうとしているときに、どれぐらいの時間を待つことができすか。

例えばスプーンを使って何かを食べようとしているとき、滑り台が怖くて躊躇しているとき、「お風呂入るよ」と声をかけたのに、いつまでもおもちゃで遊びつづけているとき…。

子育てのブログや本を読むと、「待つ」ことの重要性について書かれていることが多々ある。そこで今回は私なりに「待つ」ことについて考えてみた。

なぜ「待つ」ことは子育てに重要なのか?

イルカやアシカのトレーニングでも「待つ」ことは非常に重要であると考えている。僕が尊敬する上手なトレーナーほど「待つ」ことがうまい。

例えば、イルカにジャンプを教えるとき、トレーナーはひたすら待つ。待ってさえいればイルカは勝手にジャンプする。それを褒めてあげればジャンプすることを覚えてくれる。

バイバイ(胸ビレを振る)を教えたければ、ただひたすら待つ。待っていれば勝手に胸ビレを振る。トレーナーはただそれを褒めるだけ。イルカのトレーニングはこれの繰り返しだ。

「待つ」ことができないトレーナーに育てられたイルカは、トレーナーが教えてくれるまで何もしないイルカに育つ。

「何もしない」=「何も考えない」と言ってもいいだろう。その結果すごく短気なイルカに育つ。すぐに「どうすればいいの?」「わかんないよ~」と、考えることをすぐにあきらめてしまう。

しかし、「待つ」ことのできるトレーナーに育てられたイルカは、いつも「何をすればトレーナーは褒めてくれるのだろう?」と自分で考えるようになる。

トレーナーがなにも教えなくても、イルカが自ら考え、学ぼうとする。そんなイルカに育てば、僕たちもとっても楽ちん。

プールサイドに座って待ってるだけでいい。イルカが手を振ってみたり、回転してみたり、ジャンプしてみたりしてくれる。時には人間が想像もできないような面白い行動を見せてくれる。あとはそれを褒めてあげればいいだけ。簡単にいろんなことを覚えることができるのだ。

子育てで「待つ」とはどういうことなのか?

「待つ」とは言い換えれば「ヒントが少ない」ということだと思う。

僕は、子どもにすぐヒントを出してしまう。口でやり方を教え、手とり足とりやってるふりをさせ、自分が替わりになって答えを見せてしまう。これでは子供が学ぶことは、父ちゃんが答えを教えるまで待つことだけである。

イルカよりはるかに賢い人間の子どもだ。考えれば必ず答えを見つけ出す。親は子どもを信頼し待っていればよいと思うわけです。

勘違いしてほしくないのは「待つ」=「放任」ではないということです。手も口も出さないが、必ず子どもを観察しておかなければならない。今は何ができるようになっていて、何ができていないのか、それを把握するために観察をしなければならない。

そして子どもが本当に困っって助けを求めてきたら適度な手を差し伸べてあげればいい。失敗を繰り返すようであれば応援し励ましてあげなければならない。そしてうまくいくその瞬間に、褒めてあげれるよう準備しておく必要があるのだ。 

最後に

親は「待つ」ことができても、世の中が待ってくれない場合がある。保育園の送迎バスや友達との待ち合わせ、お腹の減り具合はなかなか待ってくれないですよね。

待つことって本当に大変なのは重々わかります。私も待つことは非常に苦手。忙しいときは本当にイライラしてしまう。だから、親も待つことを楽しまなければ続かない。私はいま、待たされている時間は子どもが成長している時間だと心で言い聞かせ、イライラを落ち着かせるようにしている。

どうしてもイライラを抑えれないとき、そんな時のためにナイスな動画を見つけました。お母さんカバが子どもの挑戦を温かく見守りながら待っている動画です。

僕はこのカバから子育てにおける重要なことを学ばせてもらいました。

 


Baby Hippo Going For The First Dive - EPIC - YouTube

関連記事

kosodateiruka.hatenablog.com

kosodateiruka.hatenablog.com